1. Home
  2. 読書
  3. 浅草ルンタッタ
  4. 劇団ひとりさんによる12年ぶりの書き下ろ...

浅草ルンタッタ

2022.06.23 更新 ツイート

劇団ひとりさんによる12年ぶりの書き下ろし長編小説が8月下旬に発売決定! 幻冬舎編集部

昨年夏の東京オリンピック開会式、脚本・監督を務めた映画『浅草キッド』の驚きと感動が記憶に新しい劇団ひとりさんの書き下ろし小説『浅草ルンタッタ』を2022年8月下旬に幻冬舎より発売いたします。

100万部突破の連作小説『陰日向に咲く』(2006年)で鮮やかにデビューし、次作『青天の霹靂』(2010年)では長編に挑戦、初監督の映画作品にもなりました。それから12年ぶりの小説です。

今後の詳細は、ツイッターアカウント〈劇団ひとり『浅草ルンタッタ』〉で随時お知らせいたします。

担当編集者からのコメント

前2作をはるかに超えるスケールの大きさと息もつかせぬ展開、怒涛の感動が押し寄せる傑作です。自信をもってお届けします。発売を楽しみにお待ちください。

公式ツイッターアカウント

劇団ひとり『浅草ルンタッタ』@runtattabook

関連書籍

劇団ひとり『浅草ルンタッタ』

今は一人ぼっちでも、またみんなの前で歌うんだ──。 100万部突破のベストセラー『陰日向に咲く』を超える、さらなる大傑作! 12年ぶりに書き下ろす、圧倒的祝祭に満ちた物語。 行き場をなくした女たちが集う浅草の置屋「燕屋」の前に、一人の赤ん坊が捨てられていた。かつて自らの子を亡くした遊女の千代は、周囲の反対を押し切って育てることを決める。お雪と名付けられた少女は、燕屋の人々に囲まれながら、明治から大正へ、浅草の賑わいとともに成長する。楽しみは芝居小屋に通うこと。歌って、踊って、浅草オペラの真似をして、毎日はあんなに賑やかで幸せだったのに。あの男がすっかり台無しにした──。 【劇団ひとりさんコメント】 数年前に『浅草オペラ』という言葉を目にしました。なんとまぁ心躍る響きなんでしょう。どんな人々がどんな風に、そうやって想像を巡らせているうちに物語になってました。 不器用な登場人物たちですが、どうぞ温かく見守ってやってください。

劇団ひとり『青天の霹靂』

学歴もなければ、金もなく、恋人もいない三十五歳の晴夫。一流マジシャンを目指したはずが、十七年間場末のマジックバーから抜け出すことができない。そんなある日、テレビ番組のオーディションではじめて将来への希望を抱く。だが、警察からの思いもかけない電話で、晴夫の運命が、突如、大きく舵を切る――。人生の奇跡を瑞々しく描く長編小説。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP