1. Home
  2. 生き方
  3. 真木あかりの恋愛占い
  4. 2022年1月の恋愛運

真木あかりの恋愛占い

2021.12.31 更新 ツイート

2022年1月の恋愛運 真木あかり

「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星がうお座に入り、世の中的に共感や癒しを求める空気になり──と、恋愛には優しい風向きになると思いきや、愛情を司る金星は12月下旬から月末まで逆行中。さらにコミュニケーションを司る水星は14日から逆行と、モヤモヤが募りそうな1月です。

ただ、決して悪いことばかりの低迷期ということではありません。この星回りをプラスに捉えるならば「これからも幸せでいるために、解決すべき課題と向き合う時期」と言えるでしょう。金星が逆行するやぎ座には「破壊と再生の星」と呼ばれる冥王星も滞在します。根本から現状を変えるときには、もう振り返ることはないのだろうと思います。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】

仕事始めからばたばたと忙しく、周囲からも求められることが多い1月のおひつじ座。自然と「恋より仕事」という状況になりやすく、結果的に進展より現状維持となりがちです。ただ、ここまでずっと悩みを抱え続けてきた人であれば、仕事に集中することでいったん悩みから離れ、思い詰める一方の状態から離れるチャンスにもしていけるかも。一生懸命悩んで、辛くなってしまっている人はそんなところにも目を向けていきたいですね。

 

【カップルの人】

クリスマスや年末年始を一緒に過ごした人も、仕事始めから即仕事に100%振り切れるような忙しい日々。仕事一辺倒になりがちで、会ったり連絡したりといった時間は少なめになるかもしれません。同業者であれば仕事における意識の共有が愛につながる可能性もありますが、夢中になるとまっしぐら! なのがあなたという人。特に月の後半は、気持ちのすれ違いが起きないよう丁寧に接していけると素敵です。

 

【シングルの人】

人との接点は多いのに、どうにも友達ノリになってしまいやすいとき。恋愛対象ではないのかと、がっかりするのは少々早そう。月の前半は会話が盛り上がるときですから、ホンネでいろいろ話しておくのは悪くない選択だろうと思います。月の後半は「再会」の暗示。転職して疎遠になった人や元同級生とバッタリ会うことがあったなら、連絡先を交換するなど接点を持っておくといいでしょう。すぐには進展はないかと思いますが、今後面白いかたちで発展していくかもしれません。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

こういう言い方をしてしまうのは良くないかもしれませんが、悩んでいる時間が物理的に減ります。忙しくなるからです。考えること、やるべきことが山積みで「それどころじゃない」という感じなのですね。もしも「この気持ちは愛ではなく、執着なのでは」と悩んでいたのなら、この時期は執着の部分がきれいに取れます。かつて、シンプルに好きだったあの頃の気持ちに、戻れるかもしれません。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】

この1月いっぱい逆行を続ける金星は、おうし座の支配星。支配星というのは星座ごとに割り振られた、守護神のような存在です。それが「逆行」となることで、おうし座の人は今月、ちょっぴりいつもの調子が出にくいところがあるかもしれません。こういう時期には、頑張るというより緩めるのが似合います。こうしたいという気持ちを少し緩めることで、いらない荷物を置いていけるのかもしれません。

 

【カップルの人】

頑張るのをちょっとお休みにして「ただの好き」でいたいとき。愛することを通して成長できたり、愛に学んだりすることは尊いことですが、それで自分らしさにフタをしているのなら、初めて好きになったあの頃の気持ちそのままでいいんだろうと思います。逆説的なようですが、その姿勢でこそこの時期は「学び」や「成長」がもたらされそうです。

 

【シングルの人】

判断力がふわっと緩むとき。あなたはもともと、恋においては慎重派。好意が愛に変わるまでにはそれなり時間やコミュニケーションが必要ですが、それでも甘やかな言葉に心動かされたり、強引にされると断りきれなかったり、といったことがあるかもしれません。自分らしくあることに重きをおくとよさそうです。イレギュラーなことを「だから、特別かも」などと思わないほうが、あなたらしくいられるのだろうと思います。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

淋しさを別の恋で埋めたい気持ちが出てくるかもしれません。ほんとうに好きな人はちゃんといるのですが、ぬくもりだけでも欲しいという夜はあるものですね。ただ、あなたもきっとわかっていると思うのですが、「別の何か」で満たされるほどあなたは単純ではありません。そんなに軽い恋でも、ないのだと思います。もしも自分を守ることが最優先ならば、まずはひとつひとつ、現状を整理していきたいところです。でも、動きの少ない時期なので、無理はしなくて大丈夫ですよ。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】

対人関係に熱い追い風が吹く時期ですが、恋においては深さを欠く時期。もともと深く関わることに苦手意識をお持ちである場合は、恋そのものを面倒に思うメンタリティが発動しやすいかもしれません。お相手あってのことですから、そうした自分の正直な気持ちと現実のバランスを、上手にとっていくことが大事なのかなと思います。

 

【カップルの人】

すでにふたりの目的が同じ方向で定まっているのなら、月の前半は前向きに話が進んでいくでしょう。ただ、後半はお互いの理想に食い違いやすれ違いが出やすくなるかも。前半が好調なだけに「急にどうしたの!?」とびっくりしてしまうかもしれませんが、この時期にわかってラッキー、というふしもあるのかも。食い違ったことは、相手をより深く理解するチャンスと思って前向きにとらえていけると素敵です。

 

【シングルの人】

新しい出会いやこれからアプローチを始める相手など、「今を楽しむ」タイプの恋は動きがあまり見られない時期。どちらかというと深入りすることに面倒臭さを感じたり、ひとりのほうが楽だと思ったりするときです。2月以降に期待しつつ、「自分の今を楽しむ」ことに目を向けていけると素敵です。それでこそ、気が合う人ともご縁が生まれやすくなるでしょう。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

相手の存在がずっと遠くに行ってしまったかのような、へだたりを感じやすい時期です。「一緒にいても淋しい」「つながっていてもむなしい」など、心の距離を感じてしまうのは、あなたにとって物理的な距離よりも辛く感じられることでしょう。どうにかしようとテクニックを駆使しても、成功確率は低そう。2月上旬、コミュニケーションが勢いを取り戻すまでは自分のペースを重視する方向でいるのは賢い選択です。

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】

昨年12月下旬に逆行を始めた「愛と美の星」金星は、かに座の人のパートナーシップにおいて「見直しと調整」を求めてきます。もとより愛情深いかに座さんのことです、ほんの少しの軌道修正で済む人も多いはず。だからそんなに心配しなくて大丈夫でしょう。そしてガッツリ向き合うべき課題が出てきた人は、それを乗り越えることで絆を強めていけます。ずっと一緒にいるなら、ズレはできるだけ解消しておきたいもの。そんなふうに受け止めていけると有意義な時期にできるでしょう。

 

【カップルの人】

育ってきた環境も考え方も違うのだから、ゆるくいこう。そんなスタンスでいると、この時期の恋はうまくいきます。というのも、あなたのほうで「こうすべき!」「こうするのが当たり前!」と、自分のルールを強めに通したくなる時期に当たっているからです。ふたりでいる時間を楽しく、快適にしたいから。結婚したら、ちゃんとして欲しいから──ふたりのこれからに真剣であるほど、細かくしたくなりますね。でも、まずはゆるくしたほうが、相手もスムーズに合わせられるだろうと思います。

 

【シングルの人】

困っている人に助け舟を出したり、親切心から何かをしてあげたりすることに恋のきっかけがあります。「こういうことをしてあげたら、好きになってもらえるかも」という甘やかな期待は外れることが多いので、いったんは思考回路のスイッチを切っておきましょう。自分にとってはさしたる苦労もなくできること、程度に留めておくとちょうどいいようです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

相手の事情に踏み込みすぎると、愛がうまく伝わらないことが多いようです。「なんでも言い合えること」は素敵ですが、今は必ずしも良い結果につながるとは限りません。正論を述べるよりも、お願いをするよりも、相手に任せてそっと背中を押してあげる。それが一番、相手のためになるのでしょう。相手の優柔不断さに苛立ちを感じたとしても、それを解決するのもまた相手、なのですよね。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】

「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星は、昨年12月半ばからあなたの恋を刺激し始めており、それが1月下旬まで続いていきます。冒険したい、思い切った行動に出たいと感じる人はとても多そう。特に月の前半はコミュニケーションも好調ですから、どんどん行動に出る人も多そうです。冬の寒さにも負けないくらい、心が熱く燃えている人も多そうです。

 

【カップルの人】

尽くすことよりも、楽しむことに重点を置いてみるといいでしょう。実際、興味を惹かれるイベントが実施されたり、話をしているうちに盛り上がったりと、楽しむためのテーマは次々と見つかります。ただし月の後半になると、なぜか会話が噛み合わなかったり、的はずれな返事ばかりだったりと「なんか変だな」と思うことが増えるかも。といっても、これは一時的なこと。変だなと思ったらその場で確認をすれば「な~んだ!」で十分、済む話だろうと思います。

 

【シングルの人】

楽しい時期が続いていきます。いいなと思う人がいるなら、月の前半が勝負でしょう。積極的に声をかけて、まずは気軽に接点を持ってみるといいでしょう。また、復縁を願っている人がいるなら月の後半はひょんなきっかけで再会の予感も。すぐに愛が復活することはなさそうなのですが、「頼りになる知り合い」的ポジションからまた連絡を取り合えるなら、今後の発展も期待できそうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

あなたしだいで、現実を動かしていきやすい1ヵ月です。もし「吹っ切って自分の幸せを探していきたい」ということであれば、新しい出会いに積極的になることが一番の早道。魅力的、と思える人とどんどん接点を持っていけるとよさそうです。続けていきたいと強く願っている人の場合は、不思議な巡り合わせから連絡が復活するかもしれません。ゆっくりと、確かめ合うようにコミュニケーションを。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】

5月上旬まで、対人関係にはあたたかく頼もしい追い風が吹きます。この5ヵ月は基本的に好調であり、その前提で運気のアップダウンがあると理解しておいていただくといい運の波に乗っていきやすいでしょう。1月いっぱいは、愛を巡る動きは鈍め。「愛と美の星」と呼ばれる金星が、逆行というイレギュラーな動きをしているためです。ただ、全体的には、運はあなたの味方です。

 

【カップルの人】

プライベートで接点が増える時期です。おうちデートを楽しんだり、テレワークで相手のオフィシャルな一面を覗き見できたりと、また一歩相手のことを理解できた感覚が強まってくるでしょう。意識しておきたいのは、細かくなりすぎないこと。一緒にいる時間が長いほど、価値観の違いやペースを乱されることにイラッとしやすい時期にあたっています。指摘するならば、素直に優しく言ってみること。正論や怒りをブチまけるのは、いつも以上に得るものが少ないようです。

 

【シングルの人】

片思いの人はなんとなくうまくいかない感覚が強まりそう。思い切って行動に出ても空振りだったり、「そもそもそんなに好きなのか……?」と思ってしまったり、妙に冷静になる自分がいるでしょう。こんなことを申し上げたら叱られてしまうかもしれませんが、1月29日以降、3月頭まで恋愛運がずっといいことは決まっています。敢えてここで頑張りすぎなくてもいいように思います。年明け早々に新たなご縁があった場合は連絡先を交換しておくのがベストですが、それ以外はこだわりすぎなくても幸せへの道はしっかり、開かれるはずです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

昨年12月からの状況は今月も継続。あまり動きが大きな時期ではありません。それでも年明けは、新たな展開を期待するような嬉しい出来事もあるでしょう。今年、少しでも明るい方向に向かっていくように願いたいところですね。さて、今月おさえておくべき課題は「いい意味での“適当”さ」を身につけること。細かくなりすぎると、苦しさのほうが募っていきそう。「まあ、いっか!」と思える自分を意識していくとよさそうです。いっか、なんて言えることは、本当はひとつもないですよね。それでもそう思えるように肩の力を抜いてみれば、心も楽になりやすいでしょう。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】

5月上旬までは、誰に対しても誠実に接することが運を切り開くカギとなる2022年。そんななか、1月はフットワーク軽く行動することで、出会いやおしゃべりのきっかけがいくらでも広がっていくでしょう。特に月の前半は、現状を打開するチャンスをつかめる人も多そう。後半になると誤解が生まれることも多いので、時期を上手におさえて動いてみて。

 

【カップルの人】

デートや会話が盛り上がる楽しい時期。特に月の前半は、初詣デートや新春セールなど、感染症対策をしつつも積極的に予定を立ててみたいところです。ただ、月の後半はコミュニケーションロスが増えそう。好きなのはわかっているのにケンカに発展してしまうなど、本意ではない時間もあるかもしれません。そんなときは放置するより、会ってちゃんと話すこと。真摯に思っていることを示せば、わだかまりはすぐに解消できるでしょう。

 

【シングルの人】

恋が始まりやすいのは月の前半。人との接点が多い時期ですから、仕事でもプライベートでも、お招きがあれば積極的に出かけてみるといいでしょう。よく見知った“いつもの場所”から飛び出して、行動範囲を広げていきたいところです。月の後半は、久しぶりに会う人とご縁がつながりやすいかも。SNSをマメに更新したり、古い友達に会ったりすると思わぬチャンスが巡ってきそうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

気さくなコミュニケーションに愛が感じられるときです。今年こそ、などと気負ったりはせず、新年の挨拶は軽くライトにしてみるといいでしょう。連絡が途絶えてしまっている人は、しんどい思いのなか頑張っていらっしゃいましたね。1月後半は、ふたたびつながりが得やすい時期です。もしお相手が「戻ってくる」ような感覚があったなら、楽しい会話で癒してあげられるといいのかなと思います。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】

5月上旬まで、「自分から愛すること」に強い追い風が吹き続けます。恋愛運は基本的に、いい。その前提に立って、小さなアップダウンは「微風」程度にとらえておくといいでしょう。1月はコミュニケーションに難が出がちなとき。頑張ろうと思って肩に力を入れすぎると余計に運が滞りやすくなりますから、聞き役に回るというのもいい選択となるでしょう。

 

【カップルの人】

楽しい思い出をたくさん作れそうな、1年のスタートです。月の前半は家族に紹介したり、故郷を案内してもらったりするにはいい時期。ふたりで話し合って、前向きに考えていけると素敵です。月の後半は、幸せななかにもほんの少し、退屈や停滞の雰囲気が混ざるかも。幸せも、それが日常になれば退屈にもなるのですよね。相手のプライベートに踏み込みすぎたり、家族の問題に首を突っ込みすぎたりすると衝突も生まれるかも。少しだけ気をつけて。

 

【シングルの人】

なんでもない出会いが急にときめきに変わるなど、ドラマティックな展開も多く期待できそうです。ただ、基本的に動きは鈍め。来月になればうまくいくかどうかははっきりしてきますから、今月のうちはあまりガツガツいかなくても大丈夫です。特に社内恋愛や友達グループのなかでの恋愛など、コミュニティ内での恋はゆっくりと進めたほうがいいようです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

会いたいね、会おうねと口では言うものの、実現するとなると予定が合わなかったり、ドタキャンしたりされたりと思うようにいかない予感。さらには、お互いまたはどちらかに家庭がある場合は、家庭の事情が優先されることもあるでしょう。恋に没頭しきれない時期ではありますが、その根底に愛があるのなら、相手の家族ごと大切に思っておきたいですね。きっと、その優しさは伝わりますから。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】

何事もスピーディーに、ノリよく前に進めていきたい! とエネルギッシュに行動を起こすとき。恋を良いものだと思う気持ちが、この時期はいつも以上に高まるのです。特に前半は、フットワーク軽く行動を起こしたり、距離をものともせず出かけたりといったことが多いでしょう。ただし勢い余って、LINEやメールの誤送信をしがちな時期でもあるのでご注意を。

 

【カップルの人】

大好き、という気持ちが一気に高まって、積極的にアピールしていく時期です。未婚カップルであれば、家族になりたいという思いもいつも以上に高まるでしょう。月の上旬は全く問題ないのですが、後半は誤解されたり、遅刻が続いて相手を怒らせたりと、想定外のことが起こりやすい模様。どんなに気持ちが高まっても、行動は落ち着いたものにしていけると素敵です。

 

【シングルの人】

恋に対して前向きな時期ですが、それだけに自分の気持ちばかりが高まりすぎて相手と温度差が生じそう。気持ちを伝えることを焦ると、相手の気持ちが追いつかないことも多そうです。失敗するとダメージを引きずりがちな暗示も出ているので、できれば「楽しいね」と言い合えるような時間を大切にする、というところに留めておくといいでしょう。ゆっくりと前進することにも、意味はあるのですよね。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

月の前半は好調。新年の挨拶をきっかけにメッセージのラリーが続くなど、嬉しい時間が増えそうです。ただ、月の後半になるとコミュニケーションはゆっくりに。大きな進展というのは、望みにくい時期です。淋しさはあるかと思いますが、連投しても「強すぎるメッセージ」として受け取られてしまいやすいようです。あなたの明るい「大好き!」がそんなふうに伝わってしまっては、もったいないですよね。できれば、相手のテンションや頻度と合わせるかたちで連絡を取り合っていけると素敵です。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】

11月からスタートした「愛の4ヵ月」のうち、「見直し・調整」のレッスンが続いていくのが1月です。あなたがこれから幸せな恋をしていくために、自分らしく人を愛することができるように、ないほうがいい“クセ”があるのなら、今月はそれを手放していけるでしょう。クセというのは具体的な行動のみならず、「自分の恋はいつもこういうパターンになってしまう」という信念である可能性も。信念は、自分にとってはごくごく自然なもの。だからこそ気づきにくくもあるのですが、この時期のあなたならちゃんと「む! これかな?」と発見できたりするのだろうと思います。

 

【カップルの人】

ご近所デートやお散歩デートなど、近場でのお出かけが楽しい時間になりそう。初詣をしたり、気になっていた飲食店に出かけたりしながら、絆を強めていけるといいでしょう。進展は感じられなくてOK。むしろ「目の前の幸せ」をきちんと大切にしてこそ、絆は強まっていきます。そんな時間があってこそ、月末からスタートする進展期にも前向きな動きが起こるはずです。

 

【シングルの人】

いいなと思う人はいるものの、不完全燃焼気味に。ただ、ここでうまくいかないのは、運命があなたに「そろそろ今までの恋のパターンを修正していくべきときだよ」と教えてくれている可能性も。「ダメとわかっているのにこのタイプに惹かれてしまう」など、変な自動思考が働いていないかチェックしてみて。今までとはまったく違う場で婚活をしてみるなど、行動を変える工夫もよさそうです。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

年明け早々、「幸せになりたい」という気持ちが心の底から湧き上がってきそう。苦しい流れを変えていきたい、これ以上自分をいじめたくないという気持ちから、行動を大きく変えていく人も多そうです。もしも「この恋は、思い出にする」と決めたなら、その決意は確実にあなたの行動を後押ししてくれるでしょう。中途半端に期待を残さない行動力こそが、幸せへとつながっていきます。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】

怒涛のように過ぎた2021年。恋においても大きな動きがあったことでしょう。そうした流れは12月29日で終了し、1月の恋は相手というより、自分と向き合うような時間が多くなるのかもしれません。1ヵ月を通して、自分の気持ちはすっきりと澄んだ言葉で伝えるという努力が、前向きなムードにつながっていきます。

 

【カップルの人】

月の前半は爽快なムードに。「2022年はこんなふうにしていこうね」などと未来について語り合ったり、友達を呼んで盛り上がったりと、楽しい時間が多いでしょう。「なんだかいいことがありそう」という予感もぜひ、大切にしてください。ただ、月の後半はモヤモヤしがちに。相手に遠慮して言いたいことを言わずにおくと、自覚できる以上にストレスが溜まります。優しい言葉で、出していけるといいですね。

 

【シングルの人】

人との接点が多い時期だけに、オープンな気持ちでコミュニケーションを取っていけそう。特に月の後半は、昔の知り合いや古い友達などとSNSでつながり、期待できそうな雰囲気もできてくるでしょう。ただ、押しが強い相手やその場の雰囲気に流されると、幸せは迷子になりやすいでしょう。あなたを本当に大切にしてくれる人は、あなたがNoと言ってもそのNoごと尊重してくれることを、覚えていられると安心です。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

連絡は比較的スムーズな1ヵ月。ここまで理由もなくやりとりが途絶えがちだった人も、今月は願っているような会話がしやすいでしょう。相手の素敵なところや、大好きなところも再確認できるでしょうね。それだけに、相手のズルさやわがままにも寛容になり、自分のホンネを押し込めてしまいがちでもあります。滞った感情は恋愛運をも停滞させますから、ひとつでもふたつでも、出していけると停滞を防ぐ効果が生まれるでしょう。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】

運気全体が勢いづいているうお座。ここから5月上旬までは、自分が幸せになるための選択をたくさんしていける時期に当たっています。「私は、これが好き」「これが心地良い」「こうしていると幸せ!」と思えることを、たくさん選んでいけるといいですね。さて1月は、仕事運に勢いが生まれる時期。一方、プライベートではフィーリングなど「感じる力」にスポットライトが当たりそうです。

 

【カップルの人】

パートナーと同じ歩調で歩んでいける、素敵な1年の始まりです。この時期は不思議と、気持ちが通じ合っている感覚が強いかもしれません。相手が考えていることがなんとなくわかったり、あなたの気持ちを相手が先回りして動いてくれたりと、「言わなくても通じる」ときです。ただ、そう思って行動を起こすと不思議とすれ違いも起こるでしょう。「言わなくても通じる」に甘えすぎない気持ちが、愛を育んでいきます。

 

【シングルの人】

今のままじゃダメだと感じるように。アプローチを変えてみたり、ファッションを研究したりとあれこれ模索する人が多そうです。ただ、思いが強すぎると自分らしくない方向に向かってしまうことも。パーソナルカラー診断を受けるなど、プロのアドバイスを仰ぐのはいい選択といえそうです。なお、長く片思いをしてきた人は、18日あたりに「思いが満ちる」ような出来事がありそう。前向きに行動を起こしてみて。

 

【障害のある恋に悩んでいる人】

相手の気持ちを「察する」能力が高まります。連絡をしてOKか、この発言をして相手が悪く思わないか、いい判断ができるでしょう。本当なら、そんな気を使わずにありのままの自分を見せていけるのが一番ですよね。でも、この我慢も必要なのだと前向きに思えるのだろうと、素直に納得できるだろうと思うのです。ただ、月の後半はその直観が少し鈍りがちに。敢えて、相手の行動や言葉をそのまま受け取ったほうが、うまくいくだろうと思います。

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。(旧:午前0時の恋愛相談)

 

真木あかり『2022年上半期 12星座別あなたの運勢』

ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2022年上半期の星占いです。ウェブマガジン「幻冬舎plus」で公開されている全体運に加えて、本作品では「仕事運」「恋愛運」などカテゴリー別の占いもお楽しみいただけます。全体の流れに加えて月ごとの運気の動きも詳しく解説いたします。
購入者特典として、2022年上半期の流れがわかる「重要日カレンダー」もお楽しみいただけます。(完全版のみの特典です)

{ この記事をシェアする }

真木あかりの恋愛占い

人気占い師・真木あかりさんによる恋愛占い。カップルの人・シングルの人・障害のある恋に悩んでいる人と、3つの状況別に、毎月の恋愛運を占います。(毎月最終日に更新します)

また15日には、真木あかりさんによる恋愛相談も読める、豪華連載です。

※この連載は、「午前0時の恋愛相談」を改題・リニューアルしたものです

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter @makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP