1. Home
  2. 暮らし術
  3. 妻のパンチライン
  4. 家庭にコミットしないやつ全員ダサい説

妻のパンチライン

2021.12.30 更新 ツイート

家庭にコミットしないやつ全員ダサい説 @wifeisking

「それ私の言いたかったこと!!」と全国の妻が共感しまくるTwitterアカウント、「妻のパンチライン(@wifeisking)」。夫が呟いたツイートを妻が振り返る形の書籍『妻のパンチライン』が発売中です。

お休みの今、パートナーの家事能力の低さにあきれている!というみなさまにぜひ読んでいただきたい部分の試し読みをお届けします。​​​

*   *   *

〈妻談〉

私は3人の子どもを育てていますが、それでも1歳児の育児はたった3回しかやったことがありません。だから、無知で当然という認識でいます。

仕事でも、初めての挑戦でうまくいったことって採点が甘いだけだったりしますよね。初めてだからこそ緊張した状態で手探りで向き合うし、目を見張るほどのスピードで子どもは大きくなっていくので、あっという間にこちらが知識不足になりました。

今思えば、ど素人二人が、あーだこーだあたふたしてるのが、子育て一年生の夫婦なんだなって思います。

 

しかも子どもって一人ひとり違うので、2回目でも3回目でも、予想しないことが起こるんですよね。性格ってこんなに違うのかと、まさにこちらが学ぶ状況が続きました。

だから、子育ては自信が持てないのが当然で、不安な気持ちを情報収集にぶつけて、焦らず一つひとつ解消していけばいいと思っています。

 

〈妻談〉

今思えば、第一子の妊娠中って、不思議なことに「無事に生まれてくること」をゴールに考えていました。

そして産後、ゴールの達成感を味わう間もなく、上手に授乳できない痛みやお尻周りに違和感を持ちながら、ヒヤヒヤとしたお世話生活に突入します。自分の隣に赤ちゃんを寝かせてニッコリなんてできるのは、根性の据わったインスタグラマーだけです。

 

産後2か月経っても新生児のお世話の手数は変わらないのに、家事やお腹が空く大人のことも考えないといけない。月々の食費も上手にやりくりしようとか、考えることは山のようにあります。

会社なら、マクロの視点で経営方針を考える人と、ミクロの視点で商品をどう売るか考える人がいますよね。

家庭は、一日という短いスパンとはいえ、主張強めの宇宙語を話す小さい人を抱えて、運営と経営を一人で回しています。狭い部屋の中で、四六時中マクロの視点とミクロの視点が常に入り組んでいます

昨年からはコロナなど、さらに気を揉むことも出てきました。

会社経営者でもマクロとミクロの視点を切り替えながら過ごす時間は、過度なストレスと不安に晒されています。だからこそ一人で起業してリスクを背負って、マクロとミクロの視点を自分で切り替えながら切り盛りする経営者は素晴らしく、利益が出ればその付加価値として報酬も大きくなるのです。

 

経営者にとっては、エクセルやワードなどはあくまでツールで、会社や商品の価値を生む思考とスキルが蓄積されていくナレッジに価値があります。つまり、独自のナレッジに付加価値が付くから、ニーズが高まり利益・収入に繋がります。

家庭内にマーケットはないので需要を収入に変えることはできませんが、子育てと家庭を同時進行的に運営するスキルは作業の費用換算だけではなく、膨大なナレッジも貯まっていることは明確です。

 

結婚した相手が、家庭を運営する意識も行動もなく、薄給に文句をたれていたら、「家庭を舐めてるから、お前は出世できないんだよ」と言いたいですし、会社経営がうまくいってるのに家庭にコミットしないお山の大将社長には、「だからお前は、金儲けでしか承認欲求満たせず次の生きる目標がなくて心の中が暇なんだよ。パンツぐらい自分で洗えよ」と突っ込みたいです。

これは稼ぎに関係ありません。「家庭にコミットしないやつ全員ダサい説」を堂々と唱えていきたいと思います。

関連書籍

@wifeisking『妻のパンチライン』

オムツ替えて、荷物の再確認して、靴を履かせて…… 「なんで5分で出発できると思ってんの!?」 それ、私の言いたかったこと! と全国の妻、共感の嵐! SNSで話題沸騰。 一人では受け止めきれなかった夫が思わずシェアした、切れ味鋭く、愛情深い言葉たち。 「毎日の家事・子育てのなかで、妻が息するように吐き出すパンチラインをつぶやきます。」 そんな自己紹介を掲げて始まったTwitterアカウント「妻のパンチライン」。 厳選したツイートに、妻による解説を書き下ろしました。

{ この記事をシェアする }

妻のパンチライン

「毎日の家事・子育てのなかで、妻が息するように吐き出すパンチラインをつぶやきます。」

そんな自己紹介を掲げて始まったTwitterアカウント「妻のパンチライン」。

書籍の試し読みや、発売記念Spaceの記事を公開します。

バックナンバー

@wifeisking

妻は、凄い。毎日の家事・子育てのなかで、妻が息をするように吐き出すパンチラインをつぶやきます。

と掲げて始まったTwitterアカウント。フォロワー数約3.7万人(2021年11月現在)。

3人の子を持つ家庭で生まれる、鋭く、愛のある言葉たちを夫が編集・ツイートする。日々、夫がくらったパンチラインを投稿している。

Twitter:@wifeisking

Instagram:@wifeisking_

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP