1. Home
  2. 暮らし術
  3. 妻のパンチライン
  4. お正月に「夫婦会議」をすべき理由

妻のパンチライン

2022.01.01 更新 ツイート

お正月に「夫婦会議」をすべき理由 @wifeisking

「それ私の言いたかったこと!!」と全国の妻が共感しまくるTwitterアカウント、「妻のパンチライン(@wifeisking)」。夫が呟いたツイートを妻が振り返る形の書籍『妻のパンチライン』が発売中です。

年始の今日、実家に帰省している人も多いのでは。子どもを任せられる人がいる日こそ、夫婦でじっくり話す時間を作ってみてはいかがでしょうか。参考になる部分の試し読みを本書からお届けします。

*   *   *

〈妻談〉

一人目の子が1歳になって少し経ったお正月に初めて夫婦会議をしました。

 

当時、会社を立ち上げて間もなかった夫は、自分の仕事ぶりやプライベートとのバランスを聞いてもらえるようなパートナーが会社におらず、ただがむしゃらになっていました。私にその聴き役が務まるかはわかりませんでしたが、子育て中に私が感じたのと似た孤独を夫から感じ、気がかりでした。

起業したはいいものの、このままだと夫自身が仕事に呑み込まれて自分の会社の社畜になってしまうと思いました。

経営者としての自分と同じぐらい、人としての自分、夫や父親としての自分を大切にしてほしいと漠然と感じているうちに、このツイートの言葉が出ました。

 

家庭は、自分たちのニーズに対して、感情のままに動き、その結果を理屈で考えられるフィールドです。

このフィールドでの経験は仕事にも大いに役立てられると思うんです。

属している会社のリソースのみを使って自分に何ができるかを考えるだけでは視野は広がっていきません。しかし自分の人生の中で経験してきたこともリソースとして生かせれば、もっと世の中全体のニーズが見えてくるのではないかと思います。

家庭にはその可能性があると思っています。

 

〈妻談〉

自由に生きたいと誰しも思っていますよね。私も、思っています。

大きな頂上を目指す生き方って憧れるし、応援したくなります。夢を語り発信するのは、常人にはなかなかできないことです。

夢を追う行動のことを努力なんて言ったりします。努力って、もっとやりたいもっとよくなりたいという向上心とセットの言葉で、苦痛を伴う側面はあるにしても決して苦しいだけの言葉ではないと思います。

目標を達成したいという実直さに加えて、それを達成するとどんな人に喜んでもらえるかまでの未来を想像できると、夢と人が繋がって途端に現実的になります。

 

夢やビジョンは、自分以外の人を幸せにするという基本的な思いやりが込められてこそ良いものになりますし、良いアクションに繋がります。

パチンコで今日一発あてる、誰かのお金を当てにする、家のことに無関心で自分勝手に動く……そんなアクションに、思いやりはありません。だからビジョンを語る資格もないんです。

つまり、どんな時でもアクションには「自分以外の誰かの幸せを考えているか」という行動ルールが必要です。このルールがあるからこそ良いビジョンに繋がります。

家庭でも仕事でも思いやりの気持ちこそがルールの“元締め”なんです。

 

マーケティングでは「ターゲットと競合を押さえたら勝てる」とよく言いますが、家庭におけるビジョンだって同じです。

ターゲットは自分と家族です。競合はあなたの心の中にある偏見です。あなたの立てた壁だけです。

ライバルは自分っていいますが、こういうことじゃないかなと思います。

さぁ、家族のビジョンについて語ってみましょう。

関連書籍

@wifeisking『妻のパンチライン』

オムツ替えて、荷物の再確認して、靴を履かせて…… 「なんで5分で出発できると思ってんの!?」 それ、私の言いたかったこと! と全国の妻、共感の嵐! SNSで話題沸騰。 一人では受け止めきれなかった夫が思わずシェアした、切れ味鋭く、愛情深い言葉たち。 「毎日の家事・子育てのなかで、妻が息するように吐き出すパンチラインをつぶやきます。」 そんな自己紹介を掲げて始まったTwitterアカウント「妻のパンチライン」。 厳選したツイートに、妻による解説を書き下ろしました。

{ この記事をシェアする }

妻のパンチライン

「毎日の家事・子育てのなかで、妻が息するように吐き出すパンチラインをつぶやきます。」

そんな自己紹介を掲げて始まったTwitterアカウント「妻のパンチライン」。

書籍の試し読みや、発売記念Spaceの記事を公開します。

バックナンバー

@wifeisking

妻は、凄い。毎日の家事・子育てのなかで、妻が息をするように吐き出すパンチラインをつぶやきます。

と掲げて始まったTwitterアカウント。フォロワー数約3.7万人(2021年11月現在)。

3人の子を持つ家庭で生まれる、鋭く、愛のある言葉たちを夫が編集・ツイートする。日々、夫がくらったパンチラインを投稿している。

Twitter:@wifeisking

Instagram:@wifeisking_

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP