1. Home
  2. 社会・教養
  3. 「ひいき」の構造
  4. 贔屓とはもともと亀に似た想像上の生き物

「ひいき」の構造

2021.08.12 更新 ツイート

第3回

贔屓とはもともと亀に似た想像上の生き物 島田裕巳

寵愛(ちょうあい)、馴染(なじみ)、タニマチ、常連、自担(じたん)、推(お)し……歴史や分野をまたぎ発展してきた日本の「ひいき」文化。学校や会社、芸術界にスポーツ界、政治の世界まで、なぜ人は人に過剰な愛を向けずにいられないのか。『「ひいき」の構造』(島田裕巳著、幻冬舎新書)から試し読みをお届けします。

*   *   *

贔屓について、これまで述べてこなかった意味としては、石碑の台になっている亀のような生き物のことがあげられる。これは、中国にはじまり、朝鮮半島や日本に伝えられたもので、台は亀趺(きふ)と呼ばれる。

今から40年以上前のことになるが、中国を訪れたとき、西安(せいあん)で碑林(ひりん)博物館に立ち寄った。そこには、著名な書家の字が刻まれた石碑が立ち並んでいたが、たしかに石碑の土台は亀のような贔屓になっていた。

中国において、贔屓は伝説上の生き物とされている。それは、竜が産んだ竜生九子(りゅうせいきゅうし)の一つで、贔屓のほかには、螭吻(ちふん)、蒲牢(ほろう)、狴犴(へいかん)、饕餮(とうてつ)、蚣蝮(はか)、睚眦(がいさい)、狻猊(さんげい)、椒図(しょうず)があげられる(明の時代の文人、楊慎(ようしん)の『升庵外集(しょうあんがいしゅう)』において)。饕餮(とうてつ)ということでは、中国古代の青銅器に刻まれた饕餮文の文様が思い起こされる。また、やはり明の時代の政治家で詩人の李東陽(りとうよう)による『懐麓堂集(かいろくどうしゅう)』では、贔屓ではなく、負屓(ふき)とされ、ほかには囚牛(しゅうぎゅう)、睚眦(がいさい)、嘲風(ちょうふう)、蒲牢(ほろう)、狻猊(さんげい)、覇下(はか)、狴犴(へいかん)、螭吻(ちふん)があげられている。このうち嘲風は、私が学んできた宗教学の日本の開拓者、姉崎正治(あねさきまさはる)の号だった。

贔屓は、背に甲羅を持っていて亀に似ているが、亀ではない。あくまで想像上の生き物で、竜の子である証に角が生えている。子どもとして出来が悪かったが、唯一の特技が、重いものを支えることだったという。だから、石碑を支えているのだ(高倉洋彰「ひいきにされなかった『贔屓』」産経新聞2016年11月18日)。

(写真:iStock.com/johan10)

贔屓という想像上の生き物から、なぜ、ここで問題にしているひいきということばが生まれたのだろうか。力を出すという意味から転じて、特別扱いするという意味が生まれたと解説する辞書もあるわけだが、必ずしも納得できるものではない。

むしろ、貝が財貨であり、大切で貴重なものであるからこそ、その貝を3つ重ねた贔が、とくに目をかけているものの意味に転じたと考えた方が、納得できる説明になるかもしれない。ただこれは、あくまで私の解釈である。

関連書籍

島田裕巳『「ひいき」の構造』

許せない他人への贔屓。その一方で密かに願う自分への贔屓。寵愛、馴染、タニマチ、常連、自担、推し……と次々に変容する日本の「ひいき」。対象への並外れた愛情を表すこの現象は日本独自のものと言えるのか。

{ この記事をシェアする }

「ひいき」の構造

許せない他人への贔屓(ひいき)。その一方で密かに願う自分への贔屓。寵愛、馴染、タニマチ、常連、自担(じたん)、推し……と次々に変容する日本の「ひいき」。対象への並外れた愛情を表すこの現象は日本独自のものと言えるのか。なぜ人は人や物に過剰な愛を向けずにいられないのか。

バックナンバー

島田裕巳 作家、宗教学者

1953年東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。主な著作に『日本の10大新宗教』『平成宗教20年史』『葬式は、要らない』『戒名は、自分で決める』『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』『靖国神社』『八紘一宇』『もう親を捨てるしかない』『葬式格差』『二十二社』(すべて幻冬舎新書)、『世界はこのままイスラーム化するのか』(中田考氏との共著、幻冬舎新書)等がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP