1. Home
  2. 暮らし術
  3. 望月アンシアの占星術アラカルト
  4. 12星座とお金

望月アンシアの占星術アラカルト

2021.07.20 更新 ツイート

12星座とお金 望月アンシア

だれでも多かれ少なかれ、お金には関心があるものです。
お金についての関心の持ち方や、使い道、貯め方、ふやし方は本当に人それぞれ。極端な話、いくら愛があってもお金がなくては(少ないと)絶対に無理、という人がいる一方、お金など最低限でいい、それより自由が何より大事、という人もいるでしょう。

お金に関して、価値観や方向性が異なる人と暮らしていくのはなかなか骨が折れるものです。金銭感覚のちがいが、離婚原因になることはとても多いのです。
そしてまた、その感覚は案外生まれ持ってのことで、後から直したり変えることは可能ではありますが、性格の一部のようになっています。

 

では12星座によって、どのような違いがあるのでしょうか。今回は12星座を金銭面という切り口から探ってみたいと思います。

◎牡羊座……ギャンブルや投資が好き

お金にはさほど固執する方ではありません。人生、お金を稼いだりつかったりするより、もっと面白いことがある、と思っているからです。倹約したり、コツコツお金を貯める、といったことに縁遠い牡羊座は、惜しげもなくお金をつかうことがありがちです。すばやく大金を稼げるギャンブルには目がなくて、スリルがヤミツキになってしまいます。株やその他の市場に投資するのも好きです。でも、保険をかけたり貯蓄したりすることにはあまり興味がありません。

◎牡牛座……どうしても欲しい物には惜しみなく買う

預金口座にある程度の金額がないと、不安になってしまうタイプです。一度手にしたものはなるべく手放したくない牡牛座ですから、衝動的にお金をつかいきるようなことはありません。しかしその一方で、どうしても欲しいものへのお金は惜しみません。たまに高品質の高価なものを買ってしまうことがあります。物へのこだわりが強いので、お気に入りにめぐり合うまでとても時間をかけるでしょう。投資や利殖に関しては、少額をコツコツと回していくのが得意です。

◎双子座……お金がなくなったら増やす方法を考える

お金がなくなった時のために少しずつでも貯めておこう、と考えるより、お金がなくなったら得る方法を考えよう、とするのが双子座です。お金の貸し借りや、クレジットの債務などあまり気にしません。ですから一見お金にルーズなように見えますが、つかう時は思いきりよくつかう、出す時は気前よく出す、というのもちゃんと計画しての行動なのです。もしも失敗して負債を抱えても、すぐに取り戻す方法を考え出すのが双子座です。

◎蟹座……金銭はすべて自分で管理する

安定を求める蟹座ですから、預金の残高も十分にないと不安になってしまいます。自分自身はともかく、家族や親しい人がお金に困っていると見るに堪えられません。金銭感覚はしっかりしていますが、好きな人には気前よく接します。ビジネスの才能はありますが、他人を信用しないところがあるので、金銭面はすべて自分で管理しないと気がすまないでしょう。大金は注ぎ込みませんが、少額ならギャンブルやクジの類も嫌いではありません。

◎獅子座……人との出会いが金運をよぶ

人生の要所要所で、金運をもたらしてくれる人物と出会いがあり、結果お金には困らないのが獅子座です。人望によって財を得ていくでしょう。事業など失敗しても、どこかから助けてくれる人が現れて、またすぐにやり直すことができます。お金は大きく稼いでパッとつかうという、思いきりのいいタイプです。プレゼントやいただき物も多いでしょう。見栄っ張りな面があるので、必要以上にお金をつかってしまうこともあります。

◎乙女座……計画的につかい、地道に貯める

経済観念がしっかりして倹約家の乙女座。お金はきちんと計画をたてて、予算通りにつかいます。家計簿をつけるのも得意です。衝動買いをしたり、予算オーバーの買い物もまずしないでしょう。割引やセールなどは賢く利用します。支払いは期日までにきっちりと行い、借金を嫌います。資産運用や投資には大いに関心があり、情報にも強く研究熱心です。ですがとにかく失敗なく安全な方法を選ぶでしょう。

◎天秤座……バランスのとれた金銭感覚

基本的には無駄遣いをせず、金銭感覚はしっかりしてバランスがとれています。きちんと貯金もしていますが、時には後輩などに気前よくおごったりもします。ウインドーショッピングが好きで、ついあれもこれも欲しくなってしまいますが、セールになるのを待ったりクーポンやポイントを利用したり、うまく買い物に生かすでしょう。またヘソクリが上手です。ですが、こっそり貯めて自分が欲しい物を買うというより、家族のためにつかったり寄付もよくします。

◎蠍座……思いきりよくつかうことも

人知れずしっかりと利殖や投資にはげんでいたりするのですが、それと気づかれないのが蠍座です。お金の貸し借りは好きではなく、人と金銭の話題を共有するのも好まないでしょう。締まり屋でお金に細かい人と思われがちですが、決してそんなことはないのです。出す時は出すし、時には思いきりよくつかったりもします。ひとつのことにこだわると、我を忘れてしまうタイプなので、マネーゲームにハマったら大変なことになるかもしれません。

◎射手座……お金に関して大ざっぱだけど不自由しない

射手座は金遣いは荒い方で、ギャンブルも好き。人からは、お金持ちと思われているかもしれません。「お金はつかわないと入ってこない」を、実践しているようなタイプです。まさに太っ腹、といった感じで気前がいいです。割り勘で一円単位まで計算するぐらいなら、自分が全部出しておごる、といった感じです。おおざっぱな性格なので、お金に関しても「ザル」です。でもその割りに運がいいのか才能か、お金に不自由することはないし、だれかしら助けてくれるのです。

◎山羊座……お金がなくなるのが不安

山羊座が怖れていることは、お金がなくなってしまうこと、なのです。失敗をとても怖れる山羊座ですから、お金に関しても危ない橋は渡りません。少しでもリスクのある投資などには関心を示さないでしょう。将来を見すえた金銭計画をしっかりと立て、ギャンブル的なことには手を出しません。若い時からきちんとお金を貯め、保険や年金に関しても詳しいでしょう。堅実な性格なので、大金持ちになることはないけれど、貧困にあえぐこともないです。

◎水瓶座……無計画につかうが何とかなる

お金に執着がない水瓶座は、計画性がなくつかいたいだけつかってしまいます。一体何につかったのか思い出せないのですが、カードの明細をよく見ようともしません。けれども焦ったり不安になったりはせず、反省しないので翌月もまた同じことの繰り返しです。でもだれか援助してくれる人がいたり、なぜか臨時収入があったりで、いつも何とかなってしまいます。お金の貸し借りにも無頓着で、借りたことも貸したことも忘れてしまうほどです。

◎魚座……お金は通り過ぎていくもの

お金は「流れるように入ってきては、また流れ出ていく」というのが魚座です。決してお金に縁がないわけではないのに、貯まらないのです。計画を立てたり予算を考えたりはせず、小遣い帳や家計簿にも無縁でやってきました。将来のマネープランも白紙です。同情心が篤く親切なので、人が困っているとつい助けようとしてお金を貸したり、時にはだまされたりするので気をつけなくてはなりません。ですがお金がなくなっても悲壮感はありません。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP