1. Home
  2. 生き方
  3. 私たちは人生に翻弄されるただの葉っぱなんかではない
  4. 孤独感はいつか底を打つ

私たちは人生に翻弄されるただの葉っぱなんかではない

2021.04.15 更新 ツイート

『私たちは人生に翻弄されるただの葉っぱなんかではない』より

孤独感はいつか底を打つ 銀色夏生

「今の世の中の常識のようなものの中で生きづらさを感じている人へ――」
銀色夏生さんが今の想いを込めた最新刊『私たちは人生に翻弄されるただの葉っぱなんかではない』より、メッセージをお届けします。

孤独感はいつか底を打つ

さっき、夜になってちょっと用事で、車に乗って出かけてきたのですが、帰 ってくる途中に、孤独感というか寂しさのような、すごくしんみりしたものを感じました。本当になんともいえない「ひとり」という感じの孤独感っていうものに時々襲われることがあって。そういう時は、私はその孤独をものすごくしっかりと 受け止めるようにしています。その時に、それをそのまま心の奥まで抱き込む というか、しーんと浸透させるというか。本当に孤独な感じなので。もうただ そのままでいる、その気持ちを心底、感じる。

この状況は、私が選んだからだなと思います。いろいろと、他のこういう状 況ではない立場の人のことを考えたり、違うふうであったかもしれない自分と いうものを想像したとしても、私があの時にそれを選ばなくて、そうではない 今みたいなのを選んだから、今私はこうなんだなあ、と。

例えば結婚して旦那さんと一緒に旅行に行ったりしている人とか、なんだか んだ喧嘩しながらもいつも誰かと賑やかに一緒にいる人とか、そういう人を見 た時に、私は強くあこがれると同時に、やっぱりそれはあまりにも自分からは 遠い。

自分はそれを選ばなかった。その中の何かを嫌だと思ったから、ある時にそ こから離れたんです。

だから、ひとりでいるっていうことを選んだんです。こうやって時々すごい 孤独感に襲われるのは、もう仕方ないなと思っています。そして、このままこの孤独感というのを感じ続けていくと、いつか底が抜けるというのか、底を打 つような気がしています。

孤独の種類が変わる。

気を紛らわせずにこれと共にいると、寂しい孤独というものではなくなる。豊かな孤独。なんていうのか、あきらめとか何かそういうようなものを通り越 すと、穏やかで広い境地に達するような気がします。時々は我慢して、このま まやっていくと、違う境地に達するのではないかと思っています。

おトク情報

銀色夏生さん直筆サイン&イラスト入り『私たちは人生に翻弄されるただの葉っぱなんかではない』を幻冬舎plus限定で販売開始!

幻冬舎plusストアへ

関連書籍

銀色夏生『私たちは人生に翻弄されるただの葉っぱなんかではない』

今の世の中の常識のようなものの中で 生きづらさを感じている人へ 今、静かに伝えたい、魂のメッセージ。 自分が幸せだと思いたいのか、人から幸せだと思われたいのか 恥ずかしくないと思えるところまで考え抜く 本当に必要なものだけを残したらほとんどのものが消えた なにごともプラスマイナスゼロだと思う 人はそのままで素晴らしいけど、それだけじゃダメ 我慢が得意と思ってはいけない 問題を解決するためには、まずその問題を理解すること いったん立場を決めて断定する 誕生も死も日常に織り込んで ほか

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP