1. Home
  2. 社会・教養
  3. 日本の医療の不都合な真実
  4. 「うらやましい孤独死」なんて存在するのか...

日本の医療の不都合な真実

2021.02.24 更新 ツイート

「うらやましい孤独死」なんて存在するのか? 森田洋之

(写真:iStock.com/arvitalya)

ひとり暮らしの人が、誰にも看取られることなく死んでいく「孤独死」は、悲惨な死の代名詞のように言われます。でも、本当にそうでしょうか? 医師であり医療ジャーナリストでもある森田洋之さんの新刊『うらやましい孤独死――自分はどう死ぬ? 家族をどう看取る?』(三五館シンシャ)からの抜粋をお届けします。記事の最後には、刊行記念イベントのご案内があります。

*   *   *

「うらやましい孤独死」

奇妙なタイトルの本を書いてしまった。 この本を手にとられた方はどんな思いでおられるのだろうか。もしかしたら「孤独の美学」とか「孤高の生き方」などというポジティブな内容をイメージされているかもしれない。

たしかに、孤独を美化するような風潮も世間にはある。 最初にお詫びしておきたい。本書は決してそのような本ではない。一言で言ってしまえば、本書でこれから展開するのは、
「それまでの人生が孤独でなくいきいきとした人間の交流がある中での死であれば、たとえ最後の瞬間がいわゆる孤独死であったとしても、それはうらやましいとも言えるのではないか?」
という趣旨である。

さらに言えば、孤独死を過度に恐れるあまり独居高齢者が容易に施設に収容されてしまう風潮にも一石を投じたいとも思っている。

率直に言おう。いま、高齢者施設はそうした高齢者の“収容所”になってしまっている。

高齢者でも若者でも、人は人間関係の中で生きている。しかし病院や施設への収容は それまでの地域での人間関係を断ち切ってしまう。

人間がかかるもっとも重い病気は「孤独」である。 孤独は確実に健康を害する。健康を害する要因として、喫煙や肥満・アルコールなどが有名だが、じつはそれらを抑えてもっとも健康を害する因子とされているのが「孤独」なのだ。このことはいくつもの科学的調査で証明されている。

「万一、何かあったら心配」「一日でも長生きしてほしい」……。本人に良かれと思っ て誰もがとる行動が、じつは高齢者を孤独に追いやっているのだ。「地獄への道は善意で敷き詰められている」のかもしれない。

私はそんな医療・介護の現場を山ほど見てきた。

「好きなものを食べたい」「自由に外出したい」「死ぬ前にもう一度自宅に帰りたい」、そんな人間として当たり前の希望を、願っても仕方がないと口に出すこともできない。 そうした高齢者の方々をたくさん見てきた。

どんなに安全を求めても、安心を願っても、人間は必ず死ぬ。いま本当に求められているのは中途半端な“安全・安心”ではなく、その“安全・安心”の呪縛から高齢者の生活を解放することなのだ。「うらやましい孤独死」は、そのもっともわかりやすい例だろう。

本書は、現代の医療システムへのアンチテーゼとして「孤独死なのにうらやましい」 といえる事例と、その理論的背景を集めたものである。 読みながら、あなたの「孤独死」観が変化し、親や親族の最期、さらには自らの最期 について考えるきっかけになれば、こんなに嬉しいことはない。

*   *   *

本書の刊行を記念し、3月3日19時から、著書『「健康」から生活をまもる』(生活の医療社)や朝日新聞アピタルの連載「ちょっと不健康でいこう」が話題のドクター・大脇幸志郎さんとのトークイベントをオンラインで開催します。詳細・お申込みは幻冬舎大学のお知らせからどうぞ。

 

関連書籍

森田洋之『日本の医療の不都合な真実 コロナ禍で見えた「世界最高レベルの医療」の裏側』

人口あたりの病床数は世界一、感染者も欧米よりはるかに少ない日本で、なぜ医療崩壊が起こるのか?

{ この記事をシェアする }

日本の医療の不都合な真実

世界一病床が多い日本で、なぜ病院がすぐパンクするのか?
コロナ禍で見えた「世界最高レベルの医療」の裏側。
人間を幸せにしない日本の医療の衝撃の実態が明らかに!

バックナンバー

森田洋之 医師・医療経済ジャーナリスト

1971年横浜生まれ。医師、南日本ヘルスリサーチラボ代表。鹿児島医療介護塾まちづくり部長、日本内科学会認定内科医、プライマリ・ケア指導医、元鹿児島県参与(地方創生担当)。一橋大学経済学部卒業後、宮崎医科大学医学部入学。宮崎県内で研修を修了し、2009年より北海道夕張市立診療所に勤務。同診療所所長を経て、鹿児島県で研究・執筆・診療を中心に活動。専門は在宅医療・地域医療・医療政策など。2020年、鹿児島県南九州市に、ひらやまのクリニックを開業。医療と介護の新たな連携スタイルを構築している。著書に『日本の医療の不都合な真実』(幻冬舎新書)、『破綻からの奇蹟』(南日本ヘルスリサーチラボ)、『医療経済の嘘』(ポプラ新書)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP