1. Home
  2. 生き方
  3. 中西哲生の買い物ワールドカップ4
  4. エアマックス95 ネオンイエロー

中西哲生の買い物ワールドカップ4

2021.02.22 更新 ツイート

エアマックス95 ネオンイエロー 中西哲生

更新日の今日は2月22日。ちなみに1か月は最大31日、年は最大12ヵ月。なんでゾロの目の日付って1か2しかない。だから、1月1日とか1月11日とか2月2日とか2月22日はちょっと特別な気分。あっ、11月1日と11月11日もそうか(笑)。先日ともだちから今年の2月9日は特別だと言われて妙に納得しました。

 

お肉好きのひとたちにとって毎月29日は肉の日なんで、焼肉屋さんからサービスや値下げがあったりして特別な日です。そこに更に特別感を増すのが1年に一度の11月29日、つまり“良い肉の日”なんですが、今年はもっと特別な肉の日があると聞かされました。それが先日の2月9日。令和3年2月9日は肉好きのひとには特別な日だったそうです。

というのも今年の2月9日は丑年(うしどし)の肉の日。つまり12年に一度しか訪れない、特別な牛肉な日なんだそうです。それを聞いて妙に納得。その日は久しぶりに美味しい牛肉を買ってきて、堪能させて頂きました。ただ自分の内臓事情を明かすと、自分の中で牛肉を食べるのは難易度が上がっていて、より融点の低い、つまり消化しやすい肉を選ぶ傾向にあります。

牛肉よりも豚肉、豚肉よりも鶏肉。さらにそれより融点が低いものだと鴨肉や羊肉、ラムやジンギスカンです。もちろん、それよりも魚の方が融点が低いですし、それによって内臓の消化にかかる負担もへらすことができます。

ここのところ、また緊急事態宣言でずっと家にいて自炊の機会が増えているんですが、そんな中で今、自分の中でもっとも熱いのが鶏肉。冬の間ずっと鍋に豚ばら肉の薄切りを入れてきた人間としては、豚肉よりも融点が低いですし、焼きにも煮込みにもチカラを発揮するので鶏肉をよく使っています。

で、ここからがやっと本題なんですが(笑)、先週金曜のラジオの生放送でカレー特集をするということで、僕が鶏肉のカレーを作って番組に持っていきました。これって、僕にとってはちょっとした事件で、というのも番組に手料理を持参して、スタッフさんと出演者さんに食べてもらうなんてことは今までは一度もなかったのです。自分ひとりで自炊して食べる分には何も気は使いませんが、誰かに食べて頂くとなると話は全く変わってきます。まずコロナ禍においての安全性と衛生的な問題。プラスアルファ、食べて頂くときに最適な温度で出せるかどうか。もう頭がショートしてパンクしそうになりました。

無事、食べてもらった方々には美味しいと言って頂きましたが、今回いかに誰かに美味しく食べて頂くことが難しいことなのかを実感しました。ということで僕は、飲食関係者の方々をさらにリスペクトするとともに、さらに応援していきたい気持ちを深めました。とにかく今はコロナが一刻も早く収束して、我々が普通に飲食店で食事が出来る状況になることを、心から祈るのみです。

まずは例年通りの春の訪れから。ベランダの花が咲きました。小さいけど綺麗です。

仕事で赤坂に行く機会があり、近くの日枝神社に久しぶりに行ってみました。ここも自分にとっては特別な神社のひとつ。

番組に作っていったカレー。カツオと昆布の出汁で玉ねぎとしめじと鶏もも肉を煮込みます。

ルーは自分の好きなジャワカレー。いつもは辛口ですが、今回はラジオのアシスタントの横山ルリカさんが、辛いのが苦手ということで中辛。プラス玉ねぎをしっかりと煮込むことで甘味を出しました。最後に酸味を加えるため、トマト缶かトマトケチャップを少し入れます。

関連書籍

中西哲生/戸塚啓『ベンゲル・ノート』

スポーツキャスターとして活躍する中西哲生は、名古屋グランパス選手時代に、ベンゲル監督のトレーニングメニュー、ミーティングでの発言などを一冊のノートにメモしていた。本書は、そのノートをもとに、世界的名将ベンゲルの理論、戦術のすべてを明らかにする。

{ この記事をシェアする }

コメント

ぎんじのじんぎ  エアマックス95 ネオンイエロー|中西哲生の買い物ワールドカップ4|中西哲生 - 幻冬舎plus https://t.co/NCLiYaPHHB 7日前 replyretweetfavorite

中西哲生の買い物ワールドカップ4

スポーツジャーナリスト中西哲生の、2000年から続く大人気お買いものリスト連載。

バックナンバー

中西哲生 スポーツジャーナリスト

1969年9月8日、愛知県名古屋市生まれ。現役時代は名古屋グランパス、川崎フロンターレでプレー。名古屋では1996年天皇杯優勝、川崎では1999年キャプテンとしてJ2優勝、J1昇格に貢献し、2000年に引退。現在は(公財)日本サッカー協会参与、川崎フロンターレクラブ特命大使、出雲観光大使などを務める。著書には『魂の叫び』、『ベンゲル・ノート』(幻冬舎)、『日本代表がW杯で優勝する日』(朝日新書)などがある。 TBS『サンデーモーニング』、テレビ朝日『Get Sports』でコメンテーター、またTOKYO FMで毎週金曜日15:00~16:55『TOKYO TEPPAN FRIDAY』のメインパーソナリティを務める。現在は永里優季選手(シカゴレッドスター)、久保建英選手(ビジャレアル)、中井卓大選手(レアル・マドリード)、斉藤光毅選手(横浜FC)など、パーソナルコーチとして現役プロサッカー選手を指導している。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP