1. Home
  2. 暮らし術
  3. 美人は「習慣」で作られる。
  4. 頭皮からデコルテまでが「顔」だと考える…...

美人は「習慣」で作られる。

2021.04.27 更新 ツイート

頭皮からデコルテまでが「顔」だと考える…美人はここのケアを怠らない! ワタナベ薫

新型コロナの影響で、「ステイホーム」が当たり前になった昨今。誰にも見られないからといって、自分磨きを怠っていませんか? ドキッとした方は要注意! なぜなら美人は、毎日の「習慣」によってつくられるからです。人気メンタルコーチ、ワタナベ薫さんの『美人は「習慣」で作られる。』は、愛され続ける女性になるための「習慣」が盛りだくさんの一冊。いくつかご紹介しますので、ぜひ今日から取り入れてみてください!

※この本は2014年7月に刊行されたものです。

*   *   *

頭皮マッサージでリフトアップ

お顔はせっせとお手入れしても、首、デコルテ、そして、お顔と一枚の皮でつながっている頭皮に手をかけている女性は少ないもの。でも、それは大きな間違い。

(写真:iStock.com/kazuma seki)

今日から頭のてっぺんの皮膚からデコルテまでが「顔」だと思うことにしましょう。

あなたはお顔以外のそれらの部分のケアは何か行なっていますか? 今から行なうことで、どうしようもなく深くシワが刻み込まれて手遅れになってしまうのを避けることができます。それではまず、頭皮からいってみましょう。

お顔に触らずしてリフトアップする方法が頭皮マッサージです。そして、頭にはたくさんのツボがありますから、そこを気持ちよく刺激してあげるだけで、お顔のたるみが改善されます。

お顔のセルフマッサージは、ちゃんとした知識と技術がない人がやってしまうと逆にシワなどを作る原因になるので、自分ではしないほうがいいとされています。しかし、頭皮なら自己流で行なっても気持ちがよければ、ほとんどの場合お顔がリフトアップするので安心です。

ある日の、美容院。いつもと違う人が髪を洗ってくれました。「なんじゃこりゃ~」というくらい気持ちのいい洗髪。鏡を見てなるほどと思いました。顔がリフトアップしていたのです。正しく頭を洗っているだけで顔も引き締まることがわかった経験でした。

ある美のカリスマの方も朝晩50回ずつブラッシングをしていて、頭皮ケアも普段の美容の一環であることを著書でおっしゃっていました。それを読んでから、私自身も頭皮ケアには気を遣うようになりました。

首のケアは顔より大事!

あくまで私が行なっている頭皮ケアですが、このようなことを習慣にしています。

(写真:iStock.com/Biserka Stojanovic)

(1) シャンプー前にブラッシング

(2) シャンプー時には、頭皮マッサージに加えて毛穴まで洗えて血行をよくするソフトマッサージャーを使う

(3) バスタイムに指で頭皮と頭蓋骨を動かすようにマッサージ

(4) シャンプー後、頭皮ヘアエッセンスをつけ、ブラシでのマッサージ

(5) 気が向いたときはいつでも、電動の頭皮マッサージャーやお顔用のコロコロで頭皮もマッサージ

そしてさらにお顔のひとつとして考えていただきたい部位、首とデコルテのケア。正直言って、お顔より気を遣ってほしいのが首。別の項目でも首のシワについて取り上げますが、ここではまず、お顔と同じケアをしてください、ということをおすすめします。

どんなに顔にハリがあってもシワがくっきり刻まれていたり、細かい縦ジワが入ってしょぼしょぼしている首だと、台無しです。若いうちからしっかりケアをしましょう。

お顔には化粧水、乳液、クリームという基礎をしますが、それの延長として、首、そしてデコルテにも同じく化粧水、乳液、クリームを優しくマッサージしながらケアしてください。特に左の鎖骨の上のくぼみには、「鎖骨リンパ節」というところがあり、そこはリンパ節の最終的な出口、といわれています。ここが詰まっていたら全部が滞るので、デコルテケアのときはそこも優しくマッサージしてあげてください。

それを続けていきますと、綺麗に鎖骨が現れてきます。美しい鎖骨は、アクセサリーに勝る素敵な部分です。しかしながら、ケアを怠ると、鎖骨も埋もれてしまうことがあります。ちょっと私の経験を。

私は、若い頃、クッキリとした鎖骨が自慢でした。多少太っても華奢に見えますし、ネックレスなども映えますのでお気に入りの部位でした。ところが、鎖骨が見えなくなった時期があったのです。太ったわけでもないのに! いろいろ調べてわかったことは、結局リンパの流れが滞っていた、ということ。流れが悪くなるとその付近に贅肉もつきやすくなり、鎖骨が埋もれてしまうのです。

ですから、鎖骨が埋もれた方は、湯船にでも浸かっているときに、鎖骨の位置を確認して、その骨の付近を「鎖骨よ、出てこーい」と念じながら丁寧にマッサージしてみましょう。特に、バストの上をグリグリと気持ちいい強さでマッサージするといいでしょう。

いかがでしょうか? 結構やることが盛りだくさん、という感じかもしれませんが、習慣にしてしまえば楽なものです。頭皮からデコルテまでがお顔であるという認識、忘れないでくださいね。

{ この記事をシェアする }

美人は「習慣」で作られる。

新型コロナの影響で、「ステイホーム」が当たり前になった昨今。誰にも見られないからといって、自分磨きを怠っていませんか? ドキッとした方は要注意! なぜなら美人は、毎日の「習慣」によってつくられるからです。人気メンタルコーチ、ワタナベ薫さんの『美人は「習慣」で作られる。』は、愛され続ける女性になるための「習慣」が盛りだくさんの一冊。特別にいくつかご紹介しますので、ぜひ今日から取り入れてみてください!

バックナンバー

ワタナベ薫

1967年生まれ。仙台在住。メンタルコーチ、作家、ブロガー。株式会社WJプロダクツ代表取締役。美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内面と外面の両方から綺麗になる方法を、独自の目線で分析して配信している。著書に『美人は「習慣」で作られる。』(小社)、『生きるのがラクになるネガティブとの付き合い方』(マガジンハウス)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP