1. Home
  2. 生き方
  3. 自分のことは話すな
  4. 「質問」ひとつで人間関係が好転!「出身地...

自分のことは話すな

2021.01.09 更新 ツイート

「質問」ひとつで人間関係が好転!「出身地」を聞いたらこんなふうに深堀りせよ 吉原珠央

巷の「話し方」の本には一番大切なことが抜けている。それは、会話では「自分のこと」ではなく「相手のこと」を話すということ……。イメージコンサルタントの吉原珠央さんは、「自分の話をやめる」だけで、仕事も人間関係もみるみる好転すると断言。そう言い切れる根拠と、使えるノウハウを凝縮した一冊が、著書『自分のことは話すな』です。会話に苦手意識を持っている人なら必読の本書より、ぜひ試していただきたいポイントをいくつかご紹介します。

*   *   *

こんな質問していませんか?

人と会うたび、「とりあえず天気の話をしよう」「手始めに雑談でもしよう」などと自動的に考えてしまう人がいます。

(写真:iStock.com/takasuu)

そういう人は、同時に、どうでもよい雑談に相手を付き合わせ、相手の真意を何も引き出せないオチのない会話が続く状況に危機感を持たない人ともいえます。

あなたには仕事や人間関係で、どうしても手に入れたいものがあるとしましょう。

もし、そうであるならば、「話が軽い人」「内容が浅い人」などという印象を相手に与えてしまっていないかどうか、常にふり返り、「相手を大事に思う一言」を心がけることを徹底してみましょう

初対面の人や出会ってから間もない人と話すとき、相手に出身地を聞いたり、聞かれたりすることがありませんか?

ところが実際には、出身地を聞いたり聞かれたりして、「へー」「ふーん」「あー、そうですか」という素っ気ない一言で終わってしまうことも多く、それは、とても失礼なことに違いありません。

出身地という大切な情報を軽く聞き流してしまうことなく、相手の情報や一言一言を丁寧に受け止めてこそ、あなた自身も、相手から大事にされるはずです。

私自身、出身地を聞かれた経験は何度もあります。

相手「吉原さんはどちらのご出身ですか?」

私「はい。私は埼玉県の川越です」

相手「へー」

私「学生時代はずっと川越の実家に住んでいたんです」

相手「ああ、そう」

という反応で終わる会話もありました。

まるで「とりあえず聞いてみるか」と、私に対して興味もないのに惰性で聞いてしまったかのようで、上から目線にも聞こえてしまいました。

「この人は何を知りたいのだろう?」「興味がないのなら最初から聞かなければいいのに」と、相手の質問に答えた自分に呆れるほどでした。

その地名を知らなくたって大丈夫

出身地というのは、誰にとっても世界でたった一つの特別で神聖な誕生のルーツとなる場所のはずです。ですから「出身地ネタは雑談として必須だから、とりあえず聞いてみよう」という考え方はなくしましょう。

(写真:iStock.com/Phawat Topaisan)

そして、仮に質問した相手の出身地名を知らなくても、気にしすぎることはありません。

話し手は、出身地の情報そのものよりも、あなたが「自分の話を丁寧に受け止めてくれる人」かどうかを判断しているにすぎませんから。

私たちは、相手から知らないことを聞いたときの反応の中で、自身の人柄や気持ちの余裕の有無などをさらけ出してしまっています。

例えば出身地についての質問をするときには、「知っている街」の場合と、「知らない街」の場合とで、どのような反応をするかのシミュレーションをしておくことです。

次は、私が相手に「出身は川越です」と答えたとして、相手が川越という街を知っていた場合の反応の事例です。

相手「川越といえば、『小江戸・川越』として人気ですよね。2年ほど前に電車で遊びに行ったことがあるんですよ。吉原さんは、きっとお詳しいのでしょうね。今度行ったときのために、おすすめの和食屋さんなどがありましたら、教えてもらってもよろしいですか?」

そして、自分が知らない情報に対しては、次のように反応します。

相手「川越でしたか。恥ずかしながら、地名を耳にしたことはあっても詳しくは存じ上げないのですが、都心からですと、どのような行き方がありますか?」

私「川越と聞くと、だいぶ遠いイメージがあるかもしれませんが、例えば池袋から東武東上線に乗れば急行で30分ほどなので都心からも近いんですよ」

相手「池袋から30分で行けるのですね! それは想像していたよりもすごく近いなあ。海外の観光客の人たちにも訪れやすそうなロケーションですね!」

いかがでしょう。

出身地のことを詳しく知らなくてもデメリットなどなく、むしろ「行き方」に興味を持っている姿勢で質問できれば、会話の雰囲気がプラスの印象へと繋がります。

関連書籍

吉原珠央『自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術』

巷の「話し方」の本には一番大切なことが抜けている。それは、会話では「自分のこと」ではなく「相手のこと」を話すということ。自分の話をやめるだけで、仕事も人間関係も俄然よくなると著者は断言。そこまで言い切れる根拠とは? 「相手は自分の話に興味を持っていない」「『自分をわかってほしい』と思うことほど傲慢なことはない」「『質問』にあなたの全てが表れる」「プライベートなことを聞かないほうが失礼である」等々、普通の人が気づけない会話の盲点を指摘。仕事や人間関係が面白いほどに好転し始める話し方を網羅した一冊。

{ この記事をシェアする }

自分のことは話すな

巷の「話し方」の本には一番大切なことが抜けている。それは、会話では「自分のこと」ではなく「相手のこと」を話すということ……。イメージコンサルタントの吉原珠央さんは、「自分の話をやめる」だけで、仕事も人間関係もみるみる好転すると断言。そう言い切れる根拠と、使えるノウハウを凝縮した一冊が、著書『自分のことは話すな』です。会話に苦手意識を持っている人なら必読の本書より、ぜひ試していただきたいポイントをいくつかご紹介します。

バックナンバー

吉原珠央

イメージコンサルタント。プレゼンテーション、コミュニケーションをメインにしたコンサルティングを行うほか、「体感して学ぶ」というオリジナルのメソッドで企業向け研修や講演活動を全国で実施。また「ストレスフリー」をコンセプトにした化粧品、ファッションアイテムなどを扱うブランド『PURA Tokyo』を立ち上げ、会社を経営。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP