1. Home
  2. 社会・教養
  3. 作詩入門
  4. 「友達じゃがまんできない」は夜の公園にい...

作詩入門

2020.10.24 更新 ツイート

「友達じゃがまんできない」は夜の公園にいた彼女のもの 前野健太

私に「シンガーソングライター」は似合わない

友達じゃかまんできない」という歌を書いたが、実は自分で書いていない。

モテキ」という映画と、「僕の好きな女の子」という映画で使ってもらったが、申し訳ない。作詩作曲とクレジットされているが、実は盗作だ。盗んだ作品だ。それはこの曲に限ったことではなく、自分の曲は盗作が多い。誰も気づかない。気づかれないからコソコソと続けてしまう。そうやって身につけた作詩術は、もういい加減解体しなきゃいけない。そして盗んだ相手に歌を還さなきゃいけない。いらない。そう言われるかもしれないが。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

作詩入門

街の詩情を歌い続ける、シンガーソングライターの前野健太による歌ができるまで。
どんなとき言葉は生まれてくるのか? 言葉はいつ歌になるのか?

バックナンバー

前野健太

シンガーソングライター、俳優。
1979年2月6日生まれ、埼玉県入間市出身。2007年『ロマンスカー』によりデビュー。ライヴ活動を精力的に行い、「FUJI ROCK FESTIVAL」「SUMMER SONIC」など音楽フェスへの出演を重ねる。俳優活動においては、主演映画『ライブテープ』が第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」作品賞を受賞。NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』他、TVドラマ、CM、映画、舞台に出演。エッセイ集『百年後』を刊行するなど、文筆活動にもファンが多く、他アーティストへの楽曲・歌詞提供も行う。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP