1. Home
  2. 読書
  3. いのちの停車場
  4. 寄り添わず、「人の間」の情動を描写する。...

いのちの停車場

2020.06.02 更新 ツイート

書評・市原真さん(医師)

寄り添わず、「人の間」の情動を描写する。 あきらめが悪く、愚直な、愛すべき誠意。 南杏子

発売即映画化が決定した、現役医師・南杏子さんの話題作『いのちの停車場』。”病理医ヤンデル”こと医師の市原真さんからの書評をお届けします。

*   *   *

この治療を施すと一定の確率で患者が良くなります。五年生存率は〇%です。飽きるほど目にしたフレーズたち。統計学と疫学に惑溺した私たち医療者は、数字に偏りがちなプロ意識を自戒する。「患者は数字ではない」。さあ、ナラティブを語ろう。アドバンス・ケア・プランニングを実施しよう。「向き合う」とか「寄り添う」という言葉を、これまで幾度となく書き記してきた。

本書の初校ゲラを読む前にそういうことを考えていた。意地の悪い先入観で恐縮だが、「どうせ本書もまた『寄り添う本』なんだろう」と思っていたからである。

日曜日。パジャマを脱ぎもせず、ソファであぐらに前傾姿勢の「縁側の将棋指しスタイル」で、私はさほど期待せずに、読み始めた。

ところがそこからまさかの一気読みであった。

脳に血が回ってしまい、すっかり手が冷たい。キータッチをしていても指先がおぼつかない。

寄り添うというのは独りよがりな言葉だ。一方的に距離を詰めるニュアンス。しかし本作には、この言葉が出てこない。医療モノとしては稀有であろう。代わりに用いられるのは、人と人との「間」に置かれる言葉ばかりである。

「そうやって忙しくして、夫の命が短いという現実を忘れようとしてるんじゃないかな」(p.202)

「もだえ苦しみ、自問自答し、泣きはらした末に気づくものだよ。」(p.261)

人間同士が互いの距離を測りながら暮らすとき、間にぼんやりと存在する感情のようなもの。手あかのついたフレーズをお許しいただくならば、「人間とは人の間と書く」。著者は、人間に浮き沈みする情動を、決して急がずに描写する。コピーライティングのような説明をしない。むりやり相手をうなずかせるような同意を求めない。一方的に向き合わない。自分勝手に寄り添わない。あきらめが悪く、愚直な、愛すべき誠意。

本作の中心舞台となる金沢市内には、犀川と浅野川という二つの河川が流れている。ザワザワと白い水しぶきを伴って流れる犀川と、ゆるやかで静謐な浅野川。主人公、白石咲和子は、還暦を越えた医療人生において立ち寄ってきたいくつもの情景を川に重ねる。救命救急センターの重役として長く勤務していた彼女の人生は、どちらかというと「犀川寄り」だったかもしれない。しかし医療の本丸は、「金沢城跡のあたり」にある。犀川と浅野川の間に挟まれた金沢の町並みを、咲和子たちが車や自転車で右往左往する姿が印象的だ。幾重にも重層化した医療界が、徒歩よりもうすこし急ぎ足のスピードで描かれる。

……本作をこのまま「なごみ系の医療モノ小説」として紹介して、皆さんを騙してもよかった。でも、ひとつの翼状針のことが気になっている。著者の筆力に導かれた読者にとってその針は決して抜けないものになるだろう。それでもなお、本作の問いに向き合い、咲和子に寄り添った先に、現代医療のナラティブが抱えた膿がにじみ出る。中空の針を伝わるようにして。

(「小説幻冬」2020年5月号より)

市原真 北海道大学医学部卒。札幌厚生病院病理─診断科医長。“病理医ヤンデル”として、SNSなどで発信している。著書に『どこからが病気なの?』など。

関連書籍

南杏子『いのちの停車場』

東京の救急救命センターで働いていた、62歳の医師・白石咲和子は、あることの責任をとって退職し、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療の医師になる。これまで「命を助ける」現場で戦ってきた咲和子にとって、「命を送る」現場は戸惑う事ばかり。咲和子はスタッフたちに支えられ、老老介護、半身麻痺のIT社長、6歳の小児癌の少女……様々な現場を経験し、学んでいく。家庭では、老いた父親が骨折の手術で入院し、誤嚥性肺炎、脳梗塞を経て、脳卒中後疼痛という激しい痛みに襲われ、「これ以上生きていたくない」と言うようになる。「積極的安楽死」という父の望みを叶えるべきなのか。咲和子は医師として、娘として、悩む。7万部突破『サイレント・ブレス 看取りのカルテ』、連続ドラマ化『ディア・ペイシェント 絆のカルテ』著者最新作。

{ この記事をシェアする }

いのちの停車場

バックナンバー

南杏子

1961年徳島県生まれ。日本女子大学卒。出版社勤務を経て、東海大学医学部に学士編入。卒業後、都内の大学病院老年内科などで勤務したのち、スイスへ転居。スイス医療福祉互助会顧問医などを勤める。帰国後、都内の終末期医療専門病院に内科医として勤務。本書がデビュー作。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP