1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い 5月20日~】...

ホロスコープ歳時記

2020.05.20 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い 5月20日~】「小満」の時期、おすすめの開運方法とは小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、「青山五行」の創始者である小池雅章先生が、5月20日から始まる小満の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

※連載特別企画として、小池先生による人生相談も受け付けております。詳しくはこちらからご応募ください。

*   *   *

論理的思考が高まる「双子座期間」

太陽が双子座に入ります。
これを東洋二十四節気では『小満』と称します。

双子座は能弁を表します。
知恵、知性の発達がその特徴で、論理的思考力は12星座中、1位2位を争うほどのものです。
論理的矛盾を瞬時に見分けますので、双子座の方に嘘をつくのは、なかなか難しいものがあります。

双子座の守護星は水星であり、“伝達”を司りますので能弁になります。
この期間、双子座以外の星座の方々にも影響がありますので、知的要素が非常に高まる時となります。

 

初候 5月20日~25日
蚕起きて 桑を食む (かいこおきて くわをはむ)

次候 5月26日~30日
紅花 栄う (べにばな さかう)

末候 5月31日~6月4日
麦秋 至る (むぎのとき いたる)

陽の気が強くなり、次第に万物の成長する気も長じて、天地に満ち始める時です

徐々に暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、紅花が盛んに咲き乱れます。

走り梅雨といった少しぐずついた日もあり、田植えを始める頃でもあります。

 

衣替えで、重苦しくなった運気の切り替えを

 

これまでは朝夕に多少の冷えは残っていましたが、さすがに6月1日の衣替えとなると、厚手の物はタンスにしまわれることになります。
この衣替えですが歴史は古く、平安時代に中国の風習を取り入れたものでありました。
これを『更衣』と呼びましたが、これは宮廷女官の職名でありました。

源氏物語で有名な、あの“桐壺更衣”がその一例であります。
それでは紛らわしいというので、衣替えと呼ぶようになったとの説があります。

そして室町、江戸と過ぎ、明治6年に太陽暦に改暦されると、明治政府は軍人や警察官の制服を6月1日に冬服から夏服へと衣替えすることにしました。

これが元になって、学校の制服や公務員の服装なども衣替えをするようになりました。

……

 

一つ脱いで 後に負ひぬ 衣がへ……松尾芭蕉/1688年作

僭越ながら、私訳ではありますが、

旅の空では着替えも持たぬ。
一枚脱いで、背負ってしまえば衣替え。

一枚脱ぐことだけで季節の変わり目を知るといった、まさに季節感の溢れる句であります。

さあ、夏の気が満ちて来ました。

着ているものと一緒に、暑苦しくなった余分な苦労や気持ちも脱ぎ捨てて、心身ともに衣替えとゆきましょう!

 

 

二十四節気星占いでみる、5月20日~の運勢

 

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

20日に太陽が双子座へ移動すると、あなたの運気は活気付いてゆきます。特に、人と接する機会が増えてきますので、コミュニケーション能力の進歩が期待できます。23日にはこの双子座で新月が形成されますので、何かのスキルの習得や勉強を始めるには、まさに絶好のチャンスとなります! やる気が起きない時は、何とか奮い立たせましょう。この期間、守護星・火星は魚座にあり、消極傾向にはありますが、それを承知した上で、学びを始めてみることが幸運に繋がることとなります。この時期のあなたの一番の武器は知性であります。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

あなたの考え方と、今置かれている立場が、なかなか噛み合わないようです。今まで強気でやってきたことに関しても、少しばかり迷いが生じ始めています。でもこれは、あなたにとって必要な見直しですから、色々な角度から課題に着目してみることです。あなたの評価は上々ではありますが、ご自身の考えとの間に齟齬が生じております。一旦、意見は保留して、情勢を静観することが一番の処世かも知れません。いつもは積極的なあなたも、たまには動かない練習と思い、じっと成り行きを見守ることに吉運が宿りそうです。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

20日、21日あたりから新たな考え方が芽生えてきます。今までとは異なった方向に舵を切って行くのかも知れません。23日に起こる双子座の新月では、今後のあなたの経済対策がクローズアップされます。ここで生まれたアイデアは、近未来に非常に有効なものであると思います。まずは安定した立場を確保することが金銭的な安定にも繋がって行きます。この時期から、あなたの社会的人間関係が急速に拡大して行くことになります。周囲とのコンセンサスを大事にして、協調体制を保ちながら進んで行ければ、それが幸運のベースとなってゆきます。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

あなたのお金に関する姿勢が大きく変化して行く時となります。それは、この期間だけではなく、少なくとも6月25日までは継続する暗示となります。今は、考え方を柔軟にして、臨機応変に対応することです。様々な見解が出現してくるなか、一番大切なことは、周囲の意見に惑わされないことです。人にはそれぞれ立場があり、立場が違えば考え方も異なるということを認識して、しっかりとご自身の信念を優先してゆくべき時です。基本的に幸運の流れにあることを信じて下さい。この幸運期は今年の12月くらいまでは続きます。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

20日、太陽があなたの許に戻ってまいります。活力がみなぎって行く期間となります。この太陽は、水瓶座にある土星と良き角度を形成しますので、普段は少しばかりせっかちなあなたに、落ち着きを与えてくれる事になります。そして、周囲がそれを認め、多くの事を依頼してくるかもしれませんが、それらを全て背負うとなると、非常に多くの仕事量となってしまいます。ハッキリと断るべきものは断って正解です。“即断”は、いつものあなたの得意技ですが、今は熟考の末に決断する姿勢をとることが幸運を呼ぶようです。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

この期間、守護星・水星が、あなたにとって絶好のポイントである双子座後半を進みますので、基調には幸運が流れています。まずは頭脳の冴えが素晴らしいので、企画やビジョンの創生に関し、多くのメリットが生じるはずです。あなたの能力が最大限に伸びる時であります。しかしながら一方では、金星は双子座後半を逆行しています。これはプライベートな問題や恋愛に関しての迷いが生じることを暗示するものです。表向きは順風満帆、心の中では葛藤が渦巻いている、そんな矛盾した状態です。個人的問題の解決を急がないことが最大の策であります。今は静観しましょう。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

20日と21日は、突然、人間関係が広がってゆくような暗示があります。そして23日の双子座の新月では、あなたの心の中に何らかの秘密を生じさせそうです。これは希望なのかも知れませんが、どちらにせよ口外はしない方が得策であります。ここで芽生えたものは永続性がありますので、大事に育てて行く必要がある為であります。また、これとは別に、魚座に入った火星の影響で、あなたの心は非常にロマンチックに傾きやすくなっていて、ちょっとしたことで恋心が刺激されてしまいます。前述の”秘密”の要素が絡み合って、恋の季節となるかも知れませんね。

 

蟹座後半生まれ =小暑生まれ

対人関係とかパートナーシップの見直しの時といえます。これはあなたの相棒を表す座である山羊座にて、木星と冥王星が並んで逆行しているからであります。これは少なくとも9月中旬まで続きますが、決して凶の暗示ではありません。それどころか、その後の進展の素晴らしさを予感させるもので、ここでの逡巡や見直しは必須事項なのであります。魚座にある海王星も、あなたの恋愛運を上昇させております。見直しや点検というと、悪いことを是正するかのようですが、素晴らしさを再認識するという意味も含まれます。結果的に、より良き状態になるのです。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

20日に守護星・太陽が双子座に入りますと、あなたの人間関係が広がり、付き合いも盛んになってまいります。23日に起こる双子座の新月は、更にその暗示を増幅させ、新たな人との交流が開始されて行きます。また、この太陽は水瓶座の土星と好角度でありますので、永続性のある付き合いとなるでしょう。ここではフランクな態度が有効です。もともと威厳のあるあなたが、更に尊大な態度をとってしまうと周囲は萎縮してしまいます。笑顔を絶やさず、多くの会話を持つことが良き人間関係の基盤となるのは万国共通のこと。当然、あなたも同様なのです。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

仕事環境の見直しが迫られております。あなたにとっての仕事の座である山羊座にて、木星と冥王星が並んで逆行に入りました。今までの仕事の仕組みを、根底から変えて行く作業が必須となってきます。近い将来、ここでの努力がしっかりとした形となって現れますので、心配はご無用です。他人の協力は当てにせずに、ご自身で奮闘なさる方がよろしいと思います。もちろん、その過程で付き合う人々も移り変わって行きますが、これも必要な変化なのであります。ここでの決断は正解であります。双子座を進む水星が、それを暗示しています。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

20日に太陽が双子座に入りますと、あなたの存在感が大きくなってゆきます。そして23日に形成される双子座の新月では、新たなステータスが誕生しそうです。この期間は、仕事や公的な場所において、あなたの能力が際立つようになります。それゆえ、重責を負ったり、期待をかけられたりと大変ですが、全てをこなせる力もありますから大丈夫。ここは、果敢な挑戦こそ吉となりますから気合いを入れましょう。更に良き評価を得たあとは、次なるステップへと進んで行くことになるでしょう。とても発展できる期間となりますので、最大の努力を!

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

今、あなたにとって恋愛を表す星座・山羊座にて、木星と冥王星が並んで逆行しています。これは恋愛の見直しが始まるということを告げています。恋愛のみならず、あなたの好み全般に大きな変化が生じて行くことになります。この暗示は、9月前半くらいまでの長い期間、続くこととなります。ここでどのような変化が生じても、それはあなたにとっては大きなメリットとなりますから、決して変化を恐れず、その潮流に乗ってしまうことが大切です。あなたのことを本当に理解してくれる方と一緒に、心から人生を楽しみ、歩んで行く為には必要な変容なのであります。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

20日に太陽が双子座に入ると、あなたの運気は高揚するようになります。この太陽と水瓶座の土星が、天秤座と非常に良きバランスをとりますので、好運気に安定感が出てくるのです。特に、23日に双子座で起こる新月が、”何かをスタートさせること”を歓待しますので、新たな挑戦にはもってこいの時となるのです。 魚座に入った火星の影響もあって、さすがのあなたでも、どんどん行動せざるを得ない状況になります。もちろん、これは幸運に繋がります。まずは目の前の仕事を精一杯こなし、次なるステップを目指せる環境を整えておくことが良き運を招き寄せます。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

この期間中、守護星・金星は双子座の後半度数で逆行しています。これはあなたの自信の復活へと繋がります。逆行が終わるのは6月25日ですから、それまでに仕事でも恋愛でも数多くの悩みが生じるでしょうが、この逆行終了時がV字回復への折り返し地点となります。この間の試行錯誤は決して無駄にはなりませんから、胸を張って迷うことです! 山羊座の木星と冥王星の逆行も、あなたの立場というものを再認識させてくれるようです。自分の置かれた立場を明確にしてこそ、発展の可能性が高まります。ためらいもトライ&エラーも、大歓迎すべき時なのであります。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

魚座に入った火星が、あなたのロマンチックな恋心を刺激します。恋の季節が訪れたようです。突然のめぐり逢いの可能性が高まる時となります。そして、その恋はフィジカルなものへと発展しやすくなります。20日に双子座に入った太陽がその暗示を強めるからです。23日の新月こそ、何か新たなステージの幕が上がって行く時となります。ここで発生した事象は永続性を持ちますので、恋にせよ仕事にせよ、大事に育んでゆくことをお勧めいたします。いずれ、それを周囲が認めてくれて、あなたに力を貸してくれる事ことにもなるからです。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

新たな論理性や価値観を模索する時であります。守護星・冥王星は、木星と並んで山羊座を逆行中であります。これはあなたのコミュニケーション形態の見直しという暗示となります。今までとは異なったやり方をしてみたり、別の価値観を持つことによって、見えてくるものも違ってくるようです。これは恋愛にもいえることです。何となくぼやけた関係にも輪郭をつけてゆく時のようです。物事を物理的に、というか感傷的にならずに、ありのまま見る姿勢が求められる時なのです。これこそ、あなたの今後の人生に有用なアイテムとなるはずです。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

20日に太陽が双子座に入ると、俄然、人間関係が盛んになって行きます。特に23日の双子座の新月が契機となり、新たな相棒やパートナーシップの形成がなされてゆく暗示が強まります。なかでも、仕事関係でのパートナー的な方との縁が生じそうです。もちろん、旧来の関係の深化も表します。この暗示は長期に亘る可能性がありますので、大事に育んで行きましょう。一方、他の人間関係との摩擦もありそうですが、ここは仕事関係を最優先すると”吉”でしょう。あなたはここから色々な刺激を受け、成長してゆかれるはずです。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

対人関係の座である双子座の後半度数にて金星が逆行しております。これは、あなたのパートナーシップが揺らいでいることを暗示しています。恋愛にしても配偶者にしても、または仕事の相棒にしても、何となく関係がギクシャクしているのは致し方ないことです。これは、近未来のより良い関係構築の為の逡巡でありますから、ご心配なく! すぐに正常に戻ります。そして、あなたの経済の座・山羊座にある守護星・木星が逆行を始めました。これは経済施策の見直しを告げています。まさに今、時世に即応した変革が求められているのです。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

新たな任務があなたに課せられます。20日に太陽が双子座に入ります。ここはあなたにとっては仕事ややるべきことを暗示する場所であります。23日にここで新月が形成されますと、新しい仕事の出現や、日常的になすべき義務のようなものが生まれることを告げています。これはあなたが必要とされるからであって、嬉しいことなのであります。もちろん、今のあなたには、それらを遂行できる能力も充分に与えられておりますので、積極的に向き合って行けば、なおさら”吉”となります。そして、新たなスキルもここから習得して行けるチャンスとなるのです。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

今、山羊座の後半域では、木星と冥王星が並んで逆行しています。これは、あなたの指針の見直しという暗示となりますので、今後の方向性を再検討して行く時となります。これまで積み重ねてきたことには執着もあるとは思いますが、それに拘っていては進歩の度合いが鈍ってしまいます。この時世に対応する為の転換は、多少なりとも必要であります。ここで逡巡したとしても、7月には大きな進展が約束されておりますので、近未来を見据えた方策を探す時なのです。これまで疑問を感じなかったことについて、じっくり見つめ直してみることが有効な時であります。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

20日に太陽が双子座に入ると、あなたの自由な精神が喜びます。23日の双子座の新月は、新たな興味の対象が出現してくる起点となるようです。ここで取り組み始めたものは永続性を持つ可能性がありますので、大事に育ててゆくことをお勧めいたします。一方で魚座の火星が、あなたの財布の紐を緩めっ放しにしているようです。今よく聞かれる不要不急、出費についても避けるのが賢明だとは思いますが、あなたの場合は特別に、その浪費がストレス解消に役立ちそうなので、心が軽くなるのであれば、それもまた良い方法なのかも知れませんね。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

今まで楽しいと思われたことに、少し疑問が湧いてくるような時であります。これは双子座を逆行している金星の影響であります。これまで、あなたが好きだと感じていたこと、美学としていたことに疑問符が投げかけられることを暗示しています。現実への影響はそれほどではありませんが、あなたの価値観は変容を促されます。ここでちょっと変わっておくと、これからの人生が歩みやすくなるようです。この期間、あなたの知性の冴えは抜群です。透徹した目をお持ちの今、物事の本質に迫れる時でもあります。頭を柔軟にしてゆきましょう。

 

魚座前半生まれ =雨水生まれ

視点が家庭や家族に移る時です。20日、太陽があなたにとっては居場所を表す双子座に入ります。23日にはここで新月も形成されますので、あなたの目は、ますます内へ内へと向けられることになります。しかしながら、魚座前半を進む火星が、あなたに行動力をも与えておりますので、外へと向かう気持ちとの葛藤も生じそうな時であります。でも今は、ご自身の拠点である足元のチェックに比重を置くべきです。なぜならば、あなたの気持ちが安定し、今後の発展の為になるからです。居心地の良い”ホーム”を作り、そこで英気を養っておくことが幸運の鍵です。

 

魚座後半生まれ=啓蟄生まれ

人間関係の見直しの時となります。特に仕事関係では多くの取捨選択をすることになりそうです。時世の動きに合わせて行くことも重要な処世なのです。現在、金星が双子座内で逆行しているので、あなたの人間関係は少しばかりスッキリしない状況にあります。こんな時こそ優先順位を考えてみましょう。これは他人に対する断捨離を心の中で行うようなものです。ここで大切なことは、論理よりも感情を重んじるということです。プレッシャーを感じる方々から精神的に距離を置き、気持ちに新しい風を吹き込んでから仕事に取り掛かりましょう。

 

 

 

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、gplus@gentosha.co.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。
 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP