1. Home
  2. 社会・教養
  3. 日本人が知らない『あぶない英語』
  4. 漏れそうなとき、英語でなんと言えばいい?

日本人が知らない『あぶない英語』

2020.04.14 更新 ツイート

漏れそうなとき、英語でなんと言えばいい?岩田雅彦

漏れそうなとき、英語でなんと言えばいい?

「トイレに行きたい」という言葉も、余裕があるときと、今にも漏れそうなときとでは当然、異なってきます。余裕がない状況で、今すぐにもトイレに行きたいことを伝えたい場合、以下の表現があります。

•おしっこの場合
I’m gonna pee in my pants.
(パンツにおしっこ漏れそう)
I wanna pee really bad.(マジでおしっこしたい)
My bladde’r s gonna explode.(膀胱が爆発しそう)
I might wet the floor.(床が濡れるかも)

•うんこの場合
I’m gonna shit myself.
(うんこが漏れそう)

実際には、品のある大人はたとえ漏れそうであってもそれを表現することはありません。ですから、漏れそうと伝える表現は総じて品格がない、または中立よりやや下品な表現といえるでしょう。しかし、現実には品がどうのこうのとはいっていられない状況もあります。「とりあえず何でもいいからトイレに行かせてくれ!」と伝えるには、どう表現したらいいでしょう。

I really really really need to go to the restroom.

Really の回数を増やせば増やすほど、深刻さが伝わります。

「いや、もうそんなこともいっていられない!」「緊急時にそんな言葉が出るわけがないだろ!」という方はこのひと言。お尻や股間をおさえながら、

Emergency!(緊急事態)

と叫べばいいでしょう。救急車を呼ばれないよう、お尻や股間をおさえるところがみそです。緊急事態には違いありませんが、救急車は不要なわけですから勘違いされないようにしてください。ちなみに、トイレに行きたい、かしてくれ、どこにあるんだ、という意図を、品格のない表現にするとどうなるでしょうか。例文を挙げてみましょう。

Hey, where is the fucking toilet?(おい、便所はどこだ?)
Where can I shit, man?(どこでうんこできんだよ?)

しかし、こんなふうにいわれたら、相手はどう思うでしょう。どんなに切迫した状況であっても(漏れそうであっても)、無視されるか、喧嘩になってしまうでしょう。トイレに行きたいという目的を阻むだけです。発言者自身にとって何らメリットがありません。それどころか、筆者は恐ろしくてとてもこんな表現を使う気にはなれません。皆さんも使ってはいけません。

(写真:iStock.com/bee32)

トイレから戻ってきたところで、ユーモアのある一言

さて、あなたが「Emergency!」(緊急事態)と叫んでトイレに駆け込んだ後、あなたが、トイレから戻ってきたとします。すると当然、周囲の人は結果としてどうだったのか(間に合ったのか、漏らしたのか)、気になるところでしょう。そこで、

That was close.(ギリギリだった)
I almost had an accident.(事故寸前だった)

などといえば笑いを取れるかもしれません。少し汚いですが、

I had a small accident.(小さな事故があった)

といえば少し漏らしたことになり、

I did a poo in my pants.(うんちを漏らした)

といえばそれなりの量を漏らしたことになり、コメディ映画では笑いどころとなります。

関連キーワード

関連書籍

岩田雅彦『あぶない英語』

Fuckは日常英会話のなかで最頻出ワードなのに、学校では絶対に教えてくれない英語の代表格だ。適切に使えば場が和み相手との距離も縮まるが、むやみに使えば命の危険すらある。英語には使い方を間違えると酷い誤解や怒りを招き、たったひと言で人生を棒に振りかねない表現が数多くあるのだ。ではどんな言葉がパワハラ、セクハラと認識され、差別的だと大問題になるのか。「あぶない英語」を学ぶことで危機管理を徹底し、その背景にある英語圏の文化をも学ぶ、未だかつてない英語と英会話の教養書。

{ この記事をシェアする }

日本人が知らない『あぶない英語』

バックナンバー

岩田雅彦

 

1972年静岡県生まれ。大阪府立大学非常勤講師、近畿大学非常勤講師として英語を教える。英検1級。大学で採用される一般教養英語教科書の常連執筆者。イギリスの大学院と大阪大学大学院医学系研究科(単位取得満期退学)で公衆衛生学を学ぶ。その後は医療関連の会社、およびIT関連の会社を経営。著書に『ネットで儲ける! 輸出ビジネス』(すばる舎)、『海外投資&海外オークションの英語』(明日香出版社)、『医学部入試英語の戦略的勉強法』(エール出版社)がある。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP