1. Home
  2. お知らせ
  3. 映画&ドラマ同時映像化!「太陽は動かない」
  4. 主題歌はKing Gnu「泡」に決定、さ...

映画&ドラマ同時映像化!「太陽は動かない」

2020.03.28 更新 ツイート

主題歌はKing Gnu「泡」に決定、さらに1分30秒の最新予告公開! 幻冬舎編集部

5月15日の公開を前に大きな話題となっている、藤原竜也さんと竹内涼真さんがバディを組んだ「太陽は動かない」。

映画と連続ドラマを同時公開する超巨大映像化プロジェクトですが、この主題歌として、いま実力、人気ともにNo1の地位を不動のものにしつつあるKing Gnuが新曲を制作・提供したことが発表されました。

タイトルは「泡(あぶく」。

この新曲の一部は、主題歌発表と同時に公開された1分30秒の最新予告ムービーで聴くことができます。

この発表にともない、King Gnuメンバーの常田大希さんは、以下のようにコメントを寄せています。

《常田大希さん コメント》
生まれや育ちは選べない
皆それぞれ与えられた運命に
翻弄されながら足掻き抗い生きている

この映画の世界や人々は
果たして我々と無関係なのだろうか

運命の不条理さと
それでも生きることの尊さを
再確認できました

泡のような
儚いこの世界に乾杯

 

このムービーを観ながら、映画公開とドラマ放送を楽しみにお待ちください。

 

関連書籍

吉田修一『太陽は動かない』

新油田開発利権争いの渦中で起きた射殺事件。産業スパイ組織AN通信の鷹野一彦(たかのかずひこ)は、部下の田岡と共にその背後関係を探っていた。目的は、機密情報をいち早く入手し、高値で売り飛ばすこと。商売敵のデイビッドと謎の美女AYAKOが暗躍し、ウイグル過激派による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された。謀略、疑念、野心、裏切り、そして迫るタイムリミット……。それぞれの思惑が水面下で絡み合う、息詰まる情報戦の末に、巨万の富を得るのは誰か?

吉田修一『森は知っている』

南の島で知子こばあさんと暮らす十七歳の鷹野一彦。体育祭に興じ、初恋に胸を高鳴らせるような普通の高校生活だが、その裏では某諜報機関の過酷な訓練を受けている。ある日、同じ境遇の親友・柳が一通の手紙を残して姿を消した。逃亡、裏切り、それとも――!?その行方を案じながらも、鷹野は訓練の最終テストとなる初ミッションに挑むが……。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP