1. Home
  2. お知らせ
  3. 新刊情報
  4. 4月の単行本新刊。

新刊情報

2020.03.25 更新 ツイート

4月の単行本新刊。幻冬舎編集部

僕が手にいれた発達障害という止まり木』 柳家花緑 4月8日発売予定 定価(本体1200円+税)

「人間は一人ひとり性格も個性も違うからこそ、世の中おもしろいし、豊かになる」
ディスレクシア(識字障害)を公表した落語家が、多くの人に発達障害について知ってもらうべく筆を執った一冊。

【目次】
第1章 ひょんなことから識字障害に気づく
●最初は受け入れられなかった識字障害の疑い
●疲れやすいのにも理由がある
●先生、発達障害について教えてください 岩波明(昭和大学附属烏山病院長)×柳家花緑 ほか

第2章 得意なことを、ちょっとずつ伸ばしていく
●“落ち着きのなさ”で目立っていた
●「読めない」「書けない」から、授業についていけない
●お母さん、僕を育てるのは大変でしたか? 小林喜美子(柳家花緑の母×柳家花緑) ほか

第3章 苦手なことは、自分なりに工夫する
●場が読めなくて問題発生
●専門機関で診断を受けるのが大事
●発達障害は、人によってここまで違う 柳家花緑×柳家花飛 ほか

第4章 今、僕が思うこと
●二次障害について理解してほしい
●洒落がわかるとラクになる
●家族の理解と支えあってこそ 柳家花緑×小林(花緑・妻)×西澤(花飛・妻) ほか

知識ゼロからの外国人雇用』 竹内幸一 4月8日発売予定 定価(本体1300円+税)

外国人雇用にチャレンジできるかどうかが、中小企業の生き残りを左右する。
雇用時に押さえておくべき知識を、雇用者(企業)側の目線で解説。
世界で生き残れる企業に変わるためのマインドやルールを紹介。

【目次】
雇用者がおさえておくべき在留資格の基礎知識

PART1 外国人雇用のメリットを理解し、成長企業に改革
●クリアすべき課題……言語や商習慣の違い、偏見を乗り越えることが重要
●特定活動46号……国内四大卒なら日本の新卒生と同じ採用活動で雇うことができる ほか

PART2 書類・面接で能力を見抜き、即戦力となる外国人材を見抜く
●採用フロー……年齢制限を緩め、通年採用にすると集まりやすい
●各種選考……面接でコミュニケーション能力と、日本語能力の伸びしろ、順応性をチェックする ほか

PART3 法的問題をクリアし、トラブルなく外国人を採用する
●就労ビザの申請……転職採用の場合、届け出のみのことも。在留外国人は申請手続きがラク
●ハローワークへの届出……雇入れの際にハローワークに届け出ないと30万円以下の罰金 ほか

PART4 外国人の実力を引き出し、会社に定着させる
●上手な指示の出し方……婉曲表現は避け、すべての指示に理由を添える
●上手な叱り方……人前では絶対に叱らない。「すみません=謝罪」ではないことを教える ほか

藤原竜也&竹内涼真「太陽は動かない」写真集』 4月16日発売予定 定価(本体1800円+税)

映画×連続ドラマの巨大映像化プロジェクト「太陽は動かない」、
国境を越えた撮影現場に密着した秘蔵カット満載の写真集!

藤原竜也さんと竹内涼真さんが初共演し、本格アクションに挑んだことで大きな話題になっている超巨大映像化プロジェクト「太陽は動かない」。
心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫る秘密組織「AN通信」のエージェントたちの活躍を壮大なスケールで描いたノンストップ・サスペンスが、映画と連続ドラマになって、ついに5月に公開&放送されます。

2019年4月から8月までブルガリアを始め国境を越えて行われたその撮影現場にカメラが密着し、藤原竜也さんと竹内涼真さんが多彩なアクションに挑む姿や、撮影の合間に見せる素の笑顔など、約5万枚の写真から厳選した秘蔵カット満載の写真集になりました。
他の共演者は写っておらず、全128ページが藤原竜也さんと竹内涼真さんの二人で埋め尽くされている構成になります。
過酷なアクションに臨むために徹底的に鍛え上げられた二人の肉体や、本作でしか見られない撮影の舞台裏も必見です。

最後の直弟子が語る 芦原英幸との八年間』 原田寛 4月16日発売予定 定価(本体1600円+税)

ALS(筋萎縮性側索硬化症)発症――。
”ケンカ十段”芦原英幸はいかにしてその人生をまっとうしたのか。
「壮絶」の一語に尽きる真実が明らかになる!

伝説の空手家・芦原英幸の死から25年。
側近中の側近が、ついに沈黙を破る――。
直弟子だから知っている人間・芦原英幸の真実!

・天才空手家・芦原英幸の光と影
・師匠・大山倍達への愛憎渦巻く思い
・二宮城光師範との涙の別れ
・知られざる闘病生活の実態
・芦原会館の跡目問題
・葬儀の際の貫禄の立ち居振る舞い 石井和義
・芦原英幸暗殺未遂事件の真相 ……など

子供がずっと欲しかった 事実婚妻が体験した妊娠・出産のこと、全部。』はあちゅう 4月16日発売予定 定価(本体1300円+税)

ブロガーの妻、AV男優の夫(子持ち・離婚歴あり)。事実婚のまま、家族を作るのだ――。
周囲の反対、数々の葛藤を乗り越えて見えた、人生の優先順位。
SNSでは見えない、本当の気持ち。

2018年、現役AV男優のしみけん氏と事実婚を発表。2019年に第一子誕生。AV男優の彼を好きになって変えた価値観、妊活をリアルタイムで発信することの難しさ、待ち望んだ陽性反応への戸惑い、妊娠後、どんどん少なくなる仕事への不安……。それでも、他人の目を気にするより、自分の人生は自分で進めるしかない。「人生全部コンテンツ」をモットーに掲げ、実践する、その新しい生きざまを赤裸々に綴る。

ウイルスもガンもよせつけない野菜スープの力』 前田浩 4月16日発売予定 定価(本体1200円+税)

病気予防に効果的な野菜スープ。
そのレシピから、ウイルス・ガンはもちろん、現代社会が抱える問題まで徹底解説!
抗がん剤の世界的研究者による、健康になるための一冊。

【目次】
第1章 ガン・ウイルス感染は野菜スープで予防する
●コロナウイルスが世界中に拡がった訳
●ガン患者さんも野菜スープで延命 ほか

第2章 健康調理法 野菜は生より煮て食べる
●おいしい野菜スープ・加熱料理で身を守る
●ブロッコリーはゆで汁も使う ほか

第3章 ヒトはなぜガンやウイルスで病気になるのか
●アスピリンやバファリンなどの抗炎症剤がガンを予防していた
●ビタミンCもカロテンも摂りすぎるとむしろ弊害がある ほか

第4章 食べることが健康長寿の源
●お茶は心臓血管障害にもいい
●心臓病の予防には野菜・果物・赤ワイン ほか

第5章 現代社会が抱える問題
●運動は抗うつ剤にもなり、アルツハイマーの進行も止める
●70歳を超えたらガンの化学療法をしなかった方が延命する ほか

めざせ、命日が定年 終わり笑えばすべてよし』 弘兼憲史 4月16日発売予定 定価(本体1100円+税)

弘兼憲史、72歳の遺書を書きました。
本書は、72歳の著者のありのままのエンディング・ノートである。
「人は人、自分は自分」で悠々と過ごすためのコツや、
生涯現役時代のこんにちを楽しく生きるための考え方を提案する。

【目次】
第1章「なりゆきまかせ」で、いいじゃない
●必死に働いて何が悪い
●面倒臭いから、怒らない ほか

第2章 世間体なんか、捨てていい
●「一人は気の毒」なんて思い込み
●健康の素は「買い物、シャワー、スクワット」 ほか

第3章「身勝手山」から、下りるべし
●「集団の中の孤独」は悪くない
●要らないものは、じゃんじゃん捨てる ほか

第4章「やらせてください」の心で生きる
●健康な体は「料理」で作れ
●紳士は公共の水回りを美しく使う ほか

第5章 最後は孤独に、死んでいきたい
●詐欺から身を守る「セーフティネット」を作っておこう
●「辞世の句」は何にする? ほか

大谷翔平・羽生結弦の育て方 子どもの自己肯定感を高める40のヒント』児玉光雄 4月16日発売予定 定価(本体1100円+税)

世界を驚かせ続ける2人の共通点とは――
メモ魔だった!「自分はできる」と信じ続けた!
スポーツ心理学の第一人者が分析。わが子に自信をもたせるために、親ができること

大谷翔平・羽生結弦は、子どものころ何を考え、親から何を教わり、夢を叶えたのか。
スポーツ心理学の第一人者が、2人の発言や子ども時代のエピソードを心理学的なアプローチで分析し、
大谷・羽生の原点に迫った、子どもを持つ親向けの一冊。

2人には小さいころから自己肯定感が非常に強い、メモを常に持ち歩いてなんでも書き留めていた、などの共通点があった。

「自発的に行動させる」「モチベーションを高める」「プレッシャーに強くなる」「最後までやり抜く力をつけさせる」などテーマ別に、将来夢をかなえられる子どもに育てるためのヒントを専門家がアドバイスする。

中村天風 快楽に生きる』 合田周平 4月16日発売予定 定価(本体1200円+税)

「身に病があっても 運命に非なるものがあっても 心まで病ますまい」
思想の巨人・中村天風が最後最愛の弟子に伝授した言葉たち
混沌の今にこそ生きる 自分を貫く哲学

京セラ創業者の稲盛和夫氏や、米大リーグ大谷翔平選手ら多くの一流が心酔する、昭和の思想家・中村天風。
彼が最後にして最愛の弟子に伝授した、天風哲学の格言を紹介。

格差の拡大、溢れる情報、ボーダーレス化で広がる新型コロナウイルス……。
混沌の増す現代で、私たちはどうすれば心身共に健康でいられるのか?
生きずらさを感じる全ての人たちの指針となる、
中村天風流、前向きな人生の楽しみ方。

●人生の日々は 楽しく 愉快に 闊達に活きるためにある
●「活きる」とは情熱を燃やすことだ
●楽しんでいる心には 苦しみは姿を見せない
●わたしは「力の結晶」だ 病にも 運命にも あらゆるものに打ち克つ力だ

暮らしの中に終わりと始まりをつくる』一田憲子 4月16日発売予定 定価(本体1400円+税)

1日、月ごと、年ごと。自分をリセットしていく人生の習慣41。暮らしも人生も、「一段落」を取り入れると、みずみずしく動き始めていきます。

・ベッドカバーを掛けて、暮らしの景色を美しくする ・結果がすぐに出なくても、ストレッチを続けてみる ・1日の終わりに「いいこと」を思い出す ・「紙もの整理デー」を作る ・習い事は1年でやめる ・大掃除は新年にゆっくり進め50歳になった見つけた、新しい自分になっていくための小さな工夫

焦眉 警視庁強行犯係・樋口顕』今野敏 4月16日発売予定 定価(本体1600円+税)

強引なガサ入れ、情報の横取り、証拠捏造、不当な身柄拘束、明白な誤認逮捕……。
特捜検事の暴走を食い止めろ!
組織の狭間で苦闘する刑事を描き切る警察小説の白眉。

東京都世田谷区の住宅街で投資ファンド会社を経営する中年男性が刺殺され、捜査一課の樋口顕も現場に急行した。警視庁が特捜本部を設置すると、東京地検特捜部の検事・灰谷卓也が現れる。灰谷は野党の衆議院議員・秋葉康一を政治資金規正法違反容疑で内偵中だった。秋葉は殺された男性と大学時代から親しかったらしく、殺害現場付近の防犯カメラには秋葉の秘書が映ってもいた。それらの事実だけを理由に灰谷は秘書の身柄を拘束。樋口は証拠不充分を主張するも、灰谷は独断で逮捕に踏み切ってしまう……。自己評価が低く、上司の顔色を窺い、部下を気遣い、家族も大切にする――等身大の刑事の生き様を照らし出す人気シリーズ、最新作。

大きな嘘の木の下で 僕がONDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。』田中修治 4月16日発売 定価(本体1500円+税)

何故、これほど世の中に「成功にまつわる本」が売れるのだろうか? それは読んでも成功しないからだー。

ドラマ化された実話小説『破天荒フェニックス』の著者にして、世界的企業のOWNDAYS社長が放つ2作目は、世の中の「ウソ」に切り込むビジネス本。
“立派な大人”の言うことは99パーセントは真っ赤な嘘だ! 真実は、常識やルールを疑うことから見つかる。

テクノロジーが類を見ないスピードで進化しているこの時代、過去に教わってきた常識や
考え方は至るところで不具合を起こしている。この先、何を信じて生きていけばいいのか――。世にはびこるあらゆる常識の「ウソ」に、著者が独自の視点で切り込む。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP