1. Home
  2. 暮らし術
  3. フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則
  4. 皮膚科の主治医を持つ…フランス女性から教...

フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則

2020.06.30 更新 ツイート

皮膚科の主治医を持つ…フランス女性から教わった「美の秘密」ティシュ・ジェット

上質な服を30年も大切に着る、80歳になっても恋をする、なんでも「イエス」と言わない……。赴任先のフランスで出会った、年齢を気にすることなく、シンプルかつシックに生きる女性たち。そんなフランス女性の「美の秘密」に迫ったのが、『フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則』です。私たち日本人も参考にしたい習慣が盛りだくさんの本書から、一部をご紹介します。

*   *   *

自己診断は危険!

フランスの友人たちから学んだ貴重な教えのひとつ。それは、皮膚科の主治医を持ちなさい、ということです。

正直なところ、これにはびっくりしました。というのも、わたしは、深刻なアレルギーに悩む母と一緒に皮膚科を訪れた経験しかなかったからです。

ボディ・トリートメント関連の施術を行う医師やエステティシャン、資格を有する専門家たちは、「スキンケアにおいていちばん危険なのは自己診断だ」と口を揃えます。

パリにあるソティス・スパのディレクターで、エステティシャンのキャロル・デュビレはこう言います。

「よく、乾燥肌だとか脂性肌だとか言うけど、そういうのは、肌に合わない商品を使ったときや、天候、暑さ、エアコンといった外的な刺激に長くさらされたときに感じることなの」

たいていの女性はクレンジング・クリームやトリートメントを選ぶとき、友人やセールスマンの意見、広告や愛読誌の記事を参考にします。でも、情報をいくら集めても本当に自分に合っているかどうかはわからないのです。

「時間と労力とお金の浪費ね」とデュビレは指摘します。

「専門家なら顔を見ただけで肌の状態がわかるのに。専門家に診てもらえば、そこから先は正しいケアができるわ

フランス女性にとって、親しい友人仲間でつくるグループ「コトリー」はなくてはならないものですが、メンバーの皮膚科医は、時間が経つにつれて欠かせない存在になります。

年一回は検診を受ける

パリ在住の著名な皮膚科医、ヴァレリー・ガレによれば、治療の必要がなくても年に一回は皮膚科医の検診を受けたほうがよいとのこと(クライアントには映画俳優が多く、人目を忍ぶようにして診察室に入っていく姿を何度か目撃しています)。

検査は頭のてっぺんからつま先まで徹底的にやって、メラノーマや気になる黒子がないか調べるの。そのあと美容法について話し合う。初めての方にはライフスタイルや、化粧品は何を使っているか、毎日どんな手入れをしているか訊ねて、もし肌に合わないものを使用していたらそれを説明するし、もっと効果のあるものを希望するなら別の商品を推薦して処方箋を出す。

何年も通っている患者さんでも、肌の状態が変わってくることがあるから、化粧品のブランドを替えたり、加齢に合わせて処方も変えたりする。ひとつのクリームを五年間も使い続ける理由はないわ。年齢や肌の状態に合わせて変えていかないとね

皮膚科の主治医を持つのは贅沢ではありません。若々しく生きていくために手を結ぶべき必要不可欠な相手です。

皮膚科医にかかることは、大きな利益が見込める投資です。彼らの簡単な指示に従ってケアを進めれば、メイクの必要などほとんど感じられなくなるでしょう。メイクしたとしても、しているかいないかわからないほどナチュラルなものでよくなります。フランス女性のように。

店頭に行くと、きれいにパッケージされた見栄えのする化粧品が並んでいます。医師が推薦、処方するものに比べると効果は薄く、それでいて値段が何倍もするのは莫大な広告費がかかっているからです。

皮膚科医に定期的にかかるという投資の元は必ず取り返せます

自分を大切にすることは甘やかすことではありません。心と体の幸せにつながり、結果として、周りの愛する人たちの幸せにつながります。

関連キーワード

関連書籍

ティシュ・ジェット著/藤沢ゆき訳『フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則 Forever Chic』

好きな服は、30年でも大切に着続ける 「80歳でも恋をする」は、あたりまえ 自信があるから、何でも「YES」といわない 「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」紙のファッション担当編集者として、憧れの赴任地であるフランスに渡った著者。そこで出会ったのは、年齢を気にすることなく、シンプルかつシックに生きるフランス女性たちでした。 彼女たちに共通しているのは、外見だけでなく内面も輝いていること。本書では、生涯を通じて魅力的であり続けるフランス女性の秘密に迫ります。 すっきり暮らすための生活習慣やおすすめのコスメ、ダイエットにワードローブ造りまで余すところなくご紹介。世界が絶賛するエレガンスを身につけたいあなたへおすすめの一冊です。

{ この記事をシェアする }

フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則

上質な服を30年も大切に着る、80歳になっても恋をする、なんでも「イエス」と言わない……。赴任先のフランスで出会った、年齢を気にすることなく、シンプルかつシックに生きる女性たち。そんなフランス女性の「美の秘密」に迫ったのが、『フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則』です。私たち日本人も参考にしたい習慣が盛りだくさんの本書から、一部をご紹介します。

バックナンバー

ティシュ・ジェット

ファッション・ジャーナリスト。ニューヨーク・デイリーニューズ紙やデトロイト・フリープレス紙の編集者、ウィメンズ・ウェア・デイリー誌のミッドウエスト支社編集長を経て、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙ファッション担当編集者として渡仏。シカゴ・トリビューン紙パリ特派員、エル誌アメリカ版編集部がパリにあった時代の最後の編集者を務める。フランス人男性と結婚し、フランス在住。現在は人気ブログ「A Femme d'un Certain Age(ある年齢に達した女性)」を中心としてフリーランスで執筆活動をしている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP