1. Home
  2. 暮らし術
  3. フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則
  4. フランス女性はなぜ太らないのか…「この習...

フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則

2020.07.02 更新 ツイート

フランス女性はなぜ太らないのか…「この習慣」がカギだった!ティシュ・ジェット

上質な服を30年も大切に着る、80歳になっても恋をする、なんでも「イエス」と言わない……。赴任先のフランスで出会った、年齢を気にすることなく、シンプルかつシックに生きる女性たち。そんなフランス女性の「美の秘密」に迫ったのが、『フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則』です。私たち日本人も参考にしたい習慣が盛りだくさんの本書から、一部をご紹介します。

*   *   *

食への意識が高いフランス人

ルイ十四世の寵姫、モンテスパン侯爵夫人は豊満な肢体を持つ絶世の美女で、七人の子の母親でもありました。相次ぐ出産で体重が増えはじめ(彼女だけではありませんよね!)、悩んだ彼女は食欲を抑えるために、大量の酢を飲んだと伝えられています。

この話が多くの本や雑誌で取り上げられているせいか、フランス女性は太らないと思われています

確かに、あまり太らないようです。それでも、数キロ太っちゃったわ、といった声はよく聞きます。

わたしがインタビューした女性たちは例外なく、スリムな体形になるのがいちばんの課題だと言っていました。

フランスという国は、全体的な印象として食の健康を重視しています。テレビのCMにいわゆる「スナック菓子」が登場すると(ヨーグルトやアップルソースも含めて)、画面の下に「野菜や果物は一日五品目以上摂りましょう」というテロップが表示されます。

最近見た離乳食のCMでも、嬉しそうな赤ちゃんの口にフルーツピューレをスプーンで運ぶお母さんの笑顔が映し出されましたが、画面の下に「子供に間食をさせないようにしましょう」というテロップが出ました

警告メッセージは否応なしに目に入ってきます。

フルーツを積極的に摂る

離乳したばかりの幼児が食事のときに与えられる飲みものは、水です。子供の前に冷たいミルクが用意されることも、食卓の中央にソーダの大きなピッチャーが置かれることもありません。食事のときだけでなく、子供たちは喉が渇くといつも当然のように水を求めます。

さらに、よちよち歩きをする頃にはフェンネルやキャベツをはじめ、いろいろなものを与えられるようになり、さまざまな食品の風味や舌触りも覚えていきます。その一方で甘いものはまだ口にしていないので、偏りのない味覚が育っていくのです。

そうした中で早いうちから母親や祖母を通して、食べものは敵ではない、と教えられます。真の敵は間食や偏食といった節度のない食生活なのだと。

少女たちはテーブルで正しく食べるだけでなく、キッチンで料理することも覚えていきます。八歳か十歳になる頃には、大人の手を借りずにアップルタルトをつくれるようになる少女も多く、材料を準備して、つくって、食べるまでの一連のプロセスの中で食の楽しさを知り、節度を身につけていくのです。

フランスの家庭では普通、夕食のあとに手づくりのフルーツコンポートが出てきます。りんごや梨、それにヨーグルトを加えることもありますが、もちろんノーシュガー。

タルトやケーキ、ムース、クレームブリュレなどはせいぜい一週間に一度の特別なデザートです。多くの栄養学者もフルーツコンポートを夜食べるようすすめています。ディナーの最後にフルーツが出てくるのは嬉しいものですが、アップルソースには快眠をもたらす効果があるという指摘もありました。

食の健康を重視するフランス女性が、量と質の問題に目を向けるのは当然と言えるでしょう。カクテルや甘いデザートを楽しむのは特別な日だけ

カロリーを気にせず食べていいのはいつなのか、いけないのはいつなのか。それも本能的にわかっているようです。

関連キーワード

関連書籍

ティシュ・ジェット著/藤沢ゆき訳『フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則 Forever Chic』

好きな服は、30年でも大切に着続ける 「80歳でも恋をする」は、あたりまえ 自信があるから、何でも「YES」といわない 「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」紙のファッション担当編集者として、憧れの赴任地であるフランスに渡った著者。そこで出会ったのは、年齢を気にすることなく、シンプルかつシックに生きるフランス女性たちでした。 彼女たちに共通しているのは、外見だけでなく内面も輝いていること。本書では、生涯を通じて魅力的であり続けるフランス女性の秘密に迫ります。 すっきり暮らすための生活習慣やおすすめのコスメ、ダイエットにワードローブ造りまで余すところなくご紹介。世界が絶賛するエレガンスを身につけたいあなたへおすすめの一冊です。

{ この記事をシェアする }

フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則

上質な服を30年も大切に着る、80歳になっても恋をする、なんでも「イエス」と言わない……。赴任先のフランスで出会った、年齢を気にすることなく、シンプルかつシックに生きる女性たち。そんなフランス女性の「美の秘密」に迫ったのが、『フランス人が何気なくやっているシンプル・シックな36の法則』です。私たち日本人も参考にしたい習慣が盛りだくさんの本書から、一部をご紹介します。

バックナンバー

ティシュ・ジェット

ファッション・ジャーナリスト。ニューヨーク・デイリーニューズ紙やデトロイト・フリープレス紙の編集者、ウィメンズ・ウェア・デイリー誌のミッドウエスト支社編集長を経て、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙ファッション担当編集者として渡仏。シカゴ・トリビューン紙パリ特派員、エル誌アメリカ版編集部がパリにあった時代の最後の編集者を務める。フランス人男性と結婚し、フランス在住。現在は人気ブログ「A Femme d'un Certain Age(ある年齢に達した女性)」を中心としてフリーランスで執筆活動をしている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP