1. Home
  2. 社会・教養
  3. 日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない
  4. 自分を苦しめる人をなぜ好きになるのか?

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

2020.02.22 更新 ツイート

自分を苦しめる人をなぜ好きになるのか?二村ヒトシ/湯山玲子

夫婦間のセックスレスは当たり前、恋人のいる若者は減少し、童貞率は上昇中——。そんな日本人の性意識の変化を大胆に、真摯に語り合った『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(湯山玲子+二村ヒトシ)が2月6日に文庫で発売されました(解説は、哲学者の千葉雅也さん)。単行本発売時より、より現実のものになった本書の内容を、一部抜粋してお届けします。今回は、恋愛、セックスのダークサイドについて。

 

メンヘラ女子のセックスはエロい?

二村 恋愛もセックスも、楽しむために、あるいは幸せになるためにするものであるはずなのに、どうして苦しむことになるのがわかっているような相手に惹かれて、面倒くさいことになるケースが多いのか。本来それほど面倒くさくない人間だったはずなのに、相手によって心をかき乱されているうちに、どんどん面倒くさい人になっていくことも大いにある。

湯山 「面倒くさい」と一言で言っているけど、それはどういうこと? 付き合う相手の行動を監視し、自由を縛るということ?

二村 定義が雑でしたね。僕にとって面倒くさいというのは「執着される」ということですね。

湯山 うーん、先ほど恋愛やセックスは楽しむために、あるいは幸せになるためにある、とおっしゃったけど、本当にそうなのか? そうあってほしい、というのはわかるけどね。実はこの二つは難物で、相手を呑み込みたい欲求、とか、すべてを自分のものにできない葛藤、なんぞのダークサイドがどうしてもついてくるやっかいなもので、自由を縛り、縛られる不自由さを快感と感じる回路が、すなわち恋愛の喜びのひとつだとも言えるのではないかな。 ちなみに、二村さんは、相手から「女としての私を背負って」と期待されたら、そうします?

二村 背負うというのは「責任を取る」ということですか?

湯山 シンプルに言うと、二村さんの心も体も私だけのものにしたいということ。そして、その代償として、私はあなたを愛して尽くすことに人生捧げますから、となる。

二村 一体化の幻想、ということですか?

湯山 恋愛にはその側面が必ずある。本当にカルト宗教みたいなもんですよ。「私、恋愛体質なの」という女性は確実にこの自動思考に入っています。昔から、この手の恋愛物語は、文学や映画表現の一大ジャンル。映画『ベティ・ブルー』とか、『アデルの恋の物語』なんぞの主人公はみんなこのタイプです。

二村 ドラマチックすぎるというか、度がすぎて面倒くさい女性、いわゆるメンヘラ女子のほうがセックスがエロい、ということがある。

湯山 そこがセックスの面白いところで、一途なエネルギーが心を打つんだろうね。悲しいかな、エネルギーはネガティブなもののほうがパワーが出る。ルサンチマンを多く抱えた人って、出世しやすかったりするじゃん。それと、やっぱりそこでメンヘラを蔑む軽蔑欲情回路が男に発生していることは確実。

二村 メンヘラ傾向のある女性のセックスは、彼女自身の頭の中の「理想のセックス」をなぞっているからエロいんじゃないかと言った人がいます。それは〝我がを捨てていない〟わけですから、身体的なオーガズムには達しにくいと思うんですが、妄想や理想とするセックスを男性と共有しやすくはある。サービスというか、パフォーマンスも濃い。

湯山 メンヘラの子は、社会で承認欲求を満たされない分、セックスでその欲求を満たそうとするから、セックスにかけるエネルギーが強いんだろうね。メンヘラに学ぶべきは、セックスに最大級のエネルギーを投下するところ。そして、本当に真面目ですよね。その真面目さが、また面倒くさいところでもあるんだけど。

二村 自分の恋愛に対して真面目だし、自分に刻みつけられてしまった被害者意識について真面目ですよね。だけど最近、そういうメンヘラ傾向のある女性、こちらに依存してくる女性とは、しゃべっているだけで苦しくなるようになった。こじらせてるところがあっても、自分がこじらせてるとわかっていてそれに酔っていない人、ある意味〝男性性がある女性〟というか、精神的に自立している女性のほうが魅力的に思えてきた。「私は私(人間)」であることと「私は女」であることを、うまく使い分けられている人のほうが、友人としても楽しく付き合えることに気づいたんですよ。

湯山 まあ、やっかいな「女なるもの」を乗りこなせて、ツールとして使える人ということですよね。現状のこじらせ女子たちは、全員脱落だし、自分の生き方の欲望のコントロールができている大人ということなので、男も女もオール幼児化時代には、こういった大人のプレイヤーたちは45歳以上になっちゃうんではないだろうか。

二村 若い恋する女性にはメンヘラ性が必ず生じてしまうものなんでしょうか。いや、男性にもメンヘラ傾向の依存性が強い若者が増えていますよね。ある程度年齢を重ねないと、人間は自分の依存心が〝あきらめられない〟のか。いや、男は中年クライシスと重なって、年を取ってからメンヘラ化する場合も多いか。

湯山 難しいのは、その境地にやっと立てた年齢だと、身体的にはホルモン減少などで、肉体の性的エンジンとルックスの老化などを迎えてしまっている、というアンビバレンツがあるんですよ。世間一般のセックス規範「いい年をして」がブレーキをかける。「私もしくは俺のこの中年丸出しの肉体では、相手が萎えるに違いない」と。そしてまだまだ、「いい年をして色狂いは見苦しい」という規範は強い。そんなダルダルの肉体同士の性愛は、ひょっとして、弘兼憲史のマンガ『黄昏流星群』でしか表現されていないんじゃないかと思いますもん。マンガや小説はそのあたり、ごまかして書けるからね。でも、話を戻すと、どう考えてもおトクではない、面倒くさい女性が、なぜ、男の心をつかむんでしょうかね。

二村 それこそ男の「侮辱できるぞ」という気持ちと甘い罪悪感を、同時にいい感じに刺激するからでしょう。真面目な男性の場合は、「救ってあげたい」という感情を抱くんでしょうね。その感情の裏側にも支配欲があるのだと思いますけど。

僕の個人的な話をすると、面倒くさい女性に反応する気持ちの奥には、僕と母親との関係があるんだと思います。母はシングルマザーの開業医として働き、僕は一人っ子の男の子として、忙しい母の代わりに女性の看護師さんや家政婦さん、たくさんの女性たちに溺愛されて育った。昭和には珍しい、超現代的な環境です。ではそれで女たちの王国はうまく回っていたのかというと、そうではなかったことに最近やっと気づいたんです。女性たちは僕の母の愛や信頼を得ようとして、まるで〝モテ男をとり囲む女たち〟のようなドロドロした感情があった。だから僕はそれをモデルにして「僕のせいで人々が嫉妬し合う状況」を再現しようとする傾向がある。

母は患者第一で、仕事好き。患者さんにはめちゃめちゃ信頼されている一方、看護師さんが思うように働かないと激高してメスをぶん投げたりすることもあった。あるいは意識的に〝男〟を演じていたのかもしれない。でも〝僕にとっての父親〟という役割は演じてくれなかった。僕の「引き裂かれ」はそのへんから来ている。僕はたぶん母がやってたことと同じことをやりたかったんです。

湯山 「僕のせいで人々が嫉妬し合う状況を再現」とは、強力に面倒くさいなあ(笑)。その本音は、人々にはいつも自分のことを気にかけていてほしい、という支配欲に見えるのだけど、もっと手前の「愛の欠乏症」なんですよね、きっと。私の友人のひとりは、人間関係で巧妙に「私を気にかけてちょーだい」モードを作り上げる策士だった。凄く頭のいい女性なんだけど、長いこと付き合っていると、その遠回しの「私に気を使え」エネルギーのあり方がわかっちゃって、心ある人間は離れていく。

二村 僕がAVの中で描いてきた痴女、性欲は強くて男に優しい、すなわち〝いい女〟は、男っぽいところもあり、かわいらしいところもあり、エロいことはもちろんですが、男の欲望や都合をすべてわかってくれる女性でもある。でもそれは甘やかされて育った僕の幻想で、そんな女性は現実にはいません。現実の女性には、それぞれの都合がある。

湯山 はい、そうです。

(構成:安楽由紀子)

*   *   *

続きは、『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』をご覧ください。

湯山玲子+二村ヒトシ『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』

恋人のいる若者は減り、童貞率は上昇、夫婦のセックスレスは当たり前の日本。セックスは、子どもを作る以外に必要ないのか? 自分の中の暴力性を嫌悪する男性たち。男性に好かれるためにバカなふりをする女性たち。セックスは普通の人間には縁のない、贅沢品になったのかもしれない。それでも気持ちのいい人生を諦めない方法を語り尽くす。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

バックナンバー

二村ヒトシ アダルトビデオ監督

アダルトビデオ監督。1964年六本木生まれ。慶應義塾幼稚舎卒、慶應義塾大学文学部中退。監督作品として『美しい痴女の接吻とセックス』『ふたなりレズビアン』『女装美少年』など、ジェンダーを超える演出を数多く創案。現在は、複数のAVレーベルを主宰するほか、ソフト・オン・デマンド若手監督のエロ教育顧問も務める。 著書に『すべてはモテるためである』、『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(ともにイースト・プレス)、『淑女のはらわた 二村ヒトシ恋愛対談集』(洋泉社)『オトコのカラダはキモチいい』(共著/KADOKAWA)などがある。
公式サイト:http://nimurahitoshi.net/
twitter:@nimurahitoshi / @love_sex_bot

湯山玲子

著述家、プロデューサー。日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師。自らが寿司を握るユニット「美人寿司」、クラシックを爆音で聴く「爆音クラシック(通称・爆クラ)」を主宰するなど多彩に活動。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッションなど、カルチャー界全般を牽引する。著書に『クラブカルチャー』(毎日新聞社)、『四十路越え!』(角川文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)、『快楽上等!』(上野千鶴子さんとの共著。幻冬舎)、『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(KADOKAWA)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP