1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年上半期 うお座の運勢

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2019.12.12 更新 ツイート

2020年上半期 うお座の運勢 真木あかり

人気占い師、真木あかりさんの新刊 『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(12月16日発売)より、12星座別・ご縁の傾向と対策をお伝えいたします。


 

ともに歩く仲間が、心の支えとなる1年

2019年はいかがお過ごしでしたか。振り返ってみると、ご自分のフィールドを想像以上に広げることができた、といううお座の人はとても多いことでしょう。多くの方にとってはお仕事について、だと思うのですが、たとえば自分が今所属している組織についてもそうです。「自分が今、力を尽くしていること」と捉えてみると、一番自然な気がいたします。目標に対しベストを尽くしたい。一定のところまで諦めたくない。そうした強い思いを胸に、日々をまっすぐに過ごしていらしたのだろうと思います。そうした道のりというのは、必ずしも平坦ではありません。曲がりくねっていたり、でこぼこしていたり、石ばかりがごろごろと転がっていたり。ときには、地図には確かに記されている丸太橋がくさって落ちてしまっている、なんてこともあったのではないでしょうか。大きく伸びていくときにつきもののプレッシャーやストレスと折り合いをつけつつ、本当によく頑張っていらっしゃいましたね。

こうした鍛錬の日々のあとにやってくる2020年、あなたの周りは次第に賑やかで、あたたかな雰囲気に満ちてきます。今までが大きな荷物を背負ってひとり山のなかを進むような日々であったとしたら、「一緒に行こうぜ」と隣を歩く仲間が現れます。思いもよらぬ近道を教えてくれたり、きれいな花畑がある場所に連れて行ってくれたりする人も現れるかもしれません。そうした新鮮な驚きや嬉しさを感じつつ、春ごろからはホッと心落ち着けるようなベースキャンプを作っていけるようになります。

いってみれば、対人運に恵まれ、大きく広がっていく年なのです。対人運といっても関係性や相手によってさまざまな様相がありますが、2020年のうお座の人に巡ってくる対人運は、「切磋琢磨していける、本当の仲間」です。相手に何もかも依存するような弱さや、マウンティングしては自尊心を無駄に高めようとするようなずるさはありません。たくさんの人との関わりがあるなか、意に沿わない関係を押しつけてくる人もいることはいるのでしょう。ただ、あなたはともに高め合い、お互いを素晴らしい存在として尊重できる人をきちんと、選び取っていけるようになります。

こうした対人関係において、もっとも大事なことは何でしょうか。それは、「自分のために」から始まって「相手のために」となり、そして「社会のために」というところまで頑張ってきた、ここ10年ほどのあなたの努力です。嬉しさや楽しさだけでなく、悲しさや悔しさをたくさん味わってきたあなたという人の土台があってこそ、それに見合う人がやってくるわけです。

これまで仲よくしてきた人とはまるで違う人々と出会い、世界がグーッと広がっていきます。問答無用で「すごいっ!」と思えるような人に出会えるようなこともあるでしょう。あるいは、周囲の人がやけに、あなたに対して優しくなったり、尊重してくれたりすることが増えるかもしれません。「さすがだね」「すごいね」そんな言葉とともに。

これらは「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が、あなたにもたらしてくれるギフトです。ただ、そればかりではないのでしょう。木星という星は、何もしなくても良いことを起こしてくれる星ではありません。何もしなかったら、「特に何ということもない平凡な1年」ということだって、起こすのです(それはそれで、価値のあることのような気がしますが)。2020年の人間関係、華やぎとあたたかさに満ちたご縁や笑顔といったものは、あなたがこの10年頑張ってきたことの証拠であり、みずから引き寄せ招き入れた幸運なのだろうと思います。

可能であれば、自分がまだ知らない世界に、どんどん足を運んでみるといいでしょう。ボランティアや地域コミュニティへの参加は、特に春から夏にかけては得るものが大きいはずです。SNSや習い事を通じて、同じ趣味を持つ人との時間を楽しんでみるのもよさそうです。

今年の対人運をベストなかたちで使うには「みんなちがって、みんないい」を心がけていかれると得るものが大きいと思います。ご存じの方も多いかと思いますが、これは金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」の一節です。その詩をここに引用しましょう。

 

私と小鳥と鈴と

 

私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥は私のように、

地面を速く走れない。

 

私がからだをゆすっても、

きれいな音は出ないけど、

あの鳴る鈴は私のように、

たくさんな唄は知らないよ。

 

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。

 

人間と鳥、物質である鈴。どれもが同列に並べられるものではなく、それぞれが素晴らしい特性を持っています。これらを比較して、優劣のラベルをつける人などいないことでしょう。それでもこれを人間関係に置き換えたとき、私たちはまるで自分とは違う人になろうとしたり、自分を誰かより劣ったものと考えてしょんぼりしてしまったりすることがあります。

ただ、2020年にうお座の人のもとに訪れる対人運は、そんなケチなものではありません。ここまで、本当に本当に頑張っていらっしゃったあなたを、あなただからいいと考えてくれる人が増えてきます。そしてあなたは、自分とは異なる良さを持った人々から、たくさんのことを学んでいけるのでしょう。

うお座の人は相手がどんな人でもサッと馴染み、共感の姿勢を持てる素晴らしいコミュニケーション能力をお持ちです。ただ馴染むのが得意すぎて、ときどき、自分と誰かとの境界線をふっとなくしてしまうようなところもお持ちです。そうなると、学べるものも限られてしまうのかもしれません。鈴は鈴の、小鳥は小鳥の素晴らしさがある。日常に忙殺されてふと自分を見失いそうになったときは、そんな当たり前のことを思い出してみてもいいでしょう。小鳥たちの愛らしいさえずりや、涼やかな鈴の音色とともに。

 

自分の「ホーム」を愛する、作る

冒頭のあたりで「春ごろからはホッと心落ち着けるようなベースキャンプを作っていけるようになります」と書かせていただきました。うお座の人にとってはこれも上半期の大切なテーマになってくるでしょうから、補足しておきましょう。

ここで言うベースキャンプというのは、家や職場、親しい人間関係など、あなたにとって「ホーム」と言える場所を指します。会話のなかで「ウチの場合は」と呼ぶような場所、「ウチらにとっては」と何人かをひとくくりで表現するような関係性、と言い換えてもいいでしょう。そうした場所や関係性に、4月頭から8月上旬まで、あたたかく強い追い風が吹くことになっています。大切にするきっかけが巡ってきますし、あなた自身もまた大切にしたいと思い、痛切に求めるような心情になるのですね。結婚したい、生活をともにしたい、信頼できる仲間と安心感を持って働きたいと願い、できる限りの行動を起こそうとします。結婚、同棲、転職と、4ヶ月という限られた期間ではどうにもならないことだってありますが、「そんなの無理じゃん」という思い込みをふわりと飛び越えて、近い場所まで行けるのが2020年なのです。

何も新しく見つけるものばかりとは限りません。これまでも大切にしてきたものへの愛をさらに深めたり、求めたりすることになるでしょう。足りないものがあるならば、優しく熱心に手間をかけて、あなたが癒やされ満たされるものへと変えていくのですね。

冒頭から述べてきた対人関係が、ある意味パブリック性の強いものであるとしたら、この時期の「ホーム」に登場する人は家族や恋人などごくプライベートな関係性です。職場の人間関係としても「身内」感を持てるほどの人が対象になります。今、脳裏に思い浮かべた人たちとどういった関係を築ければ嬉しいか、ちょっと考えてみてもいいかもしれません。

気をつけていただきたいのは、後ろ暗い秘密は持たずにいること。相手がショックを受けたり、傷ついたりしないようにつく〝白い嘘〟はある程度ならOKですが、こそこそと身を隠したり、後ろめたい思いを伴う〝黒い嘘〟はこの時期、不思議とばれてしまいそうです。

こうした「ホーム」を作ることの価値というものは、何でしょうか。対人関係が強調される今年の場合は、「揺らがないあたたかな土台を作る」ことに尽きるでしょう。人と関わり世界を広げるときは、少なからず自分がよくわからなくなる、どこに自分の軸足を置いたものか迷うということがあるものです。うお座の人々の場合や、他者への優しさがそういった事態を引き起こすこともあります。

そうしたときに「ここに戻ってくれば、素の自分に戻れる」「安心して自分を出せる」という場所があれば、また外の世界とうまくやっていくだけのエネルギーが得られます。ままならないこともどうにかしていこうと、思う力も湧いてくるというものです。さながら、1日頑張って働いたあとに家に戻り、あたたかいご飯とふかふかのベッドで休息してまた、元気に仕事に出かけるように。

さてさて、この「ホーム」を作っていく時期というのは、人によっては「家をメチャクチャ掃除したくなる」という気持ちにつながることがあります。目の前に広がる光景は、頭の中身と同じです。乱雑な環境にいれば、どうしても思考は散らかっていくのですね。その拡散を上手に使ってクリエイティブな仕事をする、何にもとらわれない自由な発想をするという方もおられるかもしれませんが、悩みから抜け出せないとき、集中できないときなど困った状況においては、まず視界をスッキリ整理整頓するというのは非常に有効な手段です。

不要なものをゴッソリ捨て、居心地よく整えることで、頭は整理され運も整ってくるでしょう。6月末以降は「好きなものを身の回りに置き、いつも見て触れていることで運が良くなる」という傾向も出てきますから、空いたスペースが有効活用できるだろうと思います。もしも4月以降、ムラムラッと「なんだか掃除したいぞ……!」という気持ちが湧き上がってきたなら、それは単なる気まぐれではなく「上手に運の流れに乗っているんだな」と思っていただいて大丈夫かなと思いますよ。楽しい毎日にしていきましょう。あなたであれば、きっとおできになると思います。

<恋愛運>

「まずはお友達から」が社交辞令ではないとき

「じゃあ、まずはお友達から……」というワードがあります。これを聞いて、あなたはどんなことを感じられたでしょうか。お友達でOKという程度にしか思われていないなら発展は難しいのではとか、いや男女の友情なんて成立しないだろとか、それって遠回しに断っているのでは……?などツッコミは人それぞれあるだろうと思いますが、2020年は「まずはお友達から」ということが決して社交辞令に終わらない年となっています。もちろん、こう言われてしまうと申し上げたいわけではなく、お友達から関係性を築いていくというのが非常に有効な手段ですし、長く友達関係でいた人から好意を寄せられる、などといったことも往々にして起こり得るときでもあるのです。「この人との関係は○○」などとイタズラにラベルをつけず、お人柄や関係性の変化を「起こるべくして起こっていること」として考えてみると、恋も友情も豊かなものになっていくのではないでしょうか。

2020年は、恋に限らず行動範囲が大きく広がっていく時期。会う人の数が増えるうえ、あなた自身も心をオープンにするのが苦にならない時期なので、自分次第でいくらでもチャンスを増やしていけるでしょう。「いつものメンバー」も良いものですが、興味を持てる場所には積極的に足を運んでみるといいでしょう。特におすすめなのが、友達が誘ってくれる合コンやイベント。友達が強力にアシストしてくれるので、発展も得やすいでしょう。

このとき、大事なのが「価値観が似ている友達」を選ぶこと。「(ちょっとキツい性格で苦手だけど)顔が広いから」「(ネガティブすぎて疲れるけど)誘ってもらったから」といった理由で応じていると、結局はカスをつかんでしまうことが多くなるのです。

これは、その場にいればいるほどカッコのなかばかりを強く感じてしまうため。ご縁というのは、自分と同じ質のものに強く惹き付けられていくため、「うわー今日もキツいな、無理無理」と思っているとキツい人が、「ネガティブすぎる……さっきからずっとグチだけだし疲れた……」と思っているとグチしか言わない人が、寄ってきやすくなるのですね。だからできるだけ、いいなと思える部分が多い友達を選びましょう。

 

カップルは結婚への基盤を作る、大いなる発展のとき

カップルの場合は、春から夏にかけて結婚や同棲といった話が出てきそうです。2021年はあなたにとって、結婚や住宅購入、転職など大きな転機が訪れる暗示が出ているのですが、そこに至る流れを作り始めることができるでしょう。時期的にいえば4月頭から8月上旬、話し合ったり夢を広げたりすることができるはずです。もうそろそろ、という話がずっと出ていた人であれば、この4ヶ月のうちに行動に移すことになる人は多いでしょうね。といっても、5月後半から6月いっぱいは若干、停滞もあるでしょう。ただ、それは決して「凶」の時期ではありません。お互いが自分らしく一緒にいられるようになるための、ちょっとした振り返り・見直し期間なんですね。ですから、たとえば相手や自分の生活習慣について気になるところが意識にのぼってきたり、これでは一緒にやっていけないという問題が持ち上がったりしたならば、チャンスなんです。スルーすることなく、向き合ってみるのがベストです。一緒になったあとに嫌になるよりも、よっぽど健康的かつ生産的ですから。

* * *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの恋愛運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

<仕事運>

対人関係の悩みは解消へ。苦労したからこそ得られる信頼関係

2017年末頃から、仕事上の対人関係について、少なからぬ熱量で悩んだり問題解決のために向き合ったりしてきた方は多いだろうと思います。友人や恋人であればある程度好きな人を選んで付き合うこともできますが、仕事であれば選ぶにも限界があります。特に2019年は仕事で大きなチャンスが巡ってくる、非常に熱気のある1年でした。「この人のことで悩まずにいたら、もっと挑戦できたのに」などと思ったことも一度や二度のことではなかったのではと思います。協調性に富んだうお座の人々とはいえ、なかなか厳しいこともあったのではありませんか。頑張っていらっしゃいましたね。

2020年は対人関係がグッと広がり、あたたかなものになってくる時期です。今まではひとりで頑張るしかなかった人も、仲間と思える人ができるでしょう。はっきりとした節目が見えるのは春。対人関係の試練がいったん、ふっと和らぎ、よりストレートに仲間や味方を求めていけるようになるはずです。今後のビジョンも描きやすくなるでしょう。春は出会いと別れの季節、異動や転職をする方も多いですけれども、自分や周囲の人に何らかの環境の変化があることで、職場の環境が良くなる人は多そうです。人間は変化を嫌う生き物です。目の前の状況が変わるとなると不安に思われる方も多いのですが「良いほうに変わる」ことも多いのですよね。過去を振り返っても、良いほうに変わった物事があれやこれや、思い出されるのではないでしょうか。良くなっていい、楽に頑張れるようになっていい。そんなふうに思っていけると素敵です。

 

長所や特技を、ガンガン伸ばす半年。その前にできること

「上半期の運勢」なのに書いたら叱られてしまうかもしれませんが、6月28日から始まる動きなのでお許しください。ちょっぴりかすってますので! ちょっぴり! さて6月28日から2021年1月7日まで、うお座の人は自分が得意なこと、長所、収入アップにつながる能力をガッツリ伸ばしていく星回りとなっています。少々冒険的なことも視野に入れ、自分の力を燃やし尽くしていくのです。

この時期は、単純にスキルアップにいい時期というわけではありません。収入に直結する努力、力の構築ができる時期なのですね。さらにいえば、半年間ガッツリこの運気が続くというのはかなりレアケースであり、収入をアップしたい人にとってはまたとないチャンスとなるのです。

下半期の仕事運&金運をフルに使っていくために、上半期は得意なこと、ブラッシュアップしていきたい能力をこれと定め、何が足りなくてどんな努力をすべきなのか、調べたり見極めたりしていきましょう。運というものは「今日からラッキーな時期です。はいスタート」とやっても、いきなり良くなるわけではありません。まずは平素からのたゆまぬ努力があり、これと呼び合うように運が良くなっていくのです。最高のスタートダッシュを切るためにも、上半期の使い方は重要。自分のスキルを棚卸しして、じっくり眺めてみるといいですよ。

* * *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの仕事運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

2020年上半期の運勢 TOPページはこちら
 

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP