1. Home
  2. 社会・教養
  3. プロ野球怪物伝
  4. 柳田悠岐 誰も真似してはいけない、突然変...

プロ野球怪物伝

2019.10.25 更新 ツイート

柳田悠岐 誰も真似してはいけない、突然変異の現役最高バッター野村克也

野球界には、ときどき「怪物」と呼ばれる者が現れる。 元祖怪物・江川卓、「ゴジラ」こと松井秀喜、投打二刀流で「100年にひとり」と言われる大谷翔平……。
野村克也さんの新刊『プロ野球怪物伝』(幻冬舎)では、教え子である田中将大、「難攻不落」と評するダルビッシュ有から、ライバルだった王貞治、長嶋茂雄ら昭和の名選手まで、名将ノムさんが嫉妬する38人の「怪物」を徹底分析しています。

*   *   *

近年、メジャーリーグで「フライボール革命」なるものが旋風を巻き起こしたそうだ。ゴロを打つことを避け、打球に角度をつけて「打ち上げる」ことを奨励する理論が2014年ごろから提唱されるようになり、これをチームとして取り入れたヒューストン・アストロズが2017年のワールドシリーズを制したことで一気に浸透したのだという。

低め中心の配球が徹底されたことに加え、データ解析で各バッターに対する守備シフトが年々進化。これまでならヒットになっていたゴロがキャッチされるようになった。それならば、内野手の頭を越える打球を打ったほうがいいということで、多くのバッターが下から上へ振り上げるアッパースイングをするようになったということらしい。実際、速度98マイル(約158キロ)以上で、26~30度の角度で弾き返された打球はヒットになる確率がもっとも高いのだという。

フライを打ち上げるバッターが増えた結果、ホームラン数は増加した。2016年は7年ぶりに年間5000本を超え、17年は史上最多の6105本を記録したという。

ただ、フライボールを実践するには、それだけの打球速度が必要になる。パワーに劣る日本人は、誰でも真似できる芸当ではない。数少ない例外が福岡ソフトバンクの主砲、柳田悠岐だろう。

柳田は2015年、打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーを達成したが、それ以前から私は注目していた。というのも、打ち方がそれまで見たことのないフォームだったからだ。そして、いつも思ったものだ。

「王やソフトバンクの指導陣はよく我慢しているなあ……」

文字通り、天に向かって打っているように見えた。ふつうはフォロースルーが肩のあたりに来るものだが、柳田の場合は頭の横にグリップがくる。いま思えば、フライボール革命を実践していたわけだが、理にかなっているようには思えなかった。あんな打ち方をしているバッターは、長年プロ野球を見てきた私でも、出会ったことがなかった。

柳田が「ホームランか三振か」というバッターならわかる。不思議だったのは、あのスイングでヒットを量産できることだ。まさしく突然変異。日本球界に突如現れた怪物というしかない。私には理解不能だ。

ただし、ほかのバッターには間違っても「柳田の真似をしろ」とは言えない。あれは柳田という怪物だから可能なのであって、並のバッターが真似をしたらバッティングをおかしくするだけだ。

実際、フライボール革命には、マイナス面もあらわれたという。単純にいえば、ホームランか三振かという、淡白な攻撃が増えたのである。ホームランが増加した反面、三振の数も増え続け、2018年は4万1207個。逆にヒット数は4万1018本と、はじめて三振がヒット数を上回ったそうだ。状況を考慮せず、いつでもフライを上げようとするバッターが増えた影響だと思われる。

柳田自身は、かつては引っ張る傾向が強かったようだが、トリプルスリー達成後は次第にセンターからレフト方向への打球が多くなり、広角に打ち分けるようになった。

それも、ただ力いっぱいフライを打ち上げるのではなく、センターにライナーを打ち返すスタイルに変わった。以前はインコース低めを若干苦手としていたようだが、現在は腕をうまくたたんでライトスタンドに持っていく。「現役最高」の呼び声も高く、手のつけられないバッターになりつつある。突然変異の怪物がどこまで進化するのか、注目したいと思う。

 

*   *   *

この続きは、野村克也さんの新刊『プロ野球怪物伝』(幻冬舎)で! 全国の書店で好評発売中です。

野村克也『プロ野球怪物伝 大谷翔平、田中将大から王・長嶋ら昭和の名選手まで』

攻略法のなかった松井、
史上最高の右バッター落合、
本格派と技巧派、変幻自在のダルビッシュ……
私が嫉妬する、38人の"常識はずれ"な男たち。

王貞治、長嶋茂雄ら昭和の名選手から、大谷翔平、ダルビッシュ有、佐々木朗希ら新世代のスターまで、名将ノムさんが38人の“怪物”たちを徹底分析!


 

【本書でとりあげる怪物たち】
●大谷翔平……最多勝とホームラン王、両方獲れ
●田中将大……もはや気安く「マーくん」などと呼べない存在に
●江夏 豊……「江夏の21球」明暗を分けた佐々木への6球
●清原和博……私の記録を抜くはずだった男
●伊藤智仁……史上最高の高速スライダー。彼のおかげで日本一監督に
●清宮幸太郎……左ピッチャーとインコースを攻略できるか
●佐々木朗希……"163キロ"の豪腕は本物か。令和最初の怪物候補
●イチロー……現役晩年に見られたある変化
●王 貞治……あえて注目したい「四球数」の記録
●長嶋茂雄……ボールをキャッチしようとした瞬間、バットが目の前に
●金田正一……ピッチャーとしては別格、監督としては失格
●稲尾和久……正確無比の制球力でストライクゾーンを広げてみせた
●江川 卓……元祖・怪物。大学で「楽をすること」を覚えたか
●松坂大輔……実は技巧派だった平成の怪物
●ジョー・スタンカ……忘れられない巨人との日本シリーズでの一球
●ランディ・バース……バックスクリーン3連発を可能にした野球頭脳
●柳田悠岐……誰も真似してはいけない、突然変異の現役最高バッター
●山田哲人……名手クレメンテを彷彿とさせる、三拍子揃った新時代の怪物
●山川穂高……大下、中西、門田……歴代ホームラン王の系譜を継ぐ男 ほか全38名

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

プロ野球怪物伝

バックナンバー

野村克也

1935年、京都府生まれ。54年、京都府立峰山高校卒業。南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)にテスト生として入団。首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回、ベストナイン19回、ダイヤモンドグラブ賞1回などの成績を残す。65年には戦後初の三冠王(史上2人目)にも輝いた。70年、捕手兼任で監督に就任。73年のパ・リーグ優勝に導く。その後ロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)、西武ライオンズでプレーし、80年、45歳で現役引退。89年、野球殿堂入り。通算成績は3017試合、2901安打、657本塁打、1988打点、打率.277。指導者として、90~98年、ヤクルトスワローズ監督、リーグ優勝4回、日本一3回。99~2001年、阪神タイガース監督。06~09年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督。現在は野球評論家。『野村のイチロー論』『プロ野球怪物伝』(幻冬舎)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP