1. Home
  2. 生き方
  3. カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~
  4. 誕生日にはシンジくんで。

カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~

2019.08.12 更新 ツイート

誕生日にはシンジくんで。カレー沢薫

私事だが、今日は夫の誕生日である、40歳になる。

さっそく早朝、拍手とともに「誕生日おめでとう!」と言ったら「全然嬉しくないよ」という返答が返ってきた。

私に祝われて誕生日が台無し、という意味ではない、多分。
おそらく、年齢的に嬉しくないということだろう、30を過ぎた当たりから夫の誕生日は、毎回このやりとりである。

そして、そのたびに私はこう思う「推しがいないから」と。

どうも日本には、ある程度年を経たら、誕生日は死へと近づくだけのめでたくない日、という正月にしゃれこうべを持って練り歩いた一休さん思想がある。

とんちを効かせた深いことを言っているように見えるが、あれは「楽しそうにしている人に一生懸命水をぶっかけようとしている」行為である。
我々の世界なら、やっとガチャで出せた推しに対し「それが何になるの?」「JPEGじゃん」と言ってくる勢と同じだ。

「もうこの年になったら誕生日なんて楽しくないよね? 楽しいの? ババアなのに? 死ぬだけなのに?」という日本に蔓延する同調圧力はとても良くない。

私もアラフォーだが、未だに誕生日が楽しい、というかここ数年俄然楽しい。
何故なら誕生日というのはソシャゲのJPEGの推しが、こぞって誕生日のお祝いを言ってくれる日だからだ。

その日私は「シンジくん」なのである。
推しに円形状に囲まれ、拍手と共に「おめでとう」「おめでとう」の嵐、そして私はこういう「僕は……誕生日を楽しんでいいんだ!」完。

この終わり方には賛否あると思うが、シンジくんの立場になれば、全員「賛」というはずだ。

推しに「おめでとう」と言われたら、もうその日はめでたいのである。

このように推しは「中年過ぎたら誕生日は楽しくないもの」特に女は「容貌が衰えるだけの忌むべき日」おめでとうと言われても「もう嬉しくないわよ」と苦笑いで答え「ところでいくつになったんですっけ?」という半笑いの問いに「もお~」とプンプンして見せなければという、固定観念を覆してくれた。

誕生日やぞ、なぜそんな道化にならなければならないのか、なるのはピエロじゃねえ「シンジくん」だ。

誕生日だけではない、ソシャゲというのは、刀剣乱舞以外は、季節のイベントを大体押さえてくるのだ。

おそらく今、泣いてる人、笑っている人、泣きながら笑っている人、拳を天に突き上げ立ったまま死んでいる人、いろいろいると思う。
何故なら、どのソシャゲも軒並み「水着キャラ」を発表したからだ。

ちなみに「俺が季節を置いていく」でおなじみだった刀剣乱舞も、今年突然キャラの浴衣画像を投下しだし、各地にラオウ様を建立している。

私の推し、FGOの土方歳三は今年も水着になってくれなかった。
発表があった時は「仕打ち」とつぶやいたまま、しばらく起き上がれなかったが、私の瞳はすでに未来(来年の夏)を見据えている。

夏は必ずやってくる、逆に言えば推しが水着にならないことで永遠に「来年の夏が待ち遠しい」のだ。
これが「生きていく希望」でなかったら何だと言うのだ。

水着だけではない、ソシャゲはクリスマスやハロウィンなど大体の季節イベントをやるので、ソシャゲのおかげで「全てのイベントごとが楽しく、待ち遠しくなった」のである。

ひと昔前だったら、それらのイベントは「リア充」のものであり、楽しむリア充を我々非リア充が憎む、という構図であった。

だが、それもクリスマスやハロウィンが嫌いなわけではなく「自分が入れないもので楽しそうにしている奴が気に入らない」という逆恨みに過ぎなかったのだ。

つまり、正月にしゃれこうべ、と同じように、クリスマスパーティ会場にサンタの首を持って乱入するような「冷や水ぶっかけ」をやろうと必死だったのである。

しかし、ソシャゲのおかげで「パーティ会場は違うけど、俺らも楽しもうぜ」ということができるようになったのだ。

クリスマスもハロウィンも楽しいイベントなのである、楽しんでいる奴を憎むより、自分も楽しむことを考えた方が良いのだ。

そして楽しむ場を与えてくれた、ソシャゲに私は感謝している。

ただ、そろそろ土方歳三の水着を出してほしい。
誕生日はめでたい、しかし「死に近づいている」というのも紛れもない事実だ。

私がいつまでも生きているとは思わないでほしい。
仮に土方さんが水着になっても、その時私が死んでいたら無意味だ、ゴッホだって「生きてる時に評価しろよ」と思っているはずだ。

とにかく早急に出してほしい、後悔しても知らないぞ、来年の夏まで生きているかもわからないのだ、わかったか。

 

関連キーワード

関連書籍

カレー沢薫『カレー沢薫の廃人日記 〜オタク沼地獄〜』

だが、未だにガチャから学ぶことは多い、去年末、本コラムをまとめた『カレー沢薫の廃人日記~オタク沼地獄~』という本を出版させてもらった。 そのキャッチコピーは「人生で大事なことは、みんなガチャから教わった」なのだが、改めてこのコピーに嘘偽りはなかったと確信している、もはやガチャは人生の縮図と言っても過言ではない。

{ この記事をシェアする }

コメント

カモノ  誕生日にはシンジくんで。|カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~|カレー沢薫 - 幻冬舎plus https://t.co/KRFCEvUXda 今回も最高だった 1日前 replyretweetfavorite

四季  楽しそうにしている人に冷や水をぶっかけるのは最も下品なことです。皆思い思いに楽しめば良いのだ! 誕生日にはシンジくんで。|カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~|カレー沢薫 - 幻冬舎plus https://t.co/3RX8b5bRpo 2日前 replyretweetfavorite

えむにー💮マーリンチャレンジ💪  もし水着沖田さんが来るなら、土方さん礼装ワンチャン…ないのだろうか…?(言うだけタダ精神) 誕生日にはシンジくんで。|カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~|カレー沢薫 - 幻冬舎plus https://t.co/zQwzaxi5K5 5日前 replyretweetfavorite

ポンコツにゃんれい@あんスタ始めました  誕生日にはシンジくんで。|カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~|カレー沢薫 - 幻冬舎plus https://t.co/qLI8TIIhFA なんて豪華なシンジくん状態なんだ……。 5日前 replyretweetfavorite

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP