1. Home
  2. お知らせ
  3. 涙の温度
  4. ロックバンドSID、初のエッセイ『涙の温...

涙の温度

2019.06.21 更新 ツイート

ロックバンドSID、初のエッセイ『涙の温度』7月11日発売決定!SID

15周年を超え、さらに進化し続けるロックバンド・SID(シド)のエッセイ『涙の温度』が、7月11日に発売決定しました。

あの日、あの時、溢れた涙を、僕らはずっと忘れない——。

メンバーそれぞれの音楽を始めたきっかけや上京当時の様子、そしてシド結成から15年間の軌跡と、未来へ続く感動の物語。

これまで決して語らなかった「秘密」を、全てありのままに綴った待望の初エッセイです。

シド『涙の温度』

定価(本体1482円+税)/四六判ハードカバー/全244ページ/幻冬舎刊

【構成】

第一章 息吹(ゆうや)
シドはメジャーデビューしなければいけなかった。四人にとって〝最後のバンド〟であるべきだったからだ。僕らはそのぐらいシドに賭けていた。

第二章 焦燥(Shinji)
東京ドームでライブをやるバンドの、アラサーのギタリストが、街のギター教室でレッスンを受けているなんて、いったい誰が想像できるだろう。

第三章 夜明け(マオ)
神様か何か知らないけど、なんでこんなに俺をいじめるんだろう。

第四章 絆(明希)
出口のない苦しみから抜け出すために、僕は無我夢中で戦っていた。自分自身と。そして、あろうことか、大切な仲間たちとも。

 

ぜひご期待ください。

関連キーワード

関連書籍

SID『涙の温度』

あの日、あの時、溢れた涙を、僕らはずっと忘れない――。 変化し続けるロックバンドSID(シド)の、 結成から15年間の軌跡と、未来へ続く物語。 メンバーそれぞれが、これまで決して語らなかった「秘密」を 全てありのままに綴った、待望の初エッセイ!

{ この記事をシェアする }

涙の温度

バックナンバー

SID

2003年結成。マオ(vo)、Shinji(g)、明希(b)、ゆうや(ds)からなる4人組ロックバンド。

2008年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。

2010年の東京ドーム公演では4万人を動員。

結成10周年となった2013年には、初のベストアルバムをリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライブを開催、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。

2018年、バンド結成15周年を迎え、8月にはキャリア初のミニアルバム「いちばん好きな場所」をリリース。9月からは全公演SOLD OUTの中、<SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所2018」>を開催。

2019年2月にアジアツアーを開催し、3月10日には15周年アニバーサリーイヤーのグランドファイナルとして横浜アリーナでの公演を成功させた。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP