1. Home
  2. 暮らし術
  3. 噛む力
  4. 本当は怖い「インプラント」…25歳以下は...

噛む力

2019.06.24 更新

本当は怖い「インプラント」…25歳以下は禁止の国もある中村健太郎

「審美」「インプラント」「矯正」には要注意! そう警鐘を鳴らすのは、歯学博士の中村健太郎さんだ。人生100年時代、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)のカギとなるのが「歯の健康」。いくつになっても自分の歯で食事をするには、どんなことに気をつければよいのか? 最新の知見が満載の著書『噛む力』より、重要なポイントを抜き出してみました。

*   *   *

日本人が知らない3つのデメリット

よく言われる、インプラント治療のメリットは、次の4つです。

(写真:iStock.com/edwardolive)

・両隣の歯を削らなくていいこと

・着脱の煩わしさがないこと

・見た目も非常にいいものになること

・どんな場所の歯でも、骨さえあればインプラントが打てること

このようなことが、メリットとして謳われています。「謳われている」と言ったのは、本来はデメリットもあるのに、いい面しか伝えられていないためです。

では、どのようなデメリットがあるのでしょう?

(1)インプラントにはクッションの役割の歯根膜がない

インプラントは天然の歯に近いというイメージを持たれるかもしれませんが、実はインプラントと天然の歯には、決定的な違いがあります。

天然の歯は、歯根の部分に特殊な構造を持っています。歯根のいちばん外側にあるセメント質と、これが埋まっている歯槽骨の間に、「歯根膜」という組織があるのです。歯根膜は、歯で硬い物を噛む際に、その力を受け止めるクッションの役割をしています。

試しにご自身の歯を、指でつまんで揺すってみてください。クラクラと、わずかに動きますよね。歯を強く噛みしめても、微妙に動くのを感じられるかもしれません。

ところがインプラントには、歯根膜はありません。歯槽骨に直接、「フィクスチャー」と呼ばれる金属製の人工歯根が埋め込まれているだけです。

では、衝撃を受け止めるこの歯根膜がなければ、どうなるでしょう? 歯と歯槽骨という硬い物同士が、直接ぶつかることになります。

天然の歯と同じように見えますが、実はインプラントには、最も重要な構造がないのです。人工的に歯根膜を形成することは、現在の医療技術ではできません。だから、「せっかく見栄えのいいインプラントを入れたのに、うまく噛めない」という人が少なくないのです。

(2)感染への防御システムが非常に弱い

インプラントの場合、先にもお話ししたように、ものを噛んだ際に力を受け止める「歯根膜」がありません。また、天然の歯とは違って、セメント質もありません。そして、本来なら歯と歯ぐきの境目にある「歯肉溝」もないのです。

(写真:iStock.com/RyanKing999)

歯は組織内から組織外へ出ているという、特別な構造をしています。普通なら非常に感染症にかかりやすいところを、歯肉溝から浸出液を出して感染防御をしているのです。

インプラントは、あたかも天然の歯のような見た目をしているため、歯肉溝もあるものと思われるかもしれません。しかし実際は歯肉溝はなく、浸出液も分泌されないのです。

と言うことは、天然の歯に備わっている防御システムがまったくない状態で、無防備な骨に人工物が植えられていることになります。そのため感染が起きれば、容易に骨にまで到達し、骨が溶けます。「インプラント周囲炎」と呼ばれるこの感染症は、近年、大きな問題となり、訴訟にまで発展することもあります。

インプラント周囲炎になると、歯槽骨に埋め込んだフィクスチャーごと、手で軽く引っぱっただけで簡単に抜けてしまう場合もあります。

また、炎症を起こした状態が長く続けば、菌が骨の中の血管に入って血流に乗り、全身に回る危険性もあります

インプラントを入れた人がすべて感染症になるわけではありませんが、高齢者は特に注意が必要です。その理由は三つあります。

「唾液が減少して、口腔内の免疫システムの働きが弱くなること」「手の感覚が鈍くなり、歯ブラシによる手入れが行き届かなくなること」「全身の免疫力が低下すること」です。介護が必要な状態になると、なおさらリスクは高まります。

(3)トラブルが起きた場合対処が難しい

さて、もし感染によるトラブルでインプラントが抜けてしまったら、どうすればいいでしょう?「そうなったら諦めて、入れ歯に転向する」と言われる方、もちろんそれもできなくはありません。ただ、そこまで炎症が悪化すれば、顎の骨が溶けて、後退してしまっています。

インプラントのデメリットには、このようにトラブルが起きた場合に、容易に次の手が打てないこともあります。

関連キーワード

関連書籍

中村健太郎『噛む力』

「矯正」も「インプラント」も要注意! 寿命を縮める歯科医療の真実。 ・「マウスウォッシュ」はむやみに使うな ・「いい歯石」と「悪い歯石」がある ・片側だけで噛んでいると「高血圧」になる ・しつこい口臭は「唾液」で直せ 人生100年時代の口腔ケアを歯学博士が語る。

{ この記事をシェアする }

噛む力

「審美」「インプラント」「矯正」には要注意! ほてつ(補綴)治療を知り健康寿命を延ばせ! ほてつ治療では、歯を1本単位で見ず、歯列単位で口の中全体を考えます。その種類は、大きく分けると、歯の一部を失った場合の「クラウン」と、歯そのものを失った場合の「ブリッジ」「接着ブリッジ」「部分入れ歯」「総入れ歯」「インプラント」があります。その最大の特長は、手遅れがないことです。たとえ100歳でも、遅すぎることはないのです!

バックナンバー

中村健太郎

Shurenkai(修練会)Dental Prosthodontics Institute院長、歯学博士。1962年、愛知県生まれ。89年、愛知学院大学歯学部卒業。同年、愛知学院大学歯学部冠・橋義歯学講座所属。95年、中村歯科醫院開院。2010年、中村歯科醫院終院。現在、愛知学院大学歯学部冠・橋義歯学講座非常勤講師、愛知学院大学歯学部高齢者歯科学講座非常勤講師、公益社団法人日本補綴歯科学会専門医・指導医などを務めながら、公益社団法人日本補綴歯科学会認定研修機関とShurenkai(修練会)を主宰し、全国の歯科医師に向け、ほてつ(補綴)歯科治療の大切さを伝えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP