1. Home
  2. お知らせ
  3. 銀河で一番静かな革命
  4. GEZANマヒトのデビュー小説。ブックデ...

銀河で一番静かな革命

2019.04.22 更新 ツイート

GEZANマヒトのデビュー小説。ブックデザインは鈴木成一さん、写真は植本一子さんマヒトゥ・ザ・ピーポー

佳境に入った『銀河で一番静かな革命』の制作。昨日、カバー、帯、表紙、別丁トビラのデザインデータを印刷所に渡しました(「入稿」といいます)。

 

 

デザインは鈴木成一さん。マヒトさんの原稿を読んだ鈴木さんから、植本一子さんの写真の硬い光が合うのではないか、と提案がありました。
 


デザインデータは、まもなく本番と同じ紙に印刷され、確認用として(「色校」といいます)出てきます。

『銀河で一番静かな革命』は、四六判(本のサイズ。128ミリ×188ミリ)の上製本(硬い厚紙でくるまれたもの。ちなみにやわらかい厚紙の本は「並製」)。

カバー、帯、表紙(カバーをはずした状態の厚紙に貼りつけてある紙)、見返し(表紙の内側に貼りつけてある紙)、別丁トビラ(見返しの次にくる、本文用紙とは別の紙)、本文にどういった用紙を使うか、花切れ(本文の背の上と下に貼りつける小さい布)、しおりをどんな素材にするかも鈴木さんが指定します。今回だったら、たとえば、本文用紙はメヌエットフォルテホワイト、別丁トビラにOKブリザードを使う予定です。

本文は240ページなので、束幅(つかはば。厚みのこと)は2センチくらいになるでしょうか。背は丸背です(製本方法のひとつ。「角背」というのもあります)。

色味は、色校で確認できますが、本として全体がどうなるか、手触りも、佇まいも見本を受け取るまで、想像することしかできません。

上でいろいろと説明した用紙や布や製本方法が、実際どういったものなのかはぜひ出来上がりで確認してください。発売は5月23日です。

(編集担当:竹村)

 

関連キーワード

関連書籍

マヒトゥ・ザ・ピーポー『銀河で一番静かな革命』

海外に行ったことのない英会話講師のゆうき。長いあいだ新しい曲を作ることができないでいるミュージシャンの光太。父親のわからない子を産んだ自分を責める、シングルマザーのましろ。 決めるのはいつも自分じゃない誰か。孤独と鬱屈はいつも身近にあった。だから、こんな世界に未練なんてない、ずっとそう思っていたのに、あの「通達」ですべて変わってしまった。 タイムリミットが来る前に、私たちは、「答え」を探さなければならない――。 孤独で不器用な人々の輝きを切なく鮮やかに切り取る、ずっと忘れられない物語。アンダーグラウンド界の鬼才が放つ、珠玉のデビュー小説。

{ この記事をシェアする }

銀河で一番静かな革命

GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが5月23日に発売するはじめての小説『銀河で一番静かな革命』を紹介します。

バックナンバー

マヒトゥ・ザ・ピーポー

ミュージシャン。2009年に大阪にて結成されたバンド・GEZANの作詞作曲を行いボーカルとして音楽活動開始。
2014年、青葉市子とのユニットNUUAMMを結成。
2018年、GEZANのアメリカツアーを敢行し、スティーブ・アルビニをエンジニアに迎えたアルバム「Silence Will Speak」を発表。
2019年2月にソロアルバム「不完全なけもの」、4月に「やさしい哺乳類」を発売。
5月にはじめての小説「銀河で一番静かな革命」を発売、6月には初めてのドキュメンタリー映画「Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN」が公開、同年7月には初めてのフジロックのメインステージ出演が決定している。
2014年からは、完全手作りの投げ銭制野外フェス「全感覚祭」も主催。自由に境界をまたぎながらも個であることを貫くスタイルと、幅広い楽曲、独自の世界を打ち出す歌詞への評価は高く、日本のアンダーグラウンドシーンを牽引する存在として注目を集めている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP