1. Home
  2. 暮らし術
  3. せつない京都
  4. 【大きな旅・小さな旅】お互い好きなのに、...

せつない京都

2019.08.16 更新 ツイート

古都の悲恋を辿る

【大きな旅・小さな旅】お互い好きなのに、会ってはいけない関係〔再掲〕柏井壽

歴史の古い京都には、せつない物語がいくつも残っています。綺麗、楽しい、美味しいだけではない、「物語で辿る京都」が書かれた『せつない京都』(柏井壽著・幻冬舎新書)から、嵯峨野の悲恋の寺、「滝口寺」の回を再度紹介。物語は、訪れた場所をより味わい深いものにしてくれますが、なにより、人を想い合うこの気持ちが、時を超えて胸に響いてくるのかもしれません。

(写真:iStock.com/Jui-Chi Chan)

身分違いの恋の行く末は

さてこの「祇王寺」とすぐ隣り合って建っている「滝口寺」にもまた、悲恋の物語が伝わっています。

「祇王寺」を悲恋と結びつけるのは少々無理があったかもしれません。何しろ時の権力者がいっときの思いを寄せただけのことで、祇王が清盛に恋心を抱いていたかどうかといえば、大きな疑問符が付きますからね。

そこへいくと、この「滝口寺」のほうは間違いなく悲恋です。

「祇王寺」の侘(わ)びた山門を出て、すぐ横の狭い石段を上っていくと、山門と呼ぶには少々侘しい入口があります。お隣の「祇王寺」に比べると寂れた印象があるのは否めません。

そしてその入口付近には、拝観料を払わずに入ったり、写真を撮ったりすることをとがめる注意書きが掲示されています。ただ撮りを目論(もくろ)む不届きものが多いのでしょう。困ったことです。

ちゃんと拝観料を納めて境内に入ると、道しるべのような案内板が目に入ります。そこには、〈右 新田義貞公首塚(にったよしさだこうくびづか 左 勾当内侍供養塔(こうとうのないしくようとう)〉と矢印とともに記されています。

新田義貞といえば、足利尊氏(あしかがたかうじ)と一緒に鎌倉幕府を滅ぼしながらも、時代の波にもてあそばれ、越前国(えちぜんのくに)で思いがけず命を落とした武将です。その妻だった勾当内侍は、都に晒(さら)されていた夫の首を持ち去り、この地に葬ったのだそうです。武士の妻の鑑(かがみ)といっていいでしょう。ほとんど知られていませんが、「滝口寺」の、もうひとつの悲恋物語です。

さて悲恋の本命、というのもおかしな言い方かもしれませんが、寺の名前にもなっている滝口の話に入りましょう。

のちに滝口入道(にゅうどう)を名乗るようになった斎藤時頼(さいとうときより)は、平重盛(たいらのしげもり)に仕えていました。そして平重盛の妹である建礼門院(けんれいもんいん)に仕えていた横笛という女性と、恋に落ちてしまうのです。

ところが時頼の父は、身分の違う女性に恋をした息子を厳しく叱責し、ふたりを引き裂いてしまいます。

ここまでなら今の時代にもなくはない話でしょうが、ここから先がちょっと意外な展開になります。

小説家としては、ふたりには駆け落ちしていただきたい。もしくは父に反逆して父を失脚させるくらいの男気を見せてほしいものです。

ところがこの時頼は深く反省し、出家してしまうのですから、どうにも絵にならない男です。恋人にすごすごと退散されてしまったのでは、横笛も立つ瀬がありませんよね。

それでも健気(けなげ)な横笛は、風の噂を耳にして、時頼が修行していると思しき、当時は〈三宝寺(さんぽうじ)〉と呼ばれていたこの寺を訪ねます。〈三宝寺〉はどうやら、〈往生院(おうじょういん)〉のなかにあったようですから、“平家物語つながり”だけでなく、地続きの話でもあります。

寺にやってきた横笛は、時頼にひと目だけでも会わせてほしいと、応対に出てきた僧侶に懇願します。それを聞いて、滝口入道と呼ばれるようになっていた時頼はびっくりします。

襖(ふすま)のすき間からのぞくと、そこにはやつれきった顔の横笛が立っています。出家していなければ、すぐにでも抱きしめたのでしょうが、ほかの僧侶の手前、そうもいきません。仲間の僧侶に頼んで不在を告げさせます。そんな人物はここにはいないと。

訪ねてきた横笛も、それを門前払いした時頼も、どちらも辛かったでしょうね。

楚々(そそ)とした嵯峨野の竹林にふさわしい、平家物語ゆかりの悲恋の舞台。「祇王寺」より「滝口寺」をおすすめするわけがお分かりいただけたでしょうか。

(続く)

柏井壽『せつない京都』

雅で煌びやかな反面、寂しさや侘しさを内包している京都――。平清盛に心変わりされた祇王が出家した「祇王寺」、愛する男と生きるためすべてを捨てた遊女の眠る「常照寺」ほか、千二百年の歴史を持つ都には、悲話の残る小さな寺社が多い。また、朝陽に照らされた東寺五重塔、大覚寺大沢池の水面に映る景色、野宮神社の“黒い"鳥居など、街中で、ふと足を止めて見入ってしまう物悲しい光景にもたびたび出会う。綺麗、楽しい、美味しいだけじゃない、センチメンタルな古都を味わう、上級者のための京都たそがれ案内。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

せつない京都

このたび、京都にまつわるベストセラーを続々出されている柏井壽さんの新刊が、幻冬舎新書より発売になりました!
タイトルは『せつない京都』。
京都といえば、雅で煌びやかなイメージが強いかもしれません。
しかしその反面、寂しさや侘しさを内包しているのが、京都という街です。
千二百年の歴史を持つ都には、悲話の残る小さな寺社が多いですし、街中で、ふと足を止めて見入ってしまう物悲しい光景にもたびたび出会います。
綺麗、楽しい、美味しいだけじゃない!
センチメンタルな古都を味わう、上級者のための京都たそがれ案内である『せつない京都』より、一部公開いたします。

バックナンバー

柏井壽

一九五二年京都市生まれ。大阪歯科大学卒業。京都市北区で歯科医院を開業する傍ら、京都の魅力を伝えるエッセイや、日本各地の旅行記などを執筆。『おひとり京都の愉しみ』『極みの京都』『日本百名宿』(以上、光文社新書)、『京都の路地裏』(幻冬舎新書)、『日本ゴラク湯八十八宿』(だいわ文庫)、『おひとり京都の春めぐり』(光文社知恵の森文庫)、『泣ける日本の絶景』(エイ出版社)ほか多数。
自分の足で稼ぐ取材力と、確かな目と舌に定評があり、「Discover Japan」「ノジュール」「dancyu」「歴史街道」など、雑誌からも引っ張りだこ。京都や旅をテーマにしたテレビ番組の監修も多数行う。
柏木圭一郎名義で、京都を舞台にしたミステリー小説も多数執筆する一方、柏井壽本名で執筆した小説『鴨川食堂』(小学館文庫)が好評で、テレビドラマ化も。
二〇一三年「日本 味の宿」プロジェクトを立ち上げ、発起人として話題を集める。
二〇一五年、京都をテーマに発足したガイドブックシリーズ「京都しあわせ倶楽部」の編集主幹としても。
プロフィール写真撮影:宮地工

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP