1. Home
  2. 読書
  3. 絶対正義
  4. 今夜は、ドラマ「絶対正義」最終話!

絶対正義

2019.03.23 更新

今夜は、ドラマ「絶対正義」最終話!秋吉理香子

モンスターヒロイン範子はどうなる?

最終話のあらすじは…

範子を殺害した罪で服役していた由美子(美村里江)、理穂(片瀬那奈)、和樹(桜井ユキ)、麗香(田中みな実)。

範子(山口紗弥加)の娘・律子(白石聖)は、4人を刑務所から出所させ山奥のログハウスに連れてきた。ログハウスには麗香の元恋人・亮治(神尾佑)がいた。亮治は4人の前でカメラを回しはじめ、律子はその前で4人に「高槻範子は生きていました」と衝撃の事実を告げ、「率直な感想は?」と問いかける。

一方、警察は矢沢(水橋研二)殺害の罪で逮捕状が出ている範子が病院から脱走したことを公表。全国に指名手配を出し、その行方を追っていた――。

正義とはいったい何なのか?誰のためのものなのか?

正義の意味を問う衝撃の心理サスペンス、予測不能の最終話!!

「私、何か間違ったこと言ってる?」が口癖の範子。
絶対正義/東海テレビ・フジテレビ系全国ネット

原作をご覧になった方は既にお気づきかもしれませんが、実はドラマと原作には大きな違いがあります。

今夜、最終話を観終って淋しくなった方、もっと範子のことを知りたい!と思った方は、ぜひ原作『絶対正義』(幻冬舎文庫)をご覧ください!

人間の本質をえぐりだす「イヤミス」小説の新旗手として注目を集めている秋吉理香子さんの世界を、たっぷりお楽しみいただけるかと思います。

「絶対正義」制作発表会見の控室にて、出演者の皆さまと秋吉理香子さん

本日、3/23(土)24:10~オトナの土ドラ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット)、皆さん、お見逃しなく!

 

秋吉理香子『絶対正義』

由美子たち四人には、強烈な同級生がいた。正義だけで動く女・範子だ。彼女の正義感は異常で、法から逸れることを絶対に許さない。由美子たちも、やっと掴んだ夢や恋人との関係、家族までも壊されそうになり…。このままでは人生を滅茶苦茶にされてしまう!追い詰められた四人は範子を殺した。五年後、死んだはずの彼女から一通の招待状が届く!

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

絶対正義

バックナンバー

秋吉理香子

兵庫県生まれ、大阪府在住。早稲田大学卒業後、ロヨラ・メリーマウント大学院にて、映画・テレビ制作修士号を取得。2008年、「雪の花」で第3回Yahoo!JAPAN文学賞を受賞。09年、受賞作を含む短編集『雪の花』にてデビュー。13年、『暗黒女子』が大きな話題となる。他の著書に『放課後に死者は戻る』『聖母』『自殺予定日』『ガラスの殺意』などがある。現在、最も注目される期待の新鋭ミステリ作家の一人。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP