1. Home
  2. 生き方
  3. 気持ちのいいことが、好き。「“官能”と“快楽”の回路を開くために」
  4. 第1回 頭の中にたくさんの小部屋をつくる...

気持ちのいいことが、好き。「“官能”と“快楽”の回路を開くために」

2014.01.14 更新

特集<気持ちのいいことが、好き。>

第1回 頭の中にたくさんの小部屋をつくる人生の極意植島啓司/湯山玲子

あまりに官能的だった次郎の寿司

宗教人類学者の植島啓司さん。この対談は、朝日カルチャー中之島教室で植島さんの新刊『官能教育 私たちは愛とセックスをいかに教えられてきたか』の出版を記念して行われました。

植島 湯山さんとは今日はじめてお会いするのですが、これまでお互いに会わなかったことが不思議なぐらいですよね。
湯山 共通の知り合いが多いですよね。
植島 ご存知の方も多いかもしれませんけれど、湯山さんのお父様は有名な作曲家、湯山昭さんで、皆さんの、もし娘さんとかご自身がピアノとか習っていたら……。

植島さんがいちばん会いたい人としてまず名前をあげられたのが湯山玲子さんです。本の執筆から音楽イベント、寿司パフォーマンスまでエネルギッシュに多彩に活躍中です。

湯山 絶対通ってますね。
植島 『バウムクーヘン』とかね。
湯山 『お菓子の世界』っていうピアノ曲集が有名で、まあ、それで大学に行かせていただきましたよ。重版の印税で。
植島 そうですか(笑)。
湯山 もちろんクラシックの、芸大出の人なんですけど、当時、テレビの勃興期で伴奏音楽もたくさんあったんです。冨田勲さんとかと同世代。『忍者ハットリくん』の音楽とかもつくってた。だから、その時、食えたんですよね(笑)。今は、芸大作曲科出てもなかなか食えませんけどね。いい時に作曲家になったってことです。
植島 『お菓子の世界』の何だっけ、『ポップコーン』でしたっけ。有名なやつ。耳について離れないですものね。
湯山 ありがとうございます。植島さんのバックグラウンドもお母様が踊りのお師匠さんだったんですよね。
植島 そうですね。うちは踊りをずっとやってたんで、兄弟みんな、お花の先生とか、要するに、まともな仕事に誰も就いてないんですね。
湯山 うちもそう。
植島 やっぱりラクを覚えちゃってるから(笑)。
湯山 そうそう、出発点が非常に育ちが悪いんですよ。育ちが悪いから、こういう本が書けるのかなっていう気がしますよね。

湯山さんが、日本各地の有名高級寿司店に単身突撃した、類まれなほど痛快な寿司屋をめぐる冒険譚です。

植島 たしかに。『女ひとり寿司』、あれが単行本としてはいちばん最初ですか。
湯山 そうです。
植島 素晴らしい本。お寿司屋さんに一人で突撃する。アイディアが画期的ですよね。
湯山 いまだと女の人がひとりで寿司屋に行くのも当たり前になっちゃったんですけど、あれ、書き始めたのが90年半ばぐらいですからね。
植島 もう10年以上も前。
湯山 「リトルモア」という雑誌に載せてたんですよ。いまはなくなってしまったんですけどね。その頃は、バブルの最後のあがきというか、寿司屋にまだまだ男社会っていうのがあったんです。一流企業のオヤジが出世した時に、自分の寿司屋に「こいつだ」と思う若い部下を連れて行って、その寿司屋のアティテュード、態度を教えていくっていう、男同士の美しい伝承がまだあった頃ですよね。その技の伝授の場に私がひとりで行くわけ。アウェーな感じで。みんなが、お呼びでないっていう態度でね。そのお呼びでないっていうことも受け取りながら寿司を楽しむっていう、マゾヒスティックなおもしろさがあったわけです。でも、いま、一流の寿司屋なんていうのもインターネットの食べログの時代ですから、全然ハードル低くなっちゃったんだけど、当時の男の牙城がおもしろくて書いてたのかな。
植島 冒頭が、「女はいま一人で地球上どこにでも行ける、しかし……」って(笑)。
湯山 「行けないところが一個ある。それは寿司屋だ」って。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

気持ちのいいことが、好き。「“官能”と“快楽”の回路を開くために」

バックナンバー

植島啓司

1947年東京生まれ。宗教人類学者。東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科(宗教学専攻)博士課程修了。シカゴ大学大学院に留学後、NYニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。著書に『快楽は悪か』(朝日新聞出版)、『男が女になる病気』(朝日出版社)、『賭ける魂』(講談社現代新書)、『聖地の想像力』、『偶然のチカラ』、『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』、『生きるチカラ』『日本の聖地ベスト100』(いずれも集英社新書)、『熊野 神と仏』(原書房、共著)、監訳『図説 聖地への旅』(原書房)など。

湯山玲子

著述家、プロデューサー。日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師。自らが寿司を握るユニット「美人寿司」、クラシックを爆音で聴く「爆音クラシック(通称・爆クラ)」を主宰するなど多彩に活動。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッションなど、カルチャー界全般を牽引する。著書に『クラブカルチャー』(毎日新聞社)、『四十路越え!』(角川文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)、『快楽上等!』(上野千鶴子さんとの共著。幻冬舎)、『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(KADOKAWA)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP