1. Home
  2. 生き方
  3. 飲み込めなくてもいいのにね
  4. 魚が嫌いな寿司職人

飲み込めなくてもいいのにね

2019.01.28 更新 ツイート

魚が嫌いな寿司職人加藤拓也

昔、魚が嫌いな寿司職人という設定を芸人とやってた公演で披露した事がある。

設定はその名の通り大将は魚が嫌いで寿司のネタケースに5重の鍵をかけている設定だった。寿司ネタケースは銀行の金庫と同じ大きさ。魚が嫌いだと言う理由はコミュニケーションが取れないし臭いからだった。意味がわからない。無茶苦茶だ。

そいつは寿司を握る事をかなり嫌がった。マグロと言われれば鉄の匂いがと言い、サバと言われればアレルギーだと言う。玉子はすぐ握った。あとイカもすぐ握った。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

飲み込めなくてもいいのにね

バックナンバー

加藤拓也

1993年12月26日生まれ。大阪府出身。脚本家。演出家。監督。 「劇団た組。」主宰。わをん企画 代表。17歳で構成作家を始め、18歳でイタリアへ渡り、映像演出を学ぶ。帰国後、「劇団た組。」を立ち上げ。23歳で三越劇場作演出家の最年少記録を樹立。若手演出家コンクール2017優秀賞受賞。『部活、好きじゃなきゃダメですか?』では初の連続ドラマの脚本を担当。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP