1. Home
  2. 暮らし術
  3. 脳に悪い7つの習慣
  4. 「人をほめる」と脳のパフォーマンスが上が...

脳に悪い7つの習慣

2018.12.13 更新 ツイート

「人をほめる」と脳のパフォーマンスが上がる科学的理由林成之

集中力が高まる、物忘れがなくなる、独創的なアイデアが浮かぶようになる、頭が疲れにくくなる、コミュニケーションが得意になる……。「脳に悪い習慣」をやめるだけで、こうしたたくさんの嬉しい効果があることをご存知ですか? 43万部を突破した、脳医学者・林成之先生のベストセラー『脳に悪い7つの習慣』は、読むだけで頭の働きが倍増すると話題の一冊。そんな本書の中から、一部を抜粋してお届けします。

人を動かす「ほめ方」のコツ

 同期発火を起こすポイントは、プラスの感情を込めて人に伝えることと、相手の自己報酬神経群を活性化させることにあります。

iStock.com/Tomwang112

 これをふまえると、コミュニケーション力をアップするには「うれしそうに人をほめること」が有効ということになります。集団の和を重んじる日本では、人前で誰かを力強くほめることが少ないように思いますが、私は脳のしくみにもとづいて「意識的にどんどんほめること」をおすすめしています。

 人をほめるには、ときに越えなければならないハードルがあります。自分のライバルや目下の人をほめるには、その相手のことを認めることから始めなければならないからです。

 めったに他人をほめないという人は、往々にして「自己保存」のクセが働き、相手を素直に認められなくなっていることが多いものです。会社でマネジメントをする立場にある人のなかには、「ほめるより、厳しくあたって統制をとるべきだ」と考える人もいますが、これは裏を返せば「反抗されたくない」という考えの表れといえます。

 嫌われたり恐れられたりしている上司や指導者のもとでは、脳がパフォーマンスを発揮できないことは、先に説明したとおりです。

 人をほめることは、そのまま同期発火を起こしやすくすることにつながります。

 相手を喜ばせるということだけでなく、人とのコミュニケーションをスムーズにし、相互に思考を深めることまで可能にするのです。

 上司であれば、チームのメンバー全員と意思疎通ができ、思考力が高まって成果をあげられるほうが望ましいはずです。

 ほめるときは必ず相手のほうを見て、「自分もうれしい」という気持ちを込めて伝えることが大切です。横を向いたまま、たんたんと「よくがんばった、次もよろしく」と言うのでは、相手のA10神経群が同期発火を起こしにくくなりますから、ほめる意義が半減しかねません。シャイな方はほめ下手になりがちですから、注意が必要です。

 うれしさを表して思い切りほめることは、相手の「仲間になりたい」「人の役に立ちたい、貢献したい」という本能に働きかけることでもあります。

 ほめられて嫌がる人がいないのは、脳の本能から考えて当然なのですが、それは「自分が認められる」ということもさることながら、「相手が喜んでくれている」ことが非常に大切なポイントになっているのです。

 勉強や仕事も、他人からの評価だけを考えてやるより、「結果を出すことで誰かを喜ばせられる」と感じることが、脳のパフォーマンスを引き上げます。ほめ言葉は自己報酬神経群を活性化させる効果があり、取り組み方だけでなく、ほめられた人の思考力も高めるからです。

みんな違って、みんないい

 また、ほめるときに大切な点として、相手のことをきちんと見て、ほめるべき部分をしっかり把握することもあげられます。

iStock.com/Milatas

 たとえば、部下が「自分で考え、工夫して営業したことで成果が上げられた」と思っているのに、上司が「君のガッツはすばらしい」とほめたとしたら、部下は喜ぶでしょうか。おそらく、「ちゃんと見てくれていないんだな」と思うのではないかと思います。

 私が小学生のころのことです。私を含め、クラスのみんなは担任の先生が大好きでした。

 いたずらをすれば、竹ざおで叩かれることもありましたし、毎日のようにテストをするなど、その指導方法には厳しさもありました。しかし、先生はいつも楽しそうで、ときには羽目をはずして授業を行うこともありました。子どもたちはいつも「何が起こるんだろう」とわくわくしながら過ごしていたものです。

 そして、いま思い返して最もすばらしいと感じるのは、先生が子ども一人ひとりを「えこひいき」していたことです。つまり、全員に目を向け、よいところを見つけてはほめちぎってくれていたのです。そして、どの子どもとも、それぞれに違った形で信頼関係を築いていました。その結果、クラスメートは、その先生が教えることを、まるで砂に水が染み込むように吸収していきました。

「平等」という概念は、ときに間違いを含みます。チャンスが平等であることが望ましいのは間違いありませんが、人を伸ばすには、「違いを認めて一人ひとりに全力投球する」という考え方が必要です。私は、とくに教育において、「同じように育てよう」と指向することは誤りであると思います。

 人は違いがあるからおもしろく、また違いをもっているからこそ、それぞれに才能を発揮するものです。その違いを認め、ほめる力を養っていきましょう。

関連書籍

林成之『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!』

早期教育は年々激化し、ついに「0歳児教育」まで出現する有様。だが、子どもの才能を伸ばすのに一番重要なのは脳の発達に合わせた教育である。0~3歳は脳の細胞が増え続ける時期で、未熟な脳に負担をかける知識の詰め込みはNG。将来的に才能が伸びなくなる。3~7歳の不要な脳の細胞が減っていく時期は、悪い習慣をやめさせることが先決。7~10歳からは脳の回路が発達し始めるので、本格的に学習させるべきだ。本書では年齢ごとにどのようにしつけ、教育すればいいのかを、脳医学の知見からわかりやすく解説。

林成之『脳に悪い7つの習慣』

脳は気持ちや生活習慣で、その働きがよくも悪くもなる。この事実を知らないばかりに、脳力を後退させるのはもったいない。脳に悪い習慣とは、(1)「興味がない」と物事を避けることが多い、(2)「嫌だ」「疲れた」とグチを言う、(3)言われたことをコツコツやる、(4)常に効率を考えている、(5)やりたくないのに、我慢して勉強する、(6)スポーツや絵などの趣味がない、(7)めったに人をほめない、の7つ。これらをやめるだけで頭の働きが倍増する理由を、脳のしくみからわかりやすく解説。

林成之『図解 脳に悪い7つの習慣』

脳は気持ちや生活習慣で、その働きがよくも悪くもなる。この事実を知らないばかりに、脳力を後退させるのはもったいない。脳に悪い習慣とは、「興味がない」と物事を避ける、「嫌だ」「疲れた」とグチを言う、言われたことをコツコツやる、常に効率を考えている、やりたくないのに我慢して勉強する、スポーツや絵などの趣味がない、めったに人をほめない、の7つ。これらをやめるだけで頭の働きがよくなる理由を、脳の仕組みからわかりやすく解説。

{ この記事をシェアする }

脳に悪い7つの習慣

バックナンバー

林成之

1939年富山県生まれ。日本大学医学部、同大学院医学研究科博士課程修了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学救命救急センターに留学。93年、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター部長に就任する。日本大学医学部教授、マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教授を経て、2006年、日本大学総合科学研究科教授。08年、北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳の奥義について選手たちに講義を行い、結果に大きく貢献する。著書に『〈勝負脳〉を鍛える』(講談社現代新書)、『ビジネス〈勝負脳〉』(KKベストセラーズ)、『望みをかなえる脳』(サンマーク出版)、『思考の解体新書』(産經新聞出版)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP