1. Home
  2. 社会・教養
  3. 不寛容という病 バッシングが止まない日本
  4. 日本人の足を引っ張っているのは、同じ日本...

不寛容という病 バッシングが止まない日本

2017.03.10 更新 ツイート

「保育園問題~日本は死んだほうがよいのか」第2回

日本人の足を引っ張っているのは、同じ日本人の「不寛容さ」。保育園不足問題の背後にある悲しき事実岩波明

自分が切羽詰っている状況なら、家の近くに保育園が欲しい。
でも、自分が保育園を必要としていないなら、保育園は要らない。
どちらにも言い分があるのはわかります。
しかし、ここに垣間見える「不寛容すぎる日本人」の姿に、あなたは何を思いますか?

幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』が評判の精神科医・岩波明氏が、日本人の不寛容に切り込みます。

  +++

 さらに問題を複雑にしているのは、保育園建設そのもの対する住民たちの反対運動、「不寛容さ」である。
 次に示すのは、武蔵野市における保育園建設反対運動の顛末である(The Huffington Post、中野渉 投稿日: 2016年09月30日 11時59分 JST)。
 実はこのような住民の反対運動は、全国各地で起こっているものであり、以前に都内の各地でみられた、ゴミ処理場をめぐる紛争を思い起こされる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』

{ この記事をシェアする }

不寛容という病 バッシングが止まない日本

バックナンバー

岩波明 精神科医

1959年、横浜市生まれ。東京大学医学部医学科卒。医学博士、精神保健指定医。東大病院精神科、東京都立松沢病院などで診療にあたる。東京大学医学部精神医学講座助教授、埼玉医科大学精神医学講座准教授などを経て、2012年より昭和大学医学部精神医学講座主任教授。精神疾患の認知機能、司法精神医療、発達障害の臨床研究などを主な研究テーマとしている。著書に『狂気という隣人』『うつ病』『文豪はみんな、うつ』『生の暴発、死の誘発』『精神科医が狂気をつくる』『心の病が職場を潰す』ほか多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP