1. Home
  2. 暮らし術
  3. 新築マンションは9割が欠陥
  4. 日本特有の「青田売り方式」がずさんな工事...

新築マンションは9割が欠陥

2016.07.04 更新 ツイート

日本特有の「青田売り方式」がずさんな工事につながる船津欣弘

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

船津欣弘『新築マンションは9割が欠陥』

社会を震撼させている欠陥マンション問題。国内有数の大手デベロッパーやゼネコンが手がけているにもかかわらず、なぜ欠陥はなくならないのか。ずさんすぎる現場の実態に業を煮やした建築検査のプロである著者が、事件の裏に潜む不動産業界の病理をついに告発。昨今の事例を元に、複雑に絡み合った欠陥の要因を明らかにしていく。また、資産価値が高く品質の良いマンションを購入する心得や、欠陥が見つかった場合の対処法など、住まいの安全を死守する方法を紹介。欠陥マンションという負債を人生に持ち込まないための警告と救済の一冊。

{ この記事をシェアする }

新築マンションは9割が欠陥

社会を震撼させている欠陥マンション問題。
国内有数の大手デベロッパーやゼネコンが手がけているにもかかわらず、なぜ欠陥はなくならないのか。
ずさんすぎる現場の実態に業を煮やした建築検査のプロである著者が、5月30日発売の新書『新築マンションは9割が欠陥』でその病理を紐解いていきます。

ここでは、書籍から一部を抜粋し、複雑に絡み合った欠陥マンションの要因を明らかにすると同時に、本当に賢いマンション購入についてもご紹介します。

バックナンバー

船津欣弘 総合検査株式会社代表取締役

1965年、福岡県生まれ。設計事務所勤務を経て、2001年11月、GAO建築工房設立。阪神・淡路大震災の被災経験から2003年より欠陥住宅問題に取り組み始め、構造計算偽造事件をきっかけに、建築検査業務専業となる。2011年4月、総合検査株式会社代表取締役に就任、現在に至る。
著書に、『あなたのマンション選びを絶対失敗させない本』(大和出版)『地震に「強い家」に住む』(日本経済新聞出版社)等がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP