1. Home
  2. 暮らし術
  3. 女医が教える全身磨き
  4. 美容皮膚科医は「職人」に似ている。

女医が教える全身磨き

2015.11.11 更新 ツイート

第1回

美容皮膚科医は「職人」に似ている。吉田貴子

かつて美容医療といえば、整形を思い浮かべる人も多かったかもしれません。しかし最近では、肌のコンディションを整えたり、エステ代わりに気軽に美容皮膚科を利用する人も増えています。施術をする美容皮膚科の女医さんたちは、おそらく人一倍、美意識も高いはず。彼女たちは、どんなふうに全身を磨いているのでしょうか? 具体的な美容のノウハウと、美容医療の世界を垣間見ることのできる連載が始まります。

 

レーザー脱毛の感激

はじめまして。美容皮膚科医の吉田貴子と申します。

開業11年になるスキンクリニックの院長をしています。医師になって約20年、そのスタートはいわゆる研修医。当時、大学病院の皮膚科に属していましたが、「美容皮膚科」という言葉はなかったように記憶しています。その後、美容医療との出会いは意外と早く訪れました。

研修医2年目のとき、私が属する皮膚科の外来に男性ドクターがしばらく見学に来ていました。彼は、アザのレーザー(Qスイッチルビーレーザー)を勉強することが主な目的だったようです。レーザー外来担当中だった私は、見学中の先生に、「今は、レーザー脱毛っていうものがあって、ムダ毛処理にとても有効なんだ。簡単にできるし、先生も受けてみる?」と誘っていただきました。それが美容医療と出会った最初です。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

女医が教える全身磨き

かつて美容医療といえば、整形を思い浮かべる人も多かったかもしれません。しかし最近では、肌のコンディションを整えたり、エステ代わりに気軽に美容皮膚科を利用する人も増えています。施術をする美容皮膚科の女医さんたちは、おそらく人一番、美意識も高いはず。彼女たちは、どんなふうに全身を磨いているのでしょうか? 具体的な美容のノウハウと、美容医療の世界を垣間見ていきましょう。

バックナンバー

吉田貴子

皮膚科・美容皮膚科医。1972年東京都生まれ。帝京大学医学部卒業後、同大学内皮膚科学教室入局。都内で美容皮膚科院長を務めたあと、渋谷スキンクリニック開業。女性誌やテレビ等でも活躍。
オフィシャルブログDr.TAKAKOの『美肌通信』: http://ameblo.jp/shibuyaskinclinic/
Dr.TAKAKOの『花嫁美肌』の作り方: http://ameblo.jp/drtakako/
オールアバウト「ニキビ」、「スキンケア」、「美肌の作り方」ガイド: http://allabout.co.jp/gm/gp/1266/
スキンケア大学:医療記事執筆: http://www.skincare-univ.com/profile/000047/
ELLE ONLINE 「ダイエットTips」:ダイエットネタ執筆: http://www.elle.co.jp/wellness/diet_tips

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP