1. Home
  2. 読書
  3. 『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』 無料試し読み
  4. vol.8 占拠の意味

『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』 無料試し読み

2015.05.01 更新

『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』

vol.8 占拠の意味七瀬晶

 

「八時までに連絡いただけなければ、全てのサーバを爆破します。データセンタの中にはデータのみならず、人質がいることをお忘れなく。」アルティメイト社に届いた犯人からのメール。人質になっているのは、部下の神谷翔。丸谷との電話で、この危険な状況を理解した的場は、夏木理沙にすぐ電話した。神谷とメール連絡ができる夏木に、状況を知らせてもらわなければならない。

 

 

 人気のないお台場のオフィスに、電話の着信音が鳴り響いた。
 的場課長からだ。
 理沙は急いで、社用の携帯電話を耳に押し当てた。
「もしもし、俺だ。丸谷君に連絡が取れた」
「何か分かりましたか」
「はっきりした状況は分からないが、新しい情報が入った。まだ確実な状況じゃないから、落ち着いて聞いてほしい」
 落ち着けと言いながら、的場自身が少々落ち着きを失っているようだった。いつもは冷静な的場の声が、うわずっている。
 嫌な予感がしたが、理沙は黙って耳を澄ました。
「例のアルティメイト社宛ての問い合わせだが、先月に来ていたものらしい」
「先月……そんな前から。今までずっと放っておいたんですか」
「昨晩までは、悪戯だと思っていたそうだ。それがつい二時間ほど前、今度はデータセンタを占拠したと連絡が入った」
「占拠?」
 耳慣れぬ言葉に、理沙は思わず聞き返した。
「電子的な占拠という意味ですよね」
「分からない。ただ、犯人は、クラウドを乗っ取ったのではなく、真岡市のデータセンタを占拠したと言ってきた」
 真岡市————。
 理沙は身震いした。
 データセンタの所在地まで指定してきたということは、犯人はクラウドが物理的に置かれている場所を知っているのだ。
「今度こそ警察に連絡を……」
「犯人は、警察に通報すれば、データセンタを爆破すると言っている」
「爆破? データセンタを?」
 理沙は耳を疑った。
 あまりにも信じられない話だった。
 システムの脆弱性をついて、論理爆弾(ロジックボム)を仕掛けたというならば、まだ話は分かる。
 しかし、データセンタに物理的に忍び込み、爆弾を仕掛けるなど、前代未聞のことだ。
 銀行の金庫に爆弾を仕掛けたというようなものである。
「事実かどうかは分からない。しかし、少なくとも犯人は、あと一時間以内に送金しなければ、全てのサーバを爆破すると言っている」
「ちょっと待ってください、今データセンタに神谷君がいるんですよ!」
 理沙は思わず椅子を蹴立てて立ち上がった。
「落ち着いてくれ、裏は取れていないんだ。ただのハッタリかもしれない」
 これが落ち着いていられるだろうか。
 とてもじっとしていられず、理沙は内線電話兼用の携帯を片手に、辺りをうろつき回った。
「犯人から送られてきているのは、メールだけですか。裏を取る方法はないんですか」
「データセンタの担当者に連絡しようとしているそうだが、捕まらないらしい」
遠く離れたデータセンタの中で、いったい何が起きているのだろう。
 せめて現地の神谷には状況を伝えておかなければ。
「お願いです、そのメールを転送してください」
「分かった。だが、今の話は絶対に他言無用だ。いいね。また情報が入り次第連絡する」
 電話が切れた。
 犯人がデータセンタを占拠したというのが本当なら、神谷に危険を知らせなければ。
 どうすれば、犯人に知られずに神谷と連絡を取ることができるだろう。
 やがて、犯人と監視センターのやり取りしたメールが、大量に転送されてきた。
 最後のメールは、こんな文面になっていた。

 

準備する時間は十分にあったはずです。
六千万という価格が不当だと思うなら、適正な価格を提示してくださいとも申し上げたはずです。
もう一度質問します。
一、 貴社の保有するアルティメイトクラウド・システムの資産価値はどのくらいと算定されますか?
二、人間の命にはどのくらいの価値があると思われますか?
三、それらを守るのに、どのくらいの予算を投じられますか?

 

 理沙は怒りに唇を噛みしめた。

 

 

*第9回は5月5日(火)公開予定です。なお本作はフィクションで、登場人物、団体等、実在のものとは一切関係ありません。

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』 無料試し読み

知識はピカイチ、でも性格はヘタレの元ハッカー・神谷翔がネット犯罪事件に挑む人気シリーズ「SE神谷翔のサイバー事件簿」。3/13(金)に番外編がhonto書店から発売されました。最新作刊行を記念し、同じく好評発売中の前作『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』の前半一部を公開します(Kindle他全書店配信は、2015年5月8日。現在はhonto書店のみで発売中)。

バックナンバー

七瀬晶

1974年生まれ。青山学院大学理工学部物理学科卒。インターネットで連載したサイバーパンクSF「Project SEVEN」が多くの読者の支持を得、出版デビュー。現役SEとして働きながら執筆を続ける。著書に本書を含む「神谷翔のサイバー事件簿」シリーズの他、「WEB探偵 昴」(アルファポリス)、「こころ 不思議な転校生」シリーズ(角川書店)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP