1. Home
  2. 読書
  3. 映画化!!『トワイライト ささらさや』
  4. 加納朋子「人の思いは、亡くなっても残って...

映画化!!『トワイライト ささらさや』

2014.10.31 更新

原作『ささら さや』著者インタビュー

加納朋子「人の思いは、亡くなっても残っていてほしい」幻冬舎編集部


映画『トワイライト ささらさや』の11/8(土)公開まで、あとわずか! 
原作『ささら さや』の著者・加納朋子さんに、このたびの映画化についての思いをうかがいました。そして、物語をつうじて加納さんが伝えたかった思いの片鱗もここに……。

  (聞き手・編集部)

 



―― 映画化の話を最初に聞いたとき、どう思われましたか?

『ささらさや』を出版して頂いたのはもう十三年も前のこと、第一話を書き始めたのはさらにその三年前、と私の中では既に懐かしく、そして大切な作品となっています。
 そんな『ささらさや』の映画化が、現実味を帯びてきたのは昨年のことで、正直言って嬉しいというよりも、「本当に?」と疑う気持ちと、「大丈夫?」という不安な思いが圧倒的でした。だってだって、幽霊が出てくるといってもちっとも怖くなくて、とてもささやかな、もしかしたら地味だと思われるかもしれないなって。

 


――実際に映画をご覧になっていかがでしたか?

 実際完成した作品を観てみて、私の心配は本当に無用のものだったと知りました。なんだこの、切なくって笑えてちょっぴり泣ける素敵なお話は、と。(笑)
 本を世に出してから後、本作は最良の時、最良の人々に恵まれ、こんなに素敵な映画となりました。


――新垣さんと大泉さん演じられる、サヤとユウタロウはいかがでしたか?

 優しそうで儚げで、凛とした新垣さんの雰囲気がサヤにぴったりで、イメージ通りでした。あんなに可憐な奥さんだったら、それは夫は彼女を残して成仏できないだろう、と思いました。原作ではサヤの夫の職業は落語家ではなかったので、あまり大泉さんというイメージはなかったのですが、実際に現場に伺い、映画を拝見したら、笑わせて、泣かせることができる素晴らしい役者さんだなと思いました。


――原作と映画の内容で違いがありますが

原作ではなかった、夫とその父親の絆の物語が加えられていますが、映画でこのシーンをみて本当に感動しました。人の思いは亡くなっても残っていてほしいなあ、ということ。そして、その思いが残された人たちによって、未来に受け継がれていけばいいなという『ささら さや』を通じて伝えたかったことが映画からも伝わってきました。立派に成人した我が子を人様に紹介するようで、少し照れくさいですが、ぜひ、ご覧になってみて下さい。


 

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP