1. Home
  2. 読書
  3. 捨てがたき人々
  4. 大森南朋×三輪ひとみ「ハードで、追い詰め...

捨てがたき人々

2014.06.02 更新 ツイート

映画「捨てがたき人々」完成記念対談

大森南朋×三輪ひとみ「ハードで、追い詰められて、引きずって……衝撃だった撮影の日々」大森南朋×三輪ひとみ


 人間の欲と深い業を描いた問題作——奇才・ジョージ秋山原作による『捨てがたき人々』(幻冬舎文庫)が、待望の映画化に!
 監督は榊英雄、脚本はジョージ秋山の実子である秋山命が手掛け、原作のコアなエッセンスに独自のモチーフを加えて新しい映像ドラマへと再生させた。
 主演は繊細な演技力と大人の色気を併せ持つ個性派俳優、大森南朋。金も仕事もなく、外見も内面も底辺を這う男「狸穴勇介」のむき出しの感情を体現。ヒロインは三輪ひとみ。過酷な運命に翻弄されながらも善良さを失うまいとする女「岡部京子」を体当たりで熱演。
 衝撃の役どころ、新境地に挑戦している2人であるが、実際の現場はどうだったのだろうか。今作に込めた2人の熱い魂を感じてほしい。

 

——原作のマンガ、もしくは脚本を読んだ感想。それぞれの役を演じるにあたって。

大森南朋(以下:大森):正直、最初に原作を読んだときは、キツイなと思いましたね。かなり太ってますよね? 僕が演じるのか……と(笑)。
三輪ひとみ(以下:三輪):私はむしろ原作を読まないで現場に入ってくださいって言われて。読んでたら、かなりビビってたかもしれない(笑)。
 

大森:あれは誰もがビビってしまいますね(笑)。読みながら、僕が狸穴勇介を演じる以上に、京子を演じるほうがキツイだろうなと思ったので。僕自身は少し太ったり、髪型とかできるだけ近づけたつもりですけど、さすがに原作そのものの勇介まではなれなかった(笑)。まあ、でも、僕がやれることはやりました。
三輪:撮影は一言でいえば、とにかくハードでしたよね。
大森:肉体的なこともそうですし、撮影も長回しだったり。しかも、すごいネガティブな人の役でしたので、精神的にもかなり疲れましたね。
三輪:私も完全に疲れきってました。
大森:三輪さんもだいぶまいってるという噂を聞いていたので、大丈夫かな? って心配していました。

三輪:噂通りの状態でした(笑)。
大森:長崎県の五島列島での撮影で、約20日間監禁状態だったので、そのぶん、集中することはできたんですけど、終わってからちょっと(役柄を)引きずりましたね……なにしろ大変な役でしたので…… (笑)。
三輪:私も相当ひきずりました。映画が出来上がったって聞いても、しばらく観られなかったですから。最近になってやっと観られるようになったんですけど。

大森:ということは、2年かかったってことですよね?(編集部注:撮影は2年前)
三輪:そう、私には2年の月日が必要でした(笑)。
大森:結構引きずりましたね。
三輪:20日間の撮影を2年ズルズルと(笑)。
大森:それは相当でしたね。

三輪:あまりにもいろんなことが衝撃的すぎて。まあ、もともと自分を追い込むのは好きなのかもしれないけれど、それ以上に追い込まれた感がものすごくありましたね。とにかくケガの絶えない現場で。意外と裸になって抱き上げられると、それだけですごい痣ができるんですよ。しかも、嫌々と逃げるシーンが多いからいろんなところを擦ったりして、気づくと「なんでこんなところに痣が」って。あとで聞いたらあかね役の美保(純)さんもすごい痣だらけになったと。
大森:美保さんは僕を叩くところを本気でしたから、それで腕が痣だらけになってしまったみたいで。
三輪:もう、みんなあざだらけ(笑)。
 

関連書籍

ジョージ秋山『捨てがたき人々 完結上下巻セット【電子版限定】』

男女の業を鋭く抉り、映画化もされた傑作マンガ『捨てがたき人々』上下巻が電子版限定で、合本になって登場!
※本書は、『捨てがたき人々(上)』『捨てがたき人々(下)』を1冊にまとめた電子書籍限定の合本版です。

■『捨てがたき人々(上)』
「なんだか生きてんの飽きちゃったなあ」。職を失い、生まれ故郷に帰ってきた狸穴勇介。不細工で、金も仕事も夢もなく、考えるのはセックスのことばかり。心の荒野を彷徨っていたある時、勇介は微笑みの宗教「神我の湖」に傾倒する京子と出逢い、執拗なストーキングの末にレイプする。二人は互いに嫌悪し合いながらも離れることができずに姦通を繰り返すようになるが……。

■『捨てがたき人々(下)』
周囲の猛烈な反対を押し切って、妊娠を機に夫婦になった勇介と京子。しかし息子が誕生しても、勇介の心は孤立したまま彷徨い続ける。叔母との情事、生き別れの母との再会と、その母の夫殺しの過去。息子との断絶、爆発する暴力衝動……そんな時、勇介の前に一人の女が現れる。彼は安息の時を得られるのか? 愛を信じられない男と愛を信じる女――人間の業を抉る超問題作、ここに完結!

→ジョージ秋山先生のその他の作品を見る
※「立ち読み」ボタンからも中身の一部が閲覧できます

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

捨てがたき人々

バックナンバー

大森南朋×三輪ひとみ

<大森南朋>
1972年、東京都出身。市川準演出のCM出演をきっかけに、本格的に俳優活動を開始する。廣木隆一監督『ヴァイブレータ』(2003)でヨコハマ映画祭の助演男優賞を受賞。同作のほか、『赤目四十八瀧心中未遂』(2003)、『アイデン&ティティ』(2003)の演技と合わせ、キネマ旬報日本映画助演男優賞に輝いた。テレビドラマ「ハゲタカ」(2007)で主演を務め、エランドール新人賞を受賞するなど高い評価を得る。

<三輪ひとみ>
1978年12月18日神奈川県生まれ。女優デビュー作となった映画「D坂の殺人事件」(97)では小林少年役を演じる。以降、TVドラマ「ねらわれた学園」などに出演。99年「発狂する唇」に主演したのを皮切りに、「呪怨」(99)や「生霊 IKISUDAMA」(01)といったホラー映画で活躍するほか、特撮ドラマでもバイプレイヤーとして存在感を発揮する。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP