1. Home
  2. 社会・教養
  3. 山崎怜奈と「学ぶ」を考える
  4. 自分らしさなんて、後付けでしかない

山崎怜奈と「学ぶ」を考える

2022.06.03 更新 ツイート

自分らしさなんて、後付けでしかない 山崎怜奈

アイドルとして活動しながらも、学び続けている乃木坂46・山崎怜奈さん。そんな山崎さんが「学び」に関するお悩みにお答えする連載、第五回です。

今回の相談者は、「自分らしさ」がないと悩む会社員。グループ内でも他を寄せ付けない個性をお持ちの山崎さんは、「自分らしさ」についてどんなふうに考えているのでしょうか。

*   *   *

 

【自分らしさって何ですか?】

子供の頃から、自分の思っていることを口に出すのが苦手です。明るい性格なので、きっと家族にはそう思われてないかもしれませんが、職場でも学校でもつい周りに合わせてしまっていました。 どうしても空気を読んでしまい、「自分らしさ」のなさによく落ち込んでいました。怜奈さんにとって自分らしさとは何でしょうか?

(26歳・女性・会社員)

私が抱いた第一印象を申し上げると、相談者さんは「自分らしさ」をちゃんと持っているように感じました。口に出すのが苦手でも、ちゃんと思っていることはあって、こうして言語化できているから。しかも、周りの温度感を把握して、話の流れを分析して、自分をうまく変容させていくことができる。声に出してしまうと鋭すぎるんじゃないか、そういうセンサーも働くんだと思います。それって簡単にできることじゃないですよ。

たしかに、主張をグッと抑えて、長いものに巻かれた方がラクに生きられる場合もあるし、「遠慮」とか「謙虚」を美徳とする文化って、日本には強く残っています。でも、本音を封じ続けるって、何だかんだで気力と体力を消耗しますよね。だから、空気を読みつつ、思っていることを言う方法を考えてみました。

 

私はラジオが好きで、パーソナリティの年齢・性別問わず、いろんな番組を満遍なく聴くのですが、本音を出すのが上手いなあと感じる人たちは、みんな「言いたいことを言うためのテクニック」を持っている気がします。

たとえば、一番伝えたい意見を言うときには、枕詞として「これは私の意見ですが」とか「間違っているかもしれませんが」というセリフを付けるとか。これやってる人、めちゃくちゃ多いんじゃないかな。で、その後に、堂々と自分が思っていることを言ってみてください。そうすると、結構とがった本音を言っても、あまり嫌われません(笑)。

 

饒舌な人ほどテクニックをものすごく自然に使うから、注意深く聴かないと聴き逃しちゃうんですけど、「この人、いつも正直な物言いをするのに、人に愛されてるよなあ」と思わせる人って、だいたい本音の出し方を工夫してます。そういう人を見つけ次第、一番真似しやすいテクニックを盗んで、少しずつ思っていることを言ってみる訓練をしていくといいと思いますよ。

(写真:iStock.com/takasuu)

あと、実は私も「私らしさ」がよく分かりません。「ありのままの自分」とか「自分らしさ」って、たくさんの要素が組み合わさってできているものだし、結局は後付けでしかない気がするから。どちらかというと、「これが私らしさだから!」と最初から断言していくというよりは、自分でも気づかなかった癖や無意識のこだわりが、他人によって初めて言語化されていくものだと思います。

人はひとつのキャラクターだけを持っているわけではなくて、自分のどの要素を前面に押し出すか、無意識のうちに切り替えながら生きてます。誰かと一緒にいる時、人は表情を作っていると思うんです。周りに心配をかけないようにとか、良い印象を与えるためにとか、何かしら理由があってその表情をしている時間の方が長い。

 

私は、表情を作り続けるのに疲れたなぁと感じたら、すぐに一人の時間を確保します。電車でラジオを聴いている時、家で料理をしている時、カフェでこれを書いている今も、超真顔ですよ。だって誰に見せるわけでもないし、無表情でパソコン打ってる人を見て、怖がる人もいないから(笑)。とはいえ、たまにで良いので、誰かといる時にも、「この人になら、自分の毒を見せてもいいかな」と見極めてみてくださいね。バカを出せるというか、品のない部分を認めてくれる場所がいくつか見つかると、そのぶん毒素を解放しやすくなります。

本音を打ち明けることに罪悪感がある場合は、紙に書くのもシンプルに一番気楽だったりします。誰にも見せない日記帳に思うがままに書き殴っている時、そこに理性なんかないんで(笑)。そういう経験のひとつひとつが客観性を育て、「らしさ」を作ってくれるのかもしれません。

*   *   *

山崎怜奈さんに相談したい、「学び」に関するお悩みを募集中! ぜひ下記のGoogleフォームよりお答えください。

お悩み募集フォーム

※ご応募いただいたお悩みは、編集部で選考の上、採用いたします。(すべてのお悩みにご回答できないことをご了承ください)
※お悩みの採用の発表は、サイトでの公開をもってかえさせていただきます。
※お悩み内容は文意を損なわないよう、要約、改行等の変更をする場合がございます。

関連書籍

山崎怜奈『歴史のじかん』

山崎怜奈さんの歴史愛が詰まった一冊。ぜひ連載と合わせてお楽しみください!

{ この記事をシェアする }

山崎怜奈と「学ぶ」を考える

乃木坂46イチの才女、山崎怜奈さんによる「学び」お悩み解決連載!

読者の皆さんから届いた「学び」に関するお悩みに、山崎さんがじっくり向き合います。

バックナンバー

山崎怜奈 乃木坂46

1997年5月21日生まれ。2013年、乃木坂46加入。2020年、慶應義塾大学卒業。世界遺産検定2級、日本漢字能力検定2級などを取得。

TOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと』(月~木曜日午後1:00~2:55)、テレビ朝日『春菜ザキさんのタダの通販じゃねーよ!』(木曜日深夜1:26~1:56)などに出演中。著書『歴史のじかん』(幻冬舎)が販売中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP