1. Home
  2. 暮らし術
  3. 心と体をきれいにするカラーセラピー
  4. 明るく「澄んだ色」を選んで、2022年は...

心と体をきれいにするカラーセラピー

2022.01.07 更新 ツイート

特集 縁起をかつごう

明るく「澄んだ色」を選んで、2022年は“幸福体質”になる 高坂美紀

「明るい色がいい」というのは一つの大きな指針ですが、たとえば、同じ「赤系」でも、トーン(明るさや彩度)の違いで、さまざまな色があるものです。今よりもっと “幸福体質” になれる明るい色の選び方のコツを、『心と体をきれいにするカラーセラピー』(高坂美紀著、幻冬舎文庫)からご紹介します。色のパワーで強運をつかみ、周囲も驚かれるような素敵な変化を、今年はぜひ手に入れましょう。

(写真:iStock.com/dolgachoov)

積極的に使ってほしい色

心と体を浄化し、癒すことできれいにしていくための色は、明るく澄んだ色にすべきです。

たとえば、


「赤」よりは「ピンク」のほうが明るいですね。
そして「茶色」や「ベージュ」よりは
「オレンジ」のほうが澄んでいます。
そうやって選んでいくと、
暗い「紺」よりも「水色」がいいんだ
ということがわかってくるでしょう。

 

まるで空の虹を下ろしてきて一つずつを透ける衣にしてまとっているような、そんな色がベストです。そうしたファンタジックな色を下着、パジャマ、そして服、シーツ、ふとんカバー、カーテン、バスタオルなどに用いて、身の回りに虹の色があふれているようにしていってください。

昼間は光があふれるようにしたほうが浄化されるので、金色や銀色も併用すると、なおいいですよ。

関連書籍

高坂美紀『心と体をきれいにするカラーセラピー スピリチュアルカラーで強運をつくる』

「黄色で人気アップ」「ピンクでセクシーに」「明るいグリーンで美肌&肩こり解消」「銀色で直感が冴える」など、ファッション、メイク、アクセサリー、日用品で、簡単に楽しく実践できる色のレッスンを解説。

{ この記事をシェアする }

心と体をきれいにするカラーセラピー

バックナンバー

高坂美紀

1984年からヒーリングカラー・コンサルタントとして活躍。人を癒す色についての講演や執筆を手がけている。『ハッピー・カラー・セラピー』(フォー・ユー)など著書も多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP