1. Home
  2. 生き方
  3. お乳は生きるための筋肉です~夜のおねえさんの超恋愛論~
  4. 愛より刺激がほしいんだし、でも愛情もほし...

お乳は生きるための筋肉です~夜のおねえさんの超恋愛論~

2014.04.09 更新 ツイート

VOL.1

愛より刺激がほしいんだし、でも愛情もほしいんだし。鈴木涼美

 1月、まるっきり覚えていないけれど、私のいた大学で講師をしているという男から急に連絡がきて、「どうしても相談したいんだ」的な思いつめた内容だったので、年に数回だけ湧く善意が湧いてきて、かといって私もそこそこ忙しいので、というかそもそもものすごく面倒くさがりなので、「歩いて行けておいしいものが食べられるところなら出かけて行ってもいいかもしれない」と、上からマリコな返事をして、六本木の駅から徒歩5分くらいの場所にあるオサレイタリアン「トラットリア・イルフィーゴ・インゴルド」(嫌味に長い名前だ)に呼び出し(勿論奢られる想定。当たり前じゃ!)、話を聞いた。彼の話をものすごく噛み砕いて若干のまあまあ好意的な解釈を加え、さらに酢漬けにして1週間くらい放置すると、要はこういうことだった(だって2時間も話し続けていたんだもの)。

 今の彼女とは付き合って1年。半年くらいたったころから、なんとなく彼女が口ごもるような、言いにくそうなことがあるような、どうしたの?と聞かれたそうな顔をするようになった。彼女がしゃべりやすい雰囲気を心がけ、緊張感をほぐして、ん?どうした的な気軽な発言を頻発させ、前歯に青のりついていようとカレーの匂いが漂っていようと俺は君が好きだぜベイベー的な振る舞いを心がけていたところ、ある日セックス後のベッドで彼女が口を開いた。その内容とは、「私、ずっとOLだって言ってたけど、今は会社の派遣もやってるんだけど、実は昔ちょっとだけキャバみたいなとこで働いていてね」というなんとも面白みのない、あるあるな話ではあったのだけど、その「キャバみたいなところ」というのがミソで、言ってしまえばソフトな風俗経験者だったという。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』

{ この記事をシェアする }

お乳は生きるための筋肉です~夜のおねえさんの超恋愛論~

私はお嬢様で東大院卒でFカップで、その他もろもろの経験も豊富で収入もまあまああるのに、全然幸せじゃありません。恋で得たものと、恋で失ったものをひとつずつあげていけば、確実に後者が前者を凌駕する人生を歩んできました。まわりの夜のおねえさん方や昼のおねえさん方を見渡せば、不思議とそんな方々ばかり。恋愛でほんとうに幸せになれるのか。オカネで買えない幸せなんかあるのか。この連載で究めてみたいと思います。

→鈴木涼美さんの新連載『愛と子宮が混乱中――夜のオネエサンの母娘論』はこちら

バックナンバー

鈴木涼美

1983年東京都生まれ。蟹座。2009年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。著書『AV女優の社会学』(青土社/13年6月刊)は、小熊英二さん&北田暁大さん強力推薦、「紀伊國屋じんぶん大賞2013 読者とえらぶ人文書ベスト30」にもランクインし話題に。夜のおねえさんから転じて昼のおねえさんになるも、いまいちうまくいってはいない。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP