毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

愛と子宮が混乱中――夜のオネエサンの母娘論

愛と子宮が混乱中――夜のオネエサンの母娘論
鈴木 涼美

夜職のオネエサンたちのなかには半ば家出状態で実家から独立して上京し、ホステスや風俗嬢を勤めあげている人は少なくない。私の周りにも結構家出少女経験者はいて、その代表格が大学時代の友…

2016.12.28

そう言えばもう久しく移動販売の焼き芋屋って見ていない気がする。移動販売と言えば私にはもう30年近く前の忘れられない思い出がある。

2016.12.21

30歳を過ぎて、同い年コミュニティの周囲にものすごく少なくなったなと思うのがバイトキャバ嬢である。

2016.12.14

「一応、返信しといた方がいいんじゃない? また捜索願出されるよ」「「返信しても出されると思う。でも、帰るとほんとに監禁状態だし」横浜西口の駅ビルに入っていたシアトルカフェというベ…

2016.11.16

先月、またひとり同い年の友人が東京から去った。

2016.11.09

答えが出ないが故に考えるのは無駄だが、だからこそ時間つぶしの議論に向いている二択というのはいくつもあって、自分の旦那が「ホステスやお金目当ての愛人をかこう」のと、「心からひかれあ…

2016.11.02

そこそこ間違っている私の体感では、日本人の7割くらいが坂口杏里の心配をしている気がするのですが、そんな心配しなくても……

2016.10.18

私は、「福山結婚」に涙と愚痴を垂れて大げさに反応するオトナ女子たちを冷笑的にしか見ていないかというとそうではなく、むしろ吹石一恵にあって私にないもののリストをつくってみるくらいに…

2015.10.08

はなさんの家は港区のわりと地味な駅からさらにちょっと歩くという難点を除けば、見晴らしもよくてスーパーも近くて、何より広い部屋を高い家具で飾ってあるので、立地だけで部屋を選んだ私と…

2015.06.03

ユミは外資の金融やら商社やらの内定を蹴っ飛ばして、誰もがうらやむ、ということになっている広告代理店にトップに近い成績で入社して、その会社の頭脳と表現されるマーケティング系の部署に…

2015.05.27

深夜1時半に、ちょっとした友人から「生理来なくて検査したら妊娠陽性だったんだけど」なんていうLINEが届くのは、32年間も女をやっていれば初めてではない。けど、逆に32年間も経っ…

2015.03.25

不動産仲介業者というのは、なかなかやり手の営業マンを取り揃えていて、ターゲットである入居者に対し、その物件の魅力をポテンシャル以上に、欠陥を最小限に伝えることで、この家住んだらい…

2015.03.18

深夜に電話が鳴ると、あら愛しのダーリンかしら、と思うので、そうじゃなかったときの落胆たるや大変なものであるのに、さらに内容が「だから何?」的なものだと、穂村弘じゃなくてもハミガキ…

2015.03.11

小学校の5年生から6年生の途中までロンドンのセント・マーガレット・スクールという1クラス10人程度の非常にこじんまりした英国らしい女子校に通っていた。もちろん個人的にどうしても留…

2015.03.04

「あなたの胸がもう少し小さければ、あなたは人生間違えなかったかもしれないわね」なんて、私のパイオツはクレオパトラの鼻かよって感じの嫌味を言う貧乳の母は、私が家族旅行に持ってきたど…

2015.02.25

あんた早く結婚しなさいよ、なんていうのは27歳以上の独身娘に母親が言うには「元気?」とか「お皿洗っておいて」に近い気軽な挨拶みたいなものだし、だから言っても言わなくてもどっちでも…

2015.02.11

私は基本的に超夜型レディであります。たとえ丸一日休みで、今日はゆっくり原稿でも書こうとか思っていても、大体パソコンのユーチューブとホスラブ(ホストクラブなど夜の話題を中心とした掲…

2015.02.04

1月のそれはそれは寒い平日、それなりに仲の良いナナちゃんに、多分知り合ってから14回目くらいの「一生のお願い」と言われて(ちなみに13回目は「元カレに鍵を返すの着いてきて」だった…

2015.01.28

先週の金曜日、なんか私が、内縁の夫(飲食店経営)が従業員への暴行で逮捕されて、謝罪文をマスコミ各社に送り、テレビの映像では押しかける報道陣に向かって、マネージャー的な人とか担当編…

2015.01.21

寒い以外に特徴のない年始の週末、たまたま居合わせたちょっとした公の場で、私の友人の元キャバ嬢実業家ホノカさんが、「恋人ですか? ええ、飲食店勤務です」とやや食い気味に質問に答えて…

2015.01.14

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!