1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い 4月4日~】「...

ホロスコープ歳時記

2021.04.04 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い 4月4日~】「清明」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、4月4日から始まる「清明」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

※連載特別企画として、小池先生による人生相談も受け付けております。詳しくは「ホロスコープ歳時記 お悩み募集」フォームからご応募ください(Googleフォームを利用しています)。

 

*   *   *

創造性が高まる12日の新月

初候 4月4日~9日  玄鳥至る(つばめ いたる)
次候 4月10日~14日 鴻雁かえる(こうがん かえる)
末候 4月15日~19日  虹始めてあらわる(にじ はじめてあらわる)

まさに春も盛りの「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」という言葉を訳した「清明」であります。

万物が清らかに輝き、活き活きとした様子。空は澄み、花が咲き、蝶が舞い、風が爽やかな、まさに春爛漫の時。

東洋暦では4日より辰の月に入り、2021年4月の干支は「壬辰」(みずのえたつ)となります。

西洋占星術では、太陽が牡羊座15度に進む時が「清明」の始まりの日となり、太陽が牡牛座に進む4月20日前まで続きます。

この期間中の西洋占星術的トピックは12日に起こる牡羊座の新月であります。

これには金星と水星も重なりますので、まさに創造の時が始まる暗示となっています。

たまたま今回の新月は12日ですが、4月12日にちなんだ
正岡子規の名句……『今年又 花散る 四月十二日』が思い起こされます。

桜が満開になり散りゆくこの期間、何といってもこの季節の歌では、

『清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みなうつくしき』……与謝野晶子

もう説明もいらないくらいの、春爛漫の風情がダイレクトに胸にしみます。

そしてもう一つ。

『公達(きんだち)に 狐化けたり 宵の春』……与謝蕪村

何となく艶かしい(なまめかしい)春の夕宵。あのような美しい人はきっと、狐が化けたものに違いない。

春には、特に夜桜には人を誘う妖艶な何かがあります。

ほの暗い、光の中で浮かび上がる桜には、魔力でもあるのでしょうか?

人を耽美な異次元へと誘い込んでしまう、この世のものではない魔性が潜むのかもしれません。

二十四節気星占いでみる、4月4日~4月19日の運勢

 

 


牡羊座前半生まれ=春分生まれ

とても知力の充実してゆく時であります。元来あなたは走りながら考えるタイプですが、時にはそのような傾向をご自身でも直そうと努力します。しかしながら、もって生まれた特性はなかなか変えがたく、後悔にいたることもしばしばあるようです。

ここでのテーマはお金の使い方をよく考えるということになります。最近の衝動買いや、見込み違いで無駄になってしまったものなど前にして、過去の行動を悔やむ気持ちにもなるのでしょう。特に人といる時に大きく振る舞ってしまう傾向もあります。しかし、こちらは美点ともいえますので、周囲のためには散財も陰徳と思いましょう。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

とても運気の充実してゆく時であります。まるで地球はあなたのためにまわっているかのような錯覚を起こすほど、ラッキーな期間となります。先ず一番に良いのが人間関係です。とてもスムーズな状況が予測されますので、ここで大きな輪をつくってゆくチャンスです。

そしてこの時期の大きなポイントは12日に起こる新月です。これはあなたにとってはまさに「新生」といった暗示です。新たに何かを始めたり、人とのお付き合いが始まったりと、とても新進の気に溢れた素晴らしい時となりますので、ご自身を前面に出して、周囲との調和を図ってゆきましょう。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

何となく社会的な責任や、仕事面での重圧を感じてしまう時のようです。年度替わりなどで多くの処理すべきことがあり、それが負担になるのかもしれません。普段からあなたが「できる人」として見られているために、あなたに依頼すればきちんと仕上がると周りが思っているからです。これはこれでとても嬉しい事で、あなたの有能さを証明するものですから、ある程度までは期待に応えてゆきましょう。

12日を過ぎるあたりから、忙しさは緩和されてきますので、一時的なものと考え、今は頑張りどころと捉えてください。ここをクリアしてゆけば、評価は更に高いものとなります。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

嬉しいことに金運の盛り上がりが期待されるこの期間であります。その上、今のあなたは、このお金の流れを上手くコントロールしてゆく技も持ち合わせています。もちろん蓄財にまわしたり、見ているだけで幸せな気分になれる何かに換えたりしても良く、どちらにしても嬉しい暗示の強い時です。

そんな中で迎える12日の新月は、あなたの心の中の価値観を少しばかり変えてゆくものになりそうです。これは、更に良い物を見分ける能力が身についた証拠であります。あなたはお気に入りの物が周りにあると幸せを感じますので、更にグレードアップした生活が展開されることになるでしょう。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

自信があるようでないような、少しばかりシャキッとしない時のようです。12日くらいまでは好調ですので、この時期の課題はその頃までに成し遂げておくことをお勧めいたします。13日あたりからは、良き考えややる気は盛り上がるのですが、何となく実行力がそれに追いついてゆかない期間のようなのです。

ただ20日になればそんな雰囲気も一挙に吹き飛んで驀進(ばくしん)モードに入りますから、ここは活躍前のブレークタイムと思って少し休憩されるのが宜しいと思います。身体も、もちろんそうですが、あなたの場合は頭脳がフル回転しすぎるので、そちらのほうも休めておくと良いでしょう。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

ここで行動しないで、いつやるのか?というほどの活躍期となっております。何をやるかは人それぞれですが、第一義は人間関係の充実であります。自信も行動力も備わった今、それをベースに新たな人間関係を整備してゆく良きチャンスです。

特に12日の新月は新しい人間関係の輪が始まってゆくタイミングとなります。今までよりも一段上のグレードを目指す時が来たのです。それが今後の収入の増加にも微妙に関係してきますので、未知の環境に入ってゆくことを恐れずに、積極的に人との関係を構築してゆきましょう。あなたの知的グレードならば可能であります。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

12日頃までは周囲の協力にも支えられて、あなたの評価や実績は大いに向上してゆきます。ですから、この時期はすべて早めの勝負ということが幸いするでしょう。それ以降が悪いということではないのですが、何となく人付き合いに積極的になれなくなるようなのです。

あなたは、ご自身がまとめ役とならなければという自負がとても強いので、たまには息抜きも必要です。周りの面倒を見たり、人間関係の調整をしたりでは疲れてしまいます。時には周囲から少し距離を置くことも必要なのです。20日からはまた忙しくなりそうですから、ここで骨休めといきましょう。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

多くの人の協力のもとに、新たなキャリアがスタートしてゆく時期となります。これは12日の新月には特に強い暗示となるもので、新しい地位や環境での活躍が始まるのです。

まさしく好調の時ですが、「好事魔多し」のたとえのごとく、調子に乗っていると、誰かの嫉妬の対象となってしまいそうなので、そこは注意してゆきましょう。あまり目立った言動はならさずに、嬉しい事は胸の内に秘めておくことです。そうすれば更に恩恵はアップして、あなたの評価は一層高まるという、何とも嬉しいことが連続してゆきます。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

対人関係が少しばかり緊張しそうな時です。この原因の一部はあなたにもあるようです。この時期は、珍しく教条的になりすぎているかもしれません。あなたには細かな指示出しは似合いません。親分肌で、何かあったら責任とるから頑張れ! といった鷹揚(おうよう)さがあなたの持ち味ですから、それを忘れないようにゆきましょう。

加えて世間的体面に拘りすぎなのもこの時期の特徴です。先ずは相手の顔を立てることを考えてあげましょう。そうすればあなたの評価も以前のように戻ってきて、そして更に上昇してゆくことになります。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

対人関係、パートナーシップがとても良好な時であります。のみならず社会的人間関係までもが、あなたに有利に働いてくれます。これらを通して、あなたには大いなる自信が生まれてゆきます。12日の新月が、そのようなことを強く暗示しているのです。こんな時期は滅多にありませんので、一気呵成(いっきかせい)に何かを成し遂げてしまうには格好のチャンスです。

12日以降は、それにつられて金運もアップしてゆきますので、あれこれ考えているよりも、手当たり次第にトライしてみるといったやり方が合っている時であります。まさに行動あるのみです。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

仕事がとても捗る時となっています。それも12日頃までが相当に良き流れですので、早めに多くの案件や課題を処理されることが望まれるところであります。この時期に気を付けるのは、微妙に利害の食い違う人間関係に巻き込まれないようにすることです。いくら高度なあなたの論理性を持ってしても、微妙な感情たっぷりの人間関係を結論に導くことは至難の業であります。

20日を過ぎれば、そのような情勢も希薄になってゆきます。ここではひたすらルーチンに徹することが、後の幸運を開く鍵になるはずです。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

仕事に関して非常に好調の時となります。あなたの実力、実績もさることながら、ここでは周囲の協力者の方々のお陰によるものも多いと思いますので、感謝の意を表しましょう。これが更にあなたのステータスを高めることに直結して、もう一段上を目指すことも可能となってゆきます。

12日以降は更に仕事に関しての能力が高まり、難事も解決することができそうですので、進んで挑戦してゆくようお勧めいたします。尚且つ一方では個人的な楽しみや恋愛も順調となる時です。まさに春爛漫の運気であります。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

プライベートの面では充実した時が継続してゆきます。そして、対人面でも安定した時間が続くでしょう。15日以降は特に周囲の協力にも恵まれる運気となります。ただ、仕事面を重要視しすぎると私生活の面では、楽しみが半減してしまいそうです。当たり前といえば当たり前ですが、ここでは、恋人と利害が相反する仕事関係の人が現れ、何か邪魔をされるといった暗示があるのです。

この期間は対人面を重要視してゆくことをお勧めいたします。あなたの愛する人がこれで離れる事はありませんのでご心配なく。安定した関係性はまだまだ健在です。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

行動力にも恵まれ、恋愛運にも恵まれたとても良き時が流れてゆきます。さらに嬉しいことに12日の新月では、新たな素晴らしい出会いなども強く暗示されております。これらがどれも干渉しあわずに、上手く調和してゆきますので、まさに春の真っ盛りといった運気となります。

15日あたりからは少し熱が冷めてゆくようですが、それまでに多くの事をこなしてしまえば、目的の達成は容易であります。恋愛運や人気運は、まだまだ継続してゆき数ヶ月先までの高揚が保証されています。これまでの関係の深化もあれば、新たな良き出会いも期待できる時が続きます。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

対人関係に少しばかりのさざ波が立つような感じです。これは、あなたがプライベートを大事にするあまりの葛藤のようなものです。どちらを優先してゆくかは難しい問題でありますが、15日を過ぎる頃から、自然と対人やパートナーに優先順位は移ってゆくようですので、流れに任せていれば大丈夫です。

大切なのは周囲にあまり慇懃無礼(いんぎんぶれい)な態度をとらないことです。難しいでしょうが、なるべくフランクな感じで接してゆくことをお勧めいたします。20日を過ぎると人間関係が大いに華やぎますので、今からそれに備えて、色々と策を練っておくのも良いのではないでしょうか。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

新たな役割や任務があなたに課せられる時となりました。言い換えれば昇進や出世、といった嬉しい事も当然含まれます。これは12日の新月頃には特に顕著な暗示ですので、心づもりをされておくと宜しいと思います。この期間は、ロマンチックな恋愛などにも非常に縁の深い時であります。仕事プラス恋と、両手いっぱいの幸せに包まれることになるのかもしれません。

体調もなかなか良い暗示ですので、何か健康づくりの基礎となるようなことを始めるのにも大いに適しています。さらに、今あなたが家庭のことで課題を抱えているのならば、それらも良き方向に進んでゆくことになるでしょう。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

あなたの高水準な知的能力が仕事に上手く反映されていないようです。これはあなた自身の責任ではなく、星がそのような配置になっているからですので、ご自身の才能を疑うことのないようにいたしましょう。加えて、楽しいということにわざわざ理由付けをしてしまうような時でもありますが、物事はただ手放しで楽しんでしまったほうが良いのではないか思います。

15日頃からは、やっと仕事に関してもエンジンがかかってゆくようになります。このあたりから十分に活躍できるという期待が持てますから、それまでは多少の骨休めといった感じでお過ごしください。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

決してやる気がなかったわけではないのですが、このところ少しばかり噛み合わない時期が続きました。しかし、それもここで終了して、あなたの才能が活き活きと輝く時がやってまいりました。特に12日の新月は、創造的な事には恩恵が注ぐタイミングですから、クリエイティブな活動が始まってゆく合図となります。

加えて、新たな恋愛の始まりも強く暗示されています。新しい関係に大きな喜びがあるというだけでなく、従来からの関係もまた、さらに深まり、楽しく実りある時となります。さらに15日以降は仕事に邁進(まいしん)していくことにより、より一層高い成果を出せる可能性が大きくなります。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

やはり経済のことが一番の気がかりな時となります。決して悪いというわけではないのですが、考える手が、いまいち伸び悩んでしまうといった状況です。これはあなたの責任ではなく、天体の動きがあなたにとってはそのように影響してしまうといった暗示ですから、しばしの辛抱であります。

15日を過ぎる頃から心にも余裕が出てきて、プライベートにおいても、なかなか楽しい時が幕を開けます。突然の恋心の芽生えなどもその一つです。そのようなことがきっかけとなって金運にも明るさが戻ってくる期間となります。自信を持っていきましょう。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

金運の隆盛が大きくなる時であります。もちろん出るにせよ入るにせよその振幅が大きくなってゆくということです。ただこの波を上手く利用することができれば、プラスの残高にいたることも充分に可能です。そしてこの時期にはもう一つの恩恵があります。

それは住まいや居場所に関しての幸運が潜在しているということです。引越しや改装などにも縁がある時で、前向きに検討してゆくには絶好のタイミングであります。広い意味で解釈すれば、社会的なポジションにも同じ暗示がありますので、昇進や出世なども大いに期待が持てる時となります。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

本来は自由がお似合いのあなたですが、何となく何かに縛られているような感じが否めないこの頃です。家族や近しい人にも束縛されているような感じを持ってしまいます。こんな時はひたすらご自身の内面やスキルを磨いてゆくのが上手に過ごすコツであります。特に家の中においてできることには多くの可能性が含まれています。更に一段上のWeb関係のスキルを学ぶにはちょうど良き時でもあります。

元来、デジタル関係には適性のあるあなたですから、一旦、始めれば、到達点は相当に高いものとなるでしょう。加えてここで身につけたものは生涯、あなたの許を離れないといった暗示の期間でもあるのです。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

大きな発展の可能性が含まれる時期となりました。ここでのキーワードは、あなたご自身が楽しいと思うことへのチャレンジです。今のあなたは可能性に溢れ輝いております。こんな時期を無為に過ごすのは勿体ない。楽しいこと、興味を持てることに進んで挑んでゆきましょう。

12日の新月は、それが何であるかのヒラメキが生まれやすい時となりますので、心を研ぎ澄ましてゆきましょう。それが仕事であれば幸いですし、恋愛であっても、人生の大きな糧となるでしょう。とても星の恩恵を受けやすい時ですので、くれぐれも躊躇なく行動することをお勧めいたします。

 

魚座前半生まれ =雨水生まれ

コミュニケーション能力が高止まりしている時期です。これを活かさない手はありません。普段は消極的に見えるあなたですが、実はこれという目標や標的が現れると、瞬時に判断を下しチャレンジャーへと変身することができるのです。

ごく稀にですから周囲からは大人しい人と思われているかもしれませんが、本当は強気のチャレンジャー精神が旺盛なのです。ここではそんな特性が活かせる時がやってきます。特に15日以降はそれがはっきり現れ、大きく開花してゆく前夜といった運気になります。そろそろ本格始動のスイッチを入れては如何でしょうか。

 

魚座後半生まれ =啓蟄生まれ

運気は良好ですが、それだけに色々と小競り合いが起きるなどの暗示も見受けられる時期であります。人間関係が広がっている今だからこその、多少の摩擦の発生は致し方ないと思いましょう。ここでの一番のトピックは12日の新月で、これはあなたにとっては新しい金運が幕を開ける合図です。

もちろん、何もしなければそれまでのことですが、新たな物事にチャレンジしようとするならば、大きな効果があるという暗示が強く、旧来のやり方を変えて一歩踏み出してゆくことも良いのではないでしょうか。一見不安定のようですが、今のあなたは大きな安定の上にいらっしゃることには間違いありません。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP