1. Home
  2. 社会・教養
  3. 自分の頭で考える日本の論点
  4. 想定外のことが起きても生き残る力とは?

自分の頭で考える日本の論点

2020.11.26 更新 ツイート

想定外のことが起きても生き残る力とは? 出口治明

2020年11月16日に打ち上げられたスペースX社の宇宙船クルードラゴン。
スペースX社は2002年に天才イーロン・マスクが企業した宇宙ベンチャーだ。
ⒸJAXA/NASA

まさか、こんなことが起きるとは……。まさか、こんな生活が日常になるとは……。新型コロナウイルス感染症のパンデミックに襲われた2020年は、感染対策だけでなく、日々の暮らし方や働き方、そして人生設計まで「まさか」の連続の1年でした。そんなときこそ、あふれる情報に振り回されず、自分の頭で考え、悔いのない選択をしたい――そのための強力な武器になる一冊、出口治明さんの新刊『自分の頭で考える日本の論点』から、「はじめに」をお届けします。

 

*   *   *

現代人は、さまざまな問題がからみあう複雑な社会で暮らしています。よりよい社会を築くためには、次々と浮上する課題を解決していかなければなりません。しかし、多くの問題は、多数の利害関係者の間で、また専門家の間でも意見が分かれ、なかなか一致点を見出せません。

マスメディアやSNSなどで飛び交う議論を見ていると、いったい何が正しいのか、考えれば考えるほどわからなくなる人も多いことでしょう。人はどうしても、声の大きい人の意見や、挑発的な意見、面白い意見、感情に訴えるわかりやすい意見などに飛びつきがちです。

そういった意見に引きずられず、正しい判断をくだせるようになるには、どうしたらいいのでしょうか。

物事を考えるとき、僕がいつも大切にしているのは、「タテ・ヨコ・算数」の3つです。

タテ、すなわち昔の歴史を知り、ヨコ、すなわち世界がどうなっているかを知り、それを算数すなわち数字・ファクト(事実)・ロジック(論理)で裏づけていく。そうすることで、メディアやSNSを追いかけているだけではわからないことが見えてきます。日頃からそのような訓練を積み重ねることが、想定外のことが起きたときに生き残る力につながります。

たとえば1年前には、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックが起きて、世界中が大混乱に陥ると想像した人は誰もいませんでした。そして起きた事態が深刻なときほど、デマや暴論も大量に発生します。今回のパンデミックでもまさに、「インフォデミック」(主にネット上で噂やデマも含めた大量の情報が氾濫し、現実社会に影響を及ぼす現象)と呼ばれる事態になりました。

そのようなときこそ冷静になり、あふれかえる議論の中で、何が真っ当なのかを見分けて判断することが必要になります。「タテ・ヨコ・算数」で考えて、コロナ禍をめぐって起きたさまざまな問題への理解が深まれば、人間はコロナ禍という不幸な経験を通じて賢くなることができます。

もちろん、正解が1つとはかぎらない問題もたくさんあります。また、時間軸を変えるだけで、短期的には正しい政策が中長期的には間違っていたりすることもよくあるのです。

そのような場合でも、腹落ちするまで自分の頭で考え、自分なりの答えを選んでいくことで、人生は悔いのない、より楽しいものになります。そして、そのようなひとりひとりの営みの集積が、社会全体をよい方向に動かしていきます。

本書では、いまの日本や世界が直面している問題のなかから、人々の間で意見が分かれている「論点」を22個選び、問題の背景やどのような意見があるかなど、基礎知識的なことを解説したうえで、僕自身はどう考えるのかというジャッジを述べています。

ジャッジのなかには、世界標準で考えてこれが正解だと思うものもあれば、僕なりの価値観や人生観に基づいた主観的なものもあります。これは、いってみれば僕の「ファクトフルネス」です。

読者の皆さんには、僕の考えに縛られるのではなく、僕がどのようにしてその答えに至ったのかという思考のプロセスをまず共有していただきたい。そのうえで、僕のジャッジに納得するかしないか、しないとすれば、自分はどう考えるのか。読みながら一緒に考え、ぜひ、皆さんなりのジャッジを導き出してほしいと思います。本書を通して、皆さんが、物事を深く多面的に捉えて、自分の頭で、自分の言葉で考えて答えを出す力を身につけるお役に立てれば、こんなに嬉しいことはありません。

関連書籍

出口治明『自分の頭で考える日本の論点』

世界を正しく知って、正しく判断できる人になろう! 玉石混淆の情報があふれ、専門家の間でも意見が分かれる問題ばかりの現代社会。これらを自分で判断し、悔いのない選択ができるようになるには、どうしたらいいのか。ベンチャー企業の創業者であり大学学長、そして無類の読書家である著者が、私たちが直面する重要な22の論点を解説しながら、自分はどう判断するかの思考プロセスを開陳。先の見えない時代を生きるのに役立つ知識が身につき、本物の思考力も鍛えられる、一石二鳥の書。

{ この記事をシェアする }

自分の頭で考える日本の論点

玉石混淆の情報があふれ、専門家の間でも意見が分かれる問題ばかりの現代社会。これらを自分で判断し、悔いのない選択ができるようになるには、どうしたらいいのか。ベンチャー企業の創業者であり大学学長、そして無類の読書家である著者が、私たちが直面する重要な22の論点を解説しながら、自分はどう判断するかの思考プロセスを開陳。先の見えない時代を生きるのに役立つ知識が身につき、本物の思考力も鍛えられる、一石二鳥の書。

 

バックナンバー

出口治明

1948年三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命創業者。京都大学法学部卒。1972年、日本生命に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退社。同年、ネットライフ企画を設立、代表取締役社長に就任。2008年に免許を得てライフネット生命と社名を変更、2012年上場。社長・会長を10年務めたのち、2018年より現職。『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『全世界史(上・下)』(新潮文庫)、『人類5000年史(I~III)』(ちくま新書)、『座右の書 『貞観政要』』(角川新書)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)、『還暦からの底力』(講談社現代新書)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP