1. Home
  2. 社会・教養
  3. 13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう
  4. 「本能寺の変」の中には、現代に生きる僕た...

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう

2020.09.19 更新 ツイート

織田信長と明智光秀 パート4

「本能寺の変」の中には、現代に生きる僕たちが学べることが多すぎる! 房野史典〔ブロードキャスト!!〕

信長と光秀の「本当の姿」について語る最後の回。
今回は、二人の真実を知ったうえで、ここから現代の私たちが何を学べるのか?の考察です。

「謀反といえば」の「本能寺の変」ですが、こうして、いろんな方向から眺めてみると、やたら深い。
光秀と信長のイメージを新しくできたことで、すごく得した気分になれますよ。

*   *   *

いつも真実が手に入ると思ったら大間違い
織田信長と明智光秀 パート4

信長と光秀の姿、いかがだったでしょう?
ちょびとおさらい。

『本能寺の変』を知るには信長と光秀のこと知っとかなきゃ。

光秀は、超優秀な武将。

信長は、保守的な裏切られ屋さん。


さて、前回も言ったとおり『本能寺の変』(光秀が信長を裏切った理由)にはホントに諸説ありまして、
野望説、怨恨説、朝廷黒幕説、足利義昭黒幕説、羽柴秀吉黒幕説、徳川家康黒幕説……

などなど、説が列をなしてて、かなり楽しめます(細かいのを含めるとその数は40にも50にもなっちゃう)。

ただ、そのほとんどが、フィクションを前提に作られた説だったり、肝心な部分の説明が激ヨワだったり、そして何より、
"今回紹介したホントの信長と光秀をあてはめると成立しない説"
だったり。
とにかく「ファンタジーとしては楽しいお話」ばかりなんですね。

ここでは、その諸説にほぼふれませんので、気になったらいっぱい気にしてください(「ときは今あめが下しる……」の句が怪しいとかね)。

そんな中、1つだけ紹介するとすれば、近年「これが一番しっくりくるなぁ……」と言われてる”四国説”。
これ、どういったものかと言うと……

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

房野史典『13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。』

こいつら《戦国武将》、当時、めっちゃバズってた! 歴史の「超現代語訳」で人気の芸人が、史上最高に噛み砕いて“戦国の流れ"を解説した、面白さブッチギリの入門書。 歴史が動くポイントがわかるから、大人にも刺さる! 意味も解らず覚えた100個の歴史用語より、意味を深く理解した1個の歴史ストーリーのほうが、大切です。(「おわりに」より)

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』

欲、プライド、裏切り、友情、愛、別れ…。戦国時代ほど、感動満載、人間関係ドロドロ、かつ超フクザツな時代はない。「昼ドラみたいな応仁の乱」「超嫌われ者だけどマジメでいいやつ石田三成」「家康をビビらせまくった真田昌幸の最期」など、軽やかな語り口で時代の流れがみるみる頭に入る。笑いあり涙あり、日本史愛が加速する戦国時代解説本。

房野史典『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』

「圧倒的に面白い」「わかりやすい」と評判の日本史芸人が書いた、渾身の幕末ドラマ。ネットでも評判!歴史の先生、お墨付き!ヒーロー多すぎ。悲劇続きすぎ。“想定外”ありすぎ。幕府は“オワコン”だった!?超フクザツな時代も、これ一冊でバッチリわかる。

{ この記事をシェアする }

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう

歴史ものの面白いドラマや映画はたくさんあるし、小説や漫画もたくさんあるのに、歴史っていうだけで「苦手!」と思ってしまう人は、多いですよね。「歴史の教科書」というだけで、拒否反応を示す人もいるのでは!?
しかし歴史は、知れば知るほど面白い。とくに「戦」からは、学べることがいっぱいです。
実際に勉強してみると、コロナ禍の影響で社会が大きな変化をしている”現代”とかぶることもたくさん。
だから。
今こそ、戦国時代の「戦」の話をしましょう!
『超現代語訳 戦国時代』の房野史典さんが、芸人ならではの「面白スパイス」をたっぷりかけて、かつてないほど頭に入るように歴史の話をしてくれます。
苦手だった人ほど、ハマりますよ。

バックナンバー

房野史典〔ブロードキャスト!!〕

1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。 無類の戦国武将好きで、歴史好き芸人ユニット「ロクモンジャー」を結成し、歴史活動にも意欲的。 子供たちに歴史の面白さを教える授業も好評。初の著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』で、ブレイク! 戦国に始まり、『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』『時空を超えて面白い! 戦国武将の超絶カッコいい話』など著書あり。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP