1. Home
  2. 読書
  3. 和製ダ・ヴィンチ・コード『縄紋』
  4. 女のドロドロと事故物件。人気ジャンルの共...

和製ダ・ヴィンチ・コード『縄紋』

2020.07.31 更新 ツイート

【記念対談】第3回

女のドロドロと事故物件。人気ジャンルの共通点松原タニシ/真梨幸子

“私、行ってもいない場所で、よく姿を目撃されているんです” “えっ?”――対談第2回のラストで、真梨さんが放った衝撃発言。その奇妙な現象を生みだしているのは、どうやら『縄紋』にも多々登場してくるクセモノ揃いの女性たちの行動とも重なっているようで……。

 *   *   *

引っこ抜かれた生き霊

真梨 なんか私、生霊、飛ばしてるみたいなんです。

松原 飛ばしてるんですか?

真梨 行ったこともない、その時間にはいない場所でよく目撃されるんです。若い頃は、本当にそういう目撃証言が多くて、以前もお話しした病院跡地に建てられた郊外のマンションに住んでいたとき、友人が泊まりに来て、“あなた、夜中に突然、起き出したけど、どうしたの?”って言われたのも、あれ、生霊だったんじゃないかなって気がするんです。というのもその人とは、あれから縁が切れてしまったんです。

松原 そうなんですか!?

真梨 もしかしたら、相手は、無意識のうちに私に対してよくない感情を持っていたんじゃないかと。私の生霊を見たという人とは大体そのあと、縁が切れるんです。

松原 何それ、面白い。

 

真梨 だから私が生霊飛ばしたというより、私に対して無意識のうちにマイナスの感情を抱いている人が、私の生霊を見ちゃうんじゃないかなと。今思えば、生霊を見たという人に限って、その人が私の悪口を言っていたという噂を後から聞くんですよね。

松原 悪口を言った罪悪感、黒い感情が、真梨さんの生霊を呼び寄せちゃうってことなんでしょうかね。

真梨 そういうものがきっと生霊を呼び出すんですよ。私が飛ばすというよりも。

松原 引っこ抜かれているみたいな? それ、面白いなぁ、新しい説ですね。でも、なんでそんなに憎まれるんですか? ジェラシーとか、そういうことなのかもしれないですね。

真梨 そうですね。ほんと、女のジェラシーって凄くてですね……。タニシさんの借りた事故物件って、かつての住民は女性が多かったですか?

松原 半々やけど、何か起きやすいのは、住んでた方が女性の方ですね。男性の場合はそんなに大したことなくて。

真梨 やっぱり女性ですよね。幽霊っていったら、昔から女性。でもね、それも男女平等じゃないってことで、“けしからん!”みたいなこと言う人もいるんです。

霊界にも忍び寄るフェミニズム

松原 え、幽霊の男女平等? それって、フェミニズムなんですか?

真梨 女性ばっかり幽霊にするのは女性軽視だと。でもね、歴史的に見ると、やっぱり幽霊は女性の方が多いし、祟りもヘビーです。

松原 そうでしょう。男なんか、矢が刺さったまま、のたのた落ち武者が出てきたり、まだ戦争が終わってないと思って、兵隊が壁すり抜けるとかだけです。なんもせぇへん、男は(笑)。

真梨 男性って死んだことを気付かずに、ずっと同じ行動をするんですかね。

松原 死んでも休まらへんのが多いですね、男性は。

真梨 女性の方がアクティブ?

松原 そうですね。それと、ちゃんと目的を持って、死んでるというか。男って、しゃあなしに死ぬみたいなのが多いんです。借金、こさえたからとか。

真梨 たしかに女性の方が恨みつらみを抱いたまま、死にがちかもしれません。たとえば、落ち武者がワサワサ現れるというスポットに行っても、祟りが現れるということがないじゃないですか。ちょっと脅かして終わり、みたいな。女性の幽霊が現れるという場所に行くと、明らかに祟りのようなものがある。

松原 これってもう性質ですよね。だから女性が幽霊になっている話が多いというのは、差別ではなく区別。

真梨 女はね、死んでも怖いけど、生きてるうちも怖いんですよ。笑

いいジャンルをお互い見つけました

松原 そうそう。生霊を飛ばす女性同士のジェラシーの話、聞きたい(笑)。僕、女性のそういうのって、よくわからないんですよ。

真梨 女友だち同士のそれって凄いんです。たとえば3、4人でずっと遊んでいたりするじゃないですか。そうすると私はどういうわけか、中心になりがちだったんです、昔から。気が付くと、取り合いが始まっているみたいな。自分で言うのも恥ずかしいんですけど。

松原 へぇ。

真梨 大昔の話なんですが。私が学生の頃、深夜に電話かかってきたことがあって。“真梨さん、私のこと、好きよね?”って。“どうしたの?”って聞いたら、同じグループの人に、“真梨さんはあなたのことが好きじゃない。だからもう近づかないで”みたいなことを言われたんですって。

松原 うわぁ……。

真梨 で、その電話をかけてきた人が、後に私の生霊を見るんです。

松原 自分の側にしたいんですね。

真梨 そう、独占欲。多分、女性の嫉妬って、好きだから嫉妬するというより、憎しみも入っているんです。これはね、男性にはわからないと思う。

松原 わからない(笑)。

真梨 異性を挟んだ三角関係より酷いです、女性同士の関係は。私が女性のドロドロしたものばかり書きがちなのは、書いても、書いても、それが尽きることはないから。

松原 いいジャンルですよね。

真梨 事故物件と同じです。お互い、いいジャンルを見つけましたね(笑)。尽きないんですよね、書くことが。泉のように。

松原 どこか親和性もありますね、女の嫉妬と事故物件(笑)。

(聞き手・文 河村道子)

(芸術的サインに定評があるタニシさん。真梨さんにサインをしてくださいました)
(ドロドロ話やドキドキ話など話は盛り上がりまくり対談時間もあっという間に過ぎました)

関連キーワード

関連書籍

真梨幸子『縄紋』

縄紋時代、女は神であり、男たちは種馬、奴隷でした。 フリーの校正者・興梠に届いた自費出版の原稿。それは “ 縄「紋」時代 " に関する記述から始まる不可思議なものだった。読み進めていくうち、貝塚で発見された男女の遺体など、現在にも繋がる共通点が幾つも現れて.....。この著者の正体は誰なのか、「縄紋黙示録」に隠されているメッセージとは。やがて興梠たちの身辺でも異変が起こり始めーー。多くの文豪たちが暮らし、今も有名学区が犇めく東京・文京区を舞台に、過去と現代、そして未来が絡み合う驚天動地の大長編。これは小説か予言なのか。 世界まるごと大どんでん返し!

{ この記事をシェアする }

和製ダ・ヴィンチ・コード『縄紋』

縄紋、と聞いて、「何それ?」と思ったあなた。

実は、あなたが欲しいマンションの価格も、日本人に糖尿病が多いのも、ヤンキー坐りの発祥も、神社に鳥居と参道があるのも、謎の病気が流行るのも、最近フェミニズムが台頭しているのも、隣りのあの人が消えたのも、殺人が起こったのも、ぜんぶ「縄紋」のせいかもしれません。

イヤミスの女王、真梨幸子さんの新刊『縄紋』発売記念特集です。

バックナンバー

松原タニシ 芸人

1982年4月28日生まれ。兵庫県神戸市出身。松竹芸能所属。現在は「事故物件住みます芸人」として活動。2012年よりテレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」(エンタメ~テレ)の企画により大阪で事故物件に住みはじめ、これまでに大阪、千葉、東京、沖縄など10軒の事故物件に住む。また500以上の日本各地の心霊スポットを巡り、不思議な話を収集している。著書に『事故物件怪談 恐い間取り』(8月28日公開で映画化決定)、『異界探訪記 恐い旅』『事故物件怪談 恐い間取り2』(二見書房刊)。

真梨幸子

一九六四年宮崎県生まれ。多摩芸術学園映画科卒業。二〇〇五年『孤虫症』で第32回メフィスト賞を受賞しデビュー。『殺人鬼フジコの衝動』の文庫が累計50万部を超える大ヒットに。一躍”イヤミス“の旗手となる。著書は『人生相談。』『あの女』『祝言島』など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP