1. Home
  2. 社会・教養
  3. もうひとりの偉人伝
  4. 秀吉の最強ブレーン・黒田官兵衛。劣悪な職...

もうひとりの偉人伝

2020.08.08 更新 ツイート

秀吉の最強ブレーン・黒田官兵衛。劣悪な職場でも上司に尽くした理想の軍師 こざきゆう/真山知幸

誰もが知る歴史上の偉人たちは、もともと優秀だったからその偉業を成し遂げられたわけではない。ではなぜ偉業を成し遂げられたのか。そこには決して歴史に名を残すことのない、もう一人の偉人の存在があったから。

教科書では知ることのできない、そんなもう一人の偉人にスポットを当てる書籍『もうひとりの偉人伝』から、一部を抜粋してご紹介します。

*   *   *

豊臣秀吉の天下統一を助けたキレキレ軍師黒田官兵衛

愛され武将とキレ者軍師

貧しい家の生まれから織田信長の家臣となり、出世階段をトントント~ンとかけ上がってついには天下統一まで果たした戦国武将、豊臣秀吉。

秀吉は信長の忠実な家臣であり、主君をよろこばせる天才でした。ある寒い冬の日、信長が表に出ようとすると、戸口にはスタンバイしていた秀吉のすがたが。秀吉はおもむろにふところから信長のぞうりを取り出すと、「ぬくぬくにしときました」と差し出します。こうした気づかいが信長から気に入られ、足軽という武士階級でいちばん低い身分からどんどん出世することができたのです。

秀吉は部下思いの上司でもありました。秀吉の家臣が戦に敗れ、命からがら帰ってきたときのこと。失態をわびる家臣に、秀吉はこう返します。

「あの状況でよくぞ無事に帰って来たな。それこそが手がらだ」

負けを責めるどころか命があったことをほめてくれる秀吉に、家臣は大感げき。こうした人がらから、秀吉に忠誠をちかう家臣は後を絶ちませんでした。

 

秀吉はただの気ぃつかいではありません。戦も上手で、とくに城攻めを得意としていました。必殺技は、敵の城を兵で囲み、食料を補給できないようにしてじわじわと追いつめる「兵ろう攻め」。こうしたえげつない作戦の数々で、落とすのが不可能といわれた城も次々と攻略し、どんどん手がらを立てていきます。

人に愛される才能とたくみな戦術を武器に、天下統一まで成しとげた秀吉。ですが実は、秀吉が戦で実行した作戦の多くは、とある人物によって考えられたものでした。秀吉に仕えていた家臣の中でも最強のブレーン、黒田官兵衛です。

もとは播磨(現在の兵庫県)の大名に仕えていた官兵衛は、当時絶好調だった信長のうわさを聞いて「これからは信長の時代が来るな」と確信。当時の主といっしょに信長に仕えることにしました。とにかく頭がキレる官兵衛は、信長から「秀吉の中国地方攻めを手伝ってくれ」と命じられ、秀吉の軍師に就任します。これが2人の出会いでした。

軍師としての官兵衛の活躍はたいへんなものでした。あるとき、秀吉は備中高松城の攻略に大苦戦します。この城は沼地の中にあり、兵や馬で攻め入ることができなかったからです。なやめる秀吉に、官兵衛はこう提案しました。

「城の周りにていぼうを築いて、川の水をせき止めましょう。水がたまったら、城に向けてド~ンと一気に流すのです!」

“水攻め”作戦は大当たり! あっという間に攻め落とすことができました。

こうした官兵衛の機転の数々によって、秀吉は以前にもまして順調に手がらを立てていきました。そしてこの官兵衛のアドバイスが、秀吉が天下を統一するきっかけにもなったのです。

主君の死こそチャンス!

それは、秀吉が中国地方に出陣していたときのこと。主君である信長が、同じ家臣であるはずの明智光秀に裏切られ、寺の中で自害するという「本能寺の変」が起こりました。この報せを受けた秀吉は、愛する主君の死にボロ泣き。しかし、官兵衛はいたって冷静でした。

「これはチャンスです。今すぐ京に引き返して、光秀をたおしましょう」

官兵衛の言葉に、秀吉はハッとします。すぐに冷静さを取りもどし、「それもそうだな。やるしかない!」と急いで兵を京に向かわせました。本能寺の変からわずか11日後。まさかそんな速さで秀吉軍が京にもどって来ると思っていなかった光秀軍は、急に現れた秀吉軍にあわてふためき、準備不足のまま激とつ。あっという間に敗れてしまいました。

主君のかたきをとった秀吉は、これをきっかけに信長の後けい者としての足がかりをつかみます。そして勢いそのまま、やがて天下を平定したのです。

冷たくされてもつくします

部下思いの秀吉は、たよりになりまくる官兵衛をさぞ大切にしたと思うでしょう。でも、実際は逆でした。

「こいつはデキすぎて油断ならん。裏切られたら俺の天下も危ないかも?」

官兵衛は優秀すぎるあまり、秀吉からすっかりビビられてしまったのです。そのため、だれよりも秀吉の天下統一にこうけんしたにもかかわらず、官兵衛はわずかな領地しかあたえられませんでした。それでも官兵衛は気にすることなく、ひかえめに秀吉に仕え続けました。官兵衛はまちがいなく、戦国一の「理想の部下」だったといえるでしょう。

関連書籍

真山知幸/こざきゆう『もうひとりの偉人伝』

世界にその名をとどろかせた偉人たちの活躍のウラには、"もうひとり"偉大な人物がいた! 教科書や伝記でその活躍が伝えられる偉人たち。 彼らの人生ははじめから順風満帆だったのか? ……いやいや、全然そんなことはなかった! 何者でもないどころかむしろダメ人間だった偉人たちが、とある人物との"奇跡の出会い"をきっかけに才能を開花させ、歴史に名を刻むまでのエピソードを紹介する小学生向けの偉人伝。

{ この記事をシェアする }

もうひとりの偉人伝

誰もが知る歴史上の偉人たちは、もともと優秀だったからその偉業を成し遂げられたわけではない。ではなぜ偉業を成し遂げられたのか。そこには決して歴史に名を残すことのない、もう一人の偉人の存在があったから。

教科書では知ることのできない、そんなもう一人の偉人にスポットを当てる書籍もうひとりの偉人伝』から、一部を抜粋してご紹介します。

バックナンバー

こざきゆう 編集ライター、伝記作家

児童書を中心に、『もっと!! からだのなかのびっくり事典』(ポプラ社)、泣けるいきもの図鑑』シリーズ、学研の図鑑 キン肉マン超人』(以上学研プラス)など多数の執筆を手がける。好きな偉人はネルソン・マンデラと木戸孝允。

真山知幸 著述家

著書にざんねんな偉人伝』ざんねんな歴史人物』(共に学研プラス)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『不安な心をしずめる名言(PHP研究所)など多数。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義を担当。週刊メルマガそれでも笑って生きるための偉人マガジン』発刊中。好きな偉人は大久保利通。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP