1. Home
  2. 生き方
  3. ぼくは性別モラトリアム
  4. 女性としての身だしなみ

ぼくは性別モラトリアム

2020.06.09 更新 ツイート

女性としての身だしなみからたちはじめ

女性である自分に違和感を持ち、「男になりたいんだ!」と思い込んでいたという、からたちはじめさん。

発売中の『ぼくは性別モラトリアム』は、からたちさんが自分自身のセクシュアリティについて悩み考えた道のりを描いた、実録漫画です。

「化粧をすること」「私という一人称を使うこと」が当たり前に要求されるのは、苦しいことでもあります。そんな状況にからたちさんはどう向き合っているのでしょうか。

 

関連キーワード

関連書籍

からたちはじめ『ぼくは性別モラトリアム』

女ではない、でも男になりたいわけでもない。 知ってはいても“わかって”いない、セクシュアリティについて学べる一冊。

{ この記事をシェアする }

ぼくは性別モラトリアム

女性であることに違和感を持ち、「男になりたいんだ!」と思い込んでいた。でもよく考えみたら、手術をして性別を変えたいわけじゃないし、男性として彼女が欲しいわけでもない……。あれ? ぼくはLGBTなの? それとも?

自分はいったい何者なのか。悩み考えた道のりを描いた実録漫画。

バックナンバー

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP