1. Home
  2. 生き方
  3. 神様が教えてくれた縁結びのはなし
  4. 縁結びの願掛けにはコツがあった

神様が教えてくれた縁結びのはなし

2020.05.28 更新 ツイート

縁結びの願掛けにはコツがあった桜井識子

スピリチュアルな世界への造詣が深い桜井識子さんの、最新単行本『神様が教えてくれた縁結びのはなし』。人生のパートナーとなる人との縁はもちろんのこと、さまざまな縁をうまく結ぶコツをまとめた内容が反響を呼んでいます。
今回はその中から「神様に叶えてもらいやすい、縁結びのお願いの仕方」を紹介します。

*   *   *

(写真:iStock.com/MasaoTaira)

「結婚したいです」だけでは叶いづらい

縁結びは言葉からもおわかりのように、縁という見えないものを神様に“結んでもらう”ことです。
この広い地球という世界で、最高の相手(良縁)を全人類の中から自分で探すことはできませんし、その縁を結ぶこともできません。
友人、知人、親戚に縁を持ってきてもらう(紹介してもらう)ことはあっても、人間にその縁を結んでもらうことはできないのです。
人間にはできないことだから、神様にしてもらうわけです。
つまり、神様に上手にお願いをして、良い縁を探してもらい、その良縁を自分とガッチリ結んでもらえば人生は変わるということです。

そこで大切なのが、どのようにお願いをするか、です。
多くの人は神社に行って、お賽銭を入れ、鈴をガラガラと鳴らし、二礼二拍手をして、「彼氏(彼女)がほしいです」とか、「結婚したいです」とか、「良縁に恵まれますように」と言い、一礼して終わり……ではないでしょうか。
これは省略しすぎのお願いの仕方です。
神様からすれば、その人にピッタリ合った相手を探そうとしても情報が少ないので困ります。
もっと詳しく自分のことを語ってもらわないと相手を探しようがないのだが……ということで願掛けが保留になることもあります。

縁結びの願掛けには詳しい自己紹介が必須です。
自分はどこに住んでいる誰なのか、どのような仕事をしているのか、どのような相手と出会いたいのか、相手に望むことはなんなのかを神様に伝える……ここまではなんとなくおわかりになると思います。

(写真:iStock.com/BrianAJackson)

自分のことを神様にくわしく伝える

さらに、自分の長所や短所も言っておくといいです。
気が短いことが欠点だな~と思っているのなら、そこを言っておくと、のんびりおっとりしたイライラしない人を探してくれます。
いくら相手のことが大好きでも、お互い気が短かったら無駄なケンカをしょっちゅうするわけで、毎日が殺伐としたものになるかもしれません。

片付けが苦手なことを黙っていたら、清潔好きな相手と結ばれてしまうこともあります。
そうなると、相手はピカピカのキレイ好きですから、お互いがストレスをためてケンカが増えます。
それがエスカレートしていって感情が爆発し、別れることになるかもしれないのです。
片付けが苦手だとひとこと言っておけば、少々掃除をしなくても気にしない人が相手に選ばれます。

結婚してもお金は別々に管理したいという方も事前に神様に伝えておいたほうがいいと思いますし、親戚付き合いを結婚後も大事にしたい、という方も先に言っておいたほうがいいです。
そこにストレスを感じない人を探してくれます。

異性の友達がいることを認めてほしいという、あとあとトラブルになりそうなことは大事なので、こちらも神様に初めに伝えておきます。
過去にどんな人と付き合って、何が原因で別れたのか……なども詳しく説明しておくことがおすすめです。
このように、神様にはたくさんのことをしっかりとお話します。
自分という人物を正しく知ってもらわなければ、最高に相性の良い相手を見つけてもらえないからです。
願掛けの仕方は縁結びにおいて非常に重要なところなのです。

(写真:iStock.com/SeanPavonePhoto)

神様に強くアピールできる願掛けの方法

縁結びをお願いする“理由”を伝える際は、注意が必要です。
おひとりさまが寂しい、だからパートナーがほしい……という理由でも、かまわないと言えばそうなのですが、叶えてもらいやすいのは「人生」の願掛けとしての祈願です。

適齢期なのに相手がいなくてカッコ悪いから相手を見つけてほしいとか、恋人がいる、もしくは結婚した友人や同僚に負けたくないとか、まわりから不憫に思われるのが我慢できない、などの理由で願掛けをするのはちょっと違うのです。
自分に合ったパートナーを得ると、おひとりさまだったこれまでの人生とは違った形で彩りのある人生になります。
パートナーと一緒に笑ったり泣いたりすれば、楽しいことは倍になり悲しみは半分になります。
つらい時に支えてもらえるし、相手が落ち込んだ時には支えてあげることもできます。

「今とは違った形の豊かな人生にしたいんです」というふうに、自分の「人生」のお願いとして真剣に願掛けをすると叶えてもらいやすいです。
「彼氏(彼女)が見つかりますように」というひとことだけのお願いだったら、「まだ、そこまで真剣ではないのだな」という印象を神様に与えてしまい、もっと真剣にお願いをする人から先に縁結びをされてしまいます。
わざわざ願掛けに行くのですから、どれだけ本気なのかということを知ってもらったほうがいいです。

願掛けは1ヶ所の神社限定という決まりはありません。
同じ願掛けを複数の神社でしてもまったく問題ないのです。
最初に願掛けをした神様に失礼ということはないばかりか、あちこちで同じ願掛けをするとそのお願いに必死であることが神様に伝わります。
「そこまで必死ならワシが叶えてやろう」と、逆に良いほうに効果があるように思います。

関連キーワード

関連書籍

桜井識子『神様が教えてくれた縁結びのはなし 直接きいてわかった良縁あれこれ』

生まれ持った霊能力に加えて修行により霊格を上げ、神様とおはなしができるようになった著者。本書のテーマは、「縁結び」です。人生の伴侶となる相手との縁結びはもちろんのこと、ソウルメイトとの縁、神仏との縁、運との縁、物件との縁、過去世との縁……などなどあらゆる良縁を結ぶ方法を、神仏に直接取材しました。良縁をお願いするならこの神社/「ビビビーッとくる=運命の人」ではない/力のある神様は世界じゅうから相手を探す/縁結び専門“月下老人”のお仕事/神様にお願いすると最良の物件に導いて下さる/運を呼ぶ縁起物コーナーの作り方/過去世のよい影響を今世に与える方法

{ この記事をシェアする }

神様が教えてくれた縁結びのはなし

2020年3月4日発売の『神様が教えてくれた縁結びのはなし』について、最新情報をお知らせします。

バックナンバー

桜井識子 神仏研究家、文筆家

1962年広島県生まれ。霊能者の祖母・審神者の祖父の影響で霊や神仏と深く関わって育つ。1,000以上の神社仏閣を参拝して得た、神様仏様世界の真理、神社仏閣参拝の恩恵などを広く伝えている。神仏を感知する方法、ご縁・ご加護のもらい方、人生を好転させるアドバイスなどを書籍やブログを通して発信中。最新単行本『神様が教えてくれた縁結びのはなし』のほか、『神様、福運を招くコツはありますか?』『神様が教えてくれた金運のはなし』『桜井識子の星座占い』『神仏に愛されるスピリチュアル作法』『死んだらどうなるの?』『和の国の神様』『神様と仏様から聞いた 人生がラクになるコツ』など著書多数。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP