1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第124回 お見合い旅inマカオ<中編>

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2020.01.30 更新 ツイート

第124回 お見合い旅inマカオ<中編>いとうあさこ

←お見合い旅inマカオ<前編>から読む

さてさて。ホテルに到着し、大久保さんの“お見合い相手”と出会ったところからお話の続きをば。

“西郷どん”は止めどなく流れる汗を拭きながら私たちをフロントへ。大切な友達のお見合い相手ですから、そりゃあ一挙手一投足をチェックしますよ。ただね、完璧。案内してくださる所作、汗の拭い方、そのハンカチの出し入れ具合などなど。全て無駄がなくスマート。一流ホテルマンなら当たり前……いや、やっぱり人ですから。センス、出ちゃいます。そこを含め西郷どんは100点満点。スムーズにチェックインしていただき、いよいよお部屋へ。やはりカジノ大国・マカオのホテルはゴージャス。生花とプリザーブドフラワーで作られた大きなオブジェに迎えられ、ゴールドを基調としたエレベーターで上階に。ともすれば下品になりがちの金ピカも品がある。ドラマ「愛という名のもとに」でおなじみのあの横並びも容易に出来ちゃうくらい広い廊下を進むと二泊する“我々の城”に到着。扉を開けると真っ正面の大きな窓の外には夜、ネオンがピカピカしそうなビル群が。お正月旅行は“ザ・リゾート”な場所に行く事が多いので、派手な町並みは新鮮。そして下を見下ろすと大きな池。「夜になると噴水のショーがありますよ」と西郷どん。ラスベガスとかのVTRで観たことあるあれだ。ああ、夜が楽しみ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP