1. Home
  2. 生き方
  3. 月が綺麗ですね 綾の倫敦日記
  4. 独身者を差別するイギリスの「パートナー文...

月が綺麗ですね 綾の倫敦日記

2019.12.03 更新 ツイート

独身者を差別するイギリスの「パートナー文化」鈴木綾

季節が巡り、またクリスマスの季節になった。クリマスツリー、心を温めるイルミネーション、雪だるま、クリスマス・ラテ、そして会社のクリスマス・パーティー。

会社の社長は毎年12月に自分の家で「ホリデー・パーティー」をする。世の中キリスト教徒ばかりではないので私たちは、クリスマス・パーテイーじゃなくて「ホリデー・パーテイー」。

さて、社長の家はおもてなしをするためにできた家で、ビリヤード台もホームシアターも広いお庭もある。ハリウッド映画に出てくるようなすごい豪邸。社長の豪邸をみんなは「○○○」と呼ぶ。日本語に訳したら「蘭(らん)」みたいな感じの名前になる。みんなが集まって議論に花を咲かせる場所、を意味する。
  
社長の電子カレンダーを見れば(小さな会社だから社員全員のグーグルカレンダーを確認できる)、「宴会・蘭」と書いてある。

華麗な名前がつけられている家でパーティーするのには全く抵抗がないけど、一点不満がある。 

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP